【JAMA Surg】消化管開腹手術のSSI予防、 創傷保護材 vs 手術用ガーゼ
著者

海外ジャーナルクラブ

9日前

【JAMA Surg】消化管開腹手術のSSI予防、 創傷保護材 vs 手術用ガーゼ

【JAMA Surg】消化管開腹手術のSSI予防、 創傷保護材 vs 手術用ガーゼ
Yooらは、 消化管の開腹手術を受けた患者を対象に、 手術部位感染 (SSI) の発生率を減少させるためのプラスチック製創傷保護材の有効性を多施設共同患者盲検並行群無作為化臨床試験で検討した。 その結果、 プラスチック製創傷保護材は手術用ガーゼと比較し、 SSIのリスクを有意に減少させることが明らかになった。 本研究は、 JAMA Surgにおいて発表された。

📘原著論文

Plastic Wound Protector vs Surgical Gauze for Surgical Site Infection Reduction in Open GI Surgery: A Randomized Clinical Trial. JAMA Surg. 2024 Apr 24:e240765. PMID: 38656413

👨‍⚕️HOKUTO監修医コメント

世界保健機関 (WHO) の推奨結果をサポートする研究成果でありJAMAが最も得意とするところと言えます。 全症例が開腹手術で、 35%に緊急手術が含まれており意義のある対象群となっています。


WHOは創傷保護材の使用を推奨

SSIは、 患者に重大な影響を及ぼす院内感染症である。 WHOは、 限定的なエビデンスにもかかわらず、 SSIリスクを低下させる予防策として、 創傷保護材の使用を推奨している。

RCTで有効性を検討

対象

腸穿孔などに伴う開腹腸手術を受けた患者 : 458例

介入

患者を以下の群に1 : 1の割合で無作為に割り付けた。

  • 実験群 : 229例
腹壁の切開部分を保護するプラスチック製創傷保護材を使用
  • 対照群 : 228例
従来の手術用ガーゼを使用

主要評価項目

術後30日以内のSSI発生率

創傷保護材でSSI発生率が低下

SSI発生率

intention-to-treat (ITT) 解析における全体のSSI率は15.7% (458例中72例) であった。

  • 実験群 : 10.9%
  • 対照群 : 20.5%

相対リスク減少 (RRR)

創傷保護材はSSIリスクを有意に減少させた。

RRR : 46.81%
(95%CI 16.64-66.06%)

準清潔創のSSI率

創傷保護材は準清潔創のSSI率を有意に低下させた。

RRR : 43.75%
(95%CI 3.75-67.13%)
表層的SSIのRRR : 42.50%
(同7.16-64.39%、 p=0.02)

入院期間

両群で同程度であった。

平均 (SD) : 15.2 (10.5) 日 vs 15.3 (10.2) 日

術後合併症発生率

両群において全体的に同程度 (20.1% vs 18.8%) であった。

創傷保護材のWHO勧告を支持

著者らは、 「消化管の開腹手術時にプラスチック製創傷保護材を使用した場合、 手術用ガーゼと比較してSSI発生率が有意に低下することが明らかにされた。 これにより、 腹部手術における創傷保護材の使用を推奨するWHOの勧告が支持された」 と報告している。

ポストのGif画像
【JAMA Surg】消化管開腹手術のSSI予防、 創傷保護材 vs 手術用ガーゼの全コンテンツはアプリからご利用いただけます。
臨床支援アプリHOKUTOをダウンロードしてご覧ください。
今すぐ無料ダウンロード!
こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【JAMA Surg】消化管開腹手術のSSI予防、 創傷保護材 vs 手術用ガーゼ