【Sci Adv】新たに開発された装着可能な超音波乳房パッチの性能は?
著者

海外ジャーナルクラブ

10ヶ月前

【Sci Adv】新たに開発された装着可能な超音波乳房パッチの性能は?

【Sci Adv】新たに開発された装着可能な超音波乳房パッチの性能は?
Duらは、 乳癌診断を行う患者を対象に、 新たに開発された装着可能な超音波乳房パッチ (cUSBr-Patch) の性能を検討。 このパッチは、 オペレータのトレーニングやトランスデューサの圧迫に依存することなく、 乳房全体にわたって標準化された再現性のある画像取得を可能にするもので、 乳房内の小さな嚢胞(0.3 cm未満)の観察も可能であることが示された。 本研究はSci Adv誌において発表された。 

📘原著論文

Conformable ultrasound breast patch for deep tissue scanning and imaging. Sci Adv. 2023 Jul 28;9(30):eadh5325. PMID: 37506210

👨‍⚕️監修医師のコメント

典型的な医工連携の成果です。 現在日本人研究者もさまざまな技術を考案しているのですが、 特許を取得せずに公表していることが散見されます。 研究者自身が自分自身の研究成果に確信的な部分にまで自信がないため、 すぐに成果を公表して研究費を含めた少しの社会的評価を得ようとしている傾向を強く感じます。

🔢関連コンテンツ

乳癌のTNM臨床病期分類

乳腺腫瘍のTNM分類 (UICC-8版)

背景

超音波は乳癌診断などの組織イメージングに広く使用されている。 しかし、 ウェアラブル技術との統合や、 大面積の曲線臓器上のイメージングには課題が存在していた。

研究結果

  • パッチは十分なコントラスト分解能(~3 dB)と、 深さ30mmで0.25/1.0 mmの軸方向/側面分解能を示した。
  • 乳房内の小さな嚢胞(0.3 cm未満)の観察が可能であった。

結論

本研究は、 軟部組織のダイナミックな変化をリアルタイムで追跡する非侵襲的な方法を提供する、 乳房組織の走査と画像化のための世界初の超音波技術を開発するものである。

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【Sci Adv】新たに開発された装着可能な超音波乳房パッチの性能は?