【JAMA】2型糖尿病への週1回インスリンicodecは1日1回投与に対し非劣性
著者

海外ジャーナルクラブ

11ヶ月前

【JAMA】2型糖尿病への週1回インスリンicodecは1日1回投与に対し非劣性

【JAMA】2型糖尿病への週1回インスリンicodecは1日1回投与に対し非劣性
Lingvayらは、 経口血糖降下薬でコントロール不良でインスリン治療を開始する2型糖尿病患者を対象に、 週1回投与の基礎インスリン製剤icodecと、 1日1回投与のインスリンデグルデクの有効性と安全性を比較する二重盲検第Ⅲ相非劣性無作為化比較試験を実施。 その結果、 icodec群はインスリンデグルデク群よりも26週投与後のHbA1c低下率が優れていた。 本研究はJAMA誌において発表された。

📘原著論文

Once-Weekly Insulin Icodec vs Once-Daily Insulin Degludec in Adults With Insulin-Naive Type 2 Diabetes: The ONWARDS 3 Randomized Clinical Trial. JAMA. 2023 Jun 24. doi: 10.1001/jama.2023.11313. PMID: 37354562

👨‍⚕️監修医師のコメント

事前にMethodのところにif noninferiority was demonstrated, superiority of icodec to degludec was also tested.とあります。 その結果として, confirming noninferiority (P<0.001) and superiority (P=0.002)と続くわけです。

🔢関連コンテンツ

CPI (Cペプチドインデックス)

インスリン分泌能の評価法

HOMA-IR

インスリン抵抗性の評価法

HOMA-β

インスリン分泌能の評価法

インスリン分泌指数 (II : Insulinogenic Index)

インスリン分泌能の評価法

背景

2型糖尿病患者において、 週1回投与のicodecは、 毎日の基礎インスリン製剤に代わるより簡便な投与法を提供できる可能性がある。

研究デザイン

対象

HbA1cが7~11% (53-97mmol/mol) で,インスリン以外の血糖降下薬で治療を受けている成人の2型糖尿病患者

介入

患者を以下の群に1:1の割合で無作為に割り付け

  • icodec群:294例
icodec(週1回)とプラセボ(1日1回)を投与
  • デグルデク群:294例
インスリンデグルデク(1日1回)とプラセボ(週1回)を投与

主要評価項目

ベースラインから26週目までのHbA1cの変化

非劣性マージンは0.3%ポイント

副次評価項目

  • ベースラインから26週目までの空腹時血糖値の変化
  • 治療最後の2週間における週平均インスリン投与量
  • ベースラインから26週目までの体重変化
  • レベル2 (臨床的に有意:グルコースレベル<54mg/dL) およびレベル3 (重度:回復に外部からの支援が必要) の低血糖エピソード数

研究結果

主要評価項目

  • icodec群:8.6% (観察値) ⇒7.0% (推定値)
  • デグルデク群:8.5% (観察値) ⇒7.2% (推定値)
  • 推定治療差 (ETD) :-0.2 (95%CI -0.3--0.1%ポイント)
  • デグルデク群に対するicodec群の非劣性 (P<0.001) および優越性 (P=0.002) が確認された。

副次評価項目

ベースラインから26週目までの空腹時血糖値の変化 (ETD:0、 95%CI -6- 5mg/dL、 P=0.90)、 治療最後の2週間の週平均インスリン投与量、 ベースラインから26週目までの体重変化 (2.8 kg vs 2.3 kg、 ETD 0.46、 95%CI -0.19-1.10kg、 P=0.17) については、 icodec群とデグルデク群の間に有意差はなかった。

レベル2またはレベル3の低血糖の発生率

0~31週目までの発生率はデグルデク群よりicodec群で高かったが、 率比において有意差はなかった (1患者年間曝露あたり0.31件 vs 0.15件、 P=0.11)。0~26週目まではicodec群で有意に高かった (1患者年間曝露あたり0.35件 vs 0.12件、 P = 0.01)。

結論

インスリン未治療の2型糖尿病患者において、 週1回投与のicodec群は1日1回投与のデグルデク群よりも26週投与後のHbA1c低下率が優れていた。 しかし、 体重変化には差がなく、 両群とも1患者年間暴露あたり1イベント未満という状況において、 レベル2またはレベル3の低血糖イベントを併発する割合が高かった。

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【JAMA】2型糖尿病への週1回インスリンicodecは1日1回投与に対し非劣性