著者

海外ジャーナルクラブ

46日前

【軽症急性虫垂炎】保存加療、 抗生物質投与の優越性認められず (Br J Surg)


Salminen Pらは, 軽症急性虫垂炎患者66名を対象に, 抗生物質投与による治療の有効性を検討する二重盲検プラセボ対照試験を実施 (APPACⅢ試験). 10日以内の退院率は抗生物質投与群, プラセボ群の間に統計的な有意差がなかったと報告した. 本研究はBr J Surg誌において報告された.

研究デザイン

対象と割り付け

  • 対象は、 CTで確認された合併症のない急性虫垂炎の成人患者66名.
  • 以下の2群に割り付けを行った.
  1. 抗生物質投与 35名 (エルタペネム静注後、LVFXおよびMNZ経口投与)
  2. プラセボ群 31名

評価項目

  • 主要アウトカムは、 治療成功率 (10日以内に虫垂切除術を行わずに退院できる治癒).
  • 副次的アウトカムは、 疼痛スコア, 合併症, 入院期間, 職場復帰.

研究結果

  • 10日間の治療成功率は統計的な有意差が認められなかった.
  • プラセボが87% (95CI 75~99)
  • 抗生物質が97% (95CI 92~100)
  • 副次的アウトカムも同様の結果となった.

原著

Salminen P, et al. Antibiotics versus placebo in adults with CT-confirmed uncomplicated acute appendicitis (APPAC III) : randomized double-blind superiority trial. Br J Surg. 2022 Apr 6;znac086. doi: 10.1093/bjs/znac086. PMID: 35381080

関連コンテンツ

🚑 ERマニュアル 腹痛

🔢 Alvaradoスコア(MANTRELS)

🔢 Pediatrics Appendicitis score (PAS)

📘 急性腹症診療ガイドライン 2015

📘 エビデンスに基づいた子どもの腹部救急診療ガイドライン2017


最終更新:2022年5月13日
監修医師:聖路加国際病院救急部 清水真人
2022/5/14追記…インフォグラフィックスの治療成功率記載に誤りがあり修正いたしました.

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
聖路加国際病院 救急部 清水真人先生
聖路加国際病院
救急部 清水真人先生

2013年慶應義塾大学医学部を卒業。初期臨床研修修了後、2015年聖路加国際病院救急部入局。就任間もなく聖路加ベストティーチャー賞を連続受賞。救急・集中治療、 医学教育を専門とする他、Webツールの医療現場での利用に精通し、 複数の雑誌で連載を行う。

聖路加国際病院 救急部 清水真人先生
聖路加国際病院
救急部 清水真人先生

2013年慶應義塾大学医学部を卒業。初期臨床研修修了後、2015年聖路加国際病院救急部入局。就任間もなく聖路加ベストティーチャー賞を連続受賞。救急・集中治療、 医学教育を専門とする他、Webツールの医療現場での利用に精通し、 複数の雑誌で連載を行う。

聖路加国際病院
アプリ、web版でノートを開いたときのイメージ

HOKUTOをご利用いただくには

アプリからの新規登録が必要です。

アプリでの新規登録完了後、アプリ版の全機能と、

Web版のノート機能をご利用いただけるようになります。

※Web版のノート以外の機能は現在開発中です。

今すぐ無料ダウンロード!