【monarchE】高リスク早期乳癌術後のアベマシクリブ+内分泌療法、 5年追跡結果も良好
著者

HOKUTO編集部

8ヶ月前

【monarchE】高リスク早期乳癌術後のアベマシクリブ+内分泌療法、 5年追跡結果も良好

【monarchE】高リスク早期乳癌術後のアベマシクリブ+内分泌療法、 5年追跡結果も良好
ホルモン受容体陽性HER2陰性かつリンパ節転移陽性で再発リスクが高い早期乳癌患者の術後内分泌療法において、CDK4/6阻害薬アベマシクリブを追加することが有効かどうかを検討する第Ⅲ相試験monarchEでは、 これまでの中間解析で無浸潤疾患生存期間 (IDFS) や遠隔無転移生存期間 (DRFS) の改善が示されてきた。 今回、 2年間のアベマシクリブ投与から3年、 計5年追跡した中間解析結果が報告され、長期成績においても良好な成績が示された。 ドイツ・Breast Center, LMU University HospitalのNadia Harbeck氏が発表した。

研究デザイン

対象

ホルモン受容体陽性HER2陰性でリンパ節転移陽性の高リスク早期乳癌患者

コホート1

  • 腋窩リンパ節陽性≧4個
  • 腋窩リンパ節陽性1~3個で、 Grade3または腫瘍径≧5cmのいずれか1つ以上該当

コホート2

  • 腋窩リンパ節陽性1~3個で、 Ki-67値≧20%、 Grade1~2かつ/または腫瘍径<5cm
コホート1、 2を合わせてITTとした。

方法

5,637例を以下の2群に1:1で割り付けた。

アベマシクリブ群では2年間アベマシクリブ投与、 その後の追跡期間 (3〜8年) は両群とも内分泌療法のみ
  • アベマシクリブ群 (2,808例)
アベマシクリブ150mg×2/日+内分泌療法
  • 対照群 (2,829例)
内分泌療法

評価項目

主要評価項目IDFS

副次評価項目Ki-67高値患者におけるIDFS、 DRFS、 全生存期間 (OS) 、 安全性、 薬物動態 (PK) 、 患者報告アウトカム (PRO)

研究結果

今回は2032年7月3日をデータカットオフ日とする5年間 (追跡期間中央値4.5年) の中間結果が報告された。

5年IDFS率 (ITT) 

  • アベマシクリブ群:83.6%
  • 対照群:76.0%
HR 0.680 (95%CI 0.599-0.772)、 Nominal p<0.001

両群IDFS率の絶対ベネフィットは継続拡大、 5年時点で7.6%

5年DRFS率 (ITT) 

  • アベマシクリブ群:86.0%
  • 対照群:79.2%
HR 0.675 (95%CI 0.588-0.774)、 Nominal p<0.001

両群DRFS率の絶対ベネフィットは継続拡大、 5年時点で6.7%

OSイベント数 (ITT) 

OSイベントは両群で差を認めなかった

  • アベマシクリブ群:208件
  • 対照群:234件
HR 0.903 (95%CI 0.749-1.088)、 p=0.284

重篤な有害事象 (SAE)の発現

  • アベマシクリブ群:6.5%
  • 対照群:7.3%

Harbeck氏らの結論

今回の結果はこれまでの中間解析結果と同様で、 ホルモン受容体陽性HER2陰性でリンパ節転移陽性の高リスク早期乳癌術後における内分泌療法+アベマシクリブをさらに支持するものである。


HOKUTO関連コンテンツ

Abemaciclib + ホルモン療法

【monarchE】高リスク早期乳癌術後のアベマシクリブ+内分泌療法、 5年追跡結果も良好

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【monarchE】高リスク早期乳癌術後のアベマシクリブ+内分泌療法、 5年追跡結果も良好