【JAMA】メディケアのトップセラー医薬品50品目の半数超がHTA機関で低付加価値の評価
著者

海外ジャーナルクラブ

11ヶ月前

【JAMA】メディケアのトップセラー医薬品50品目の半数超がHTA機関で低付加価値の評価

【JAMA】メディケアのトップセラー医薬品50品目の半数超がHTA機関で低付加価値の評価
Egilmanらは、 メディケアで使用されるトップセラー先発医薬品50品目の妥当な支払い価格を推定するため、 治療上の付加価値を横断研究で検討。 その結果、 49品目がカナダ、 フランス、 ドイツの少なくとも1カ国の医療技術評価 (HTA) 機関から評価を受けており、 半数超において付加価値が低いと分類されていたことが明らかとなった。 本研究はJAMA誌において発表された。 

📘原著論文

Efficacy of checkpoint inhibition after CAR-T failure in aggressive B-cell lymphomas: Outcomes from 15 U.S. institutions.Blood Adv. 2023 Apr 7;bloodadvances.2023010016. PMID: 37026796

👨‍⚕️監修医師のコメント

アメリカのMedicare制度で使用されている医薬品の相当数が他国の低い付加価値評価を受けていたことを指摘する研究です。 この研究の意義は、 単にそれを指摘するだけではありません。 他国からの低い付加価値評価を逆に利用して、 今後の薬価交渉を低く抑えていくはっきりとした、 強かな狙いが垣間見えます。


背景

2022年のインフレ抑制法は、 メディケアに、 既存の治療選択肢と比較した治療上の利益などいくつかの要因に基づいて、 売れ筋の医薬品の価格を交渉する権限を与えている。

研究デザイン

方法

公開されている治療上の有益性評価、 米食品医薬品局(FDA)の文書、 およびメディケアパートBとパートDの処方薬支出ダッシュボードを使用して、 2020年にメディケアで使用される先発医薬品のトップセラー50品目を決定し、 2021年までに追加された治療上の有益性評価について評価。

HTA機関による評価

  • カナダ、 フランス、 ドイツのHTA機関による評価は、 付加的治療効果の高い (中程度以上) または低い (軽度またはなし) に分類された。
  • 各薬剤は、 国、 適応症、 亜集団、 剤形にわたって最も好ましい評価に基づいて評価された。 付加価値の高い薬剤と低い薬剤の間で、 使用量、 再請求前と再請求後のメディケア支出を比較した。

研究結果

各国のHTA評価

49品目 (98%) が少なくとも1カ国からHTA評価を受け、 36品目中22品目 (61%) がカナダで、 47品目中34品目 (72%) がフランスで、 29品目中17品目 (59%) がドイツで低付加価値評価を受けていることがわかった。

低付加価値評価品の支出に占める割合

国全体では27品目 (55%) が低付加価値評価を受けており、 これは2020年における単剤売上げ上位50品目のメディケア純支出の35%に相当し、 メディケア純処方薬支出全体の11%に相当した。

メディケア受給者における処方の傾向

付加価値が高い医薬品と比較して、 付加価値が低い医薬品のほうが多くのメディケア受給者に処方されており (中央値4万4,869人 vs 38万7,149人)、 受給者一人当たりの支出額はより低かった (中央値 3万2,287ドル vs 992ドル)。

結論

メディケアの売れ筋商品の多くは、 カナダ、 フランス、 ドイツの国内HTA組織から低い付加価値評価を受けていた。 これらの薬剤の価格交渉の際、 メディケアは、 合理的な代替治療薬よりも高い価格設定にならないようにする必要がある。

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【JAMA】メディケアのトップセラー医薬品50品目の半数超がHTA機関で低付加価値の評価