【FIGHT-202試験】胆道癌に対するペミガチニブ
著者

臨床試験データベース

24日前

【FIGHT-202試験】胆道癌に対するペミガチニブ

【FIGHT-202試験】胆道癌に対するペミガチニブ
化学療法歴のある切除不能な胆管癌患者において、 FGFR遺伝子に対する選択的阻害薬ペミガチニブの効果を検証した単群コホートの第Ⅱ相試験FIGHT-202の結果より、 FGFR2遺伝子の融合または再構成を有する場合にペミガチニブが有効である可能性が示された。

原著論文

▼解析結果

Pemigatinib for previously treated, locally advanced or metastatic cholangiocarcinoma: a multicentre, open-label, phase 2 study. Lancet Oncol. 2020 May;21(5):671-684. PMID: 32203698

関連レジメン

【FIGHT-202試験】胆道癌に対するペミガチニブ

>>減量・休薬基準や専門医コメントを見る


FIGHT-202試験の概要

対象

化学療法歴のある切除不能な胆管癌患者

方法

FGF/FGFR遺伝子の状態に基づき、 145例を以下の3つに分類

  • コホートA (107例)
FGFR2遺伝子の融合・再構成
  • コホートB (20例)
上記以外のFGF/FGFR遺伝子異常
  • コホートC (18例)
FGF/FGFR遺伝子異常を認めない

病勢進行、 許容できない有害事象、 同意の撤回、 医師の選択に至るまで、 ペミガチニブを1日1回 (開始用量13.5mg/day) 投与。 2週投与、 1週休薬の21日サイクル

評価項目

  • 主要評価項目:コホートAの奏効率 (ORR) 
  • 副次評価項目:コホートBとCのORR、 奏効期間、 病勢コントロール率、 無増悪生存期間 (PFS) 、 全生存期間 (OS) 、 安全性

FIGHT-202試験の結果

患者背景

  • 年齢中央値は59歳
  • 治療期間の中央値は、 コホートA 7.2ヵ月、 コホートB 1.4ヵ月、 コホートC 1.3ヵ月

ORR

  • コホートA:35.5%
(95%CI 26·5-45·4%)
  • コホートB:0%
  • コホートC:0%

病勢コントロール率

  • コホートA:82%
(95%CI 74-89%)
  • コホートB:40%
(95%CI 19-64%)
  • コホートC:22%
(95%CI 6-48%)

奏効期間 (中央値) 

  • コホートA:7.5ヵ月
(95%CI 5.7-14.5ヵ月)

PFS中央値

  • コホートA:6.9ヵ月
(95%CI 6.2-9.6ヵ月)
  • コホートB:2.1ヵ月
(95%CI 1.2-4.9ヵ月)
  • コホートC:1.7ヵ月
(95%CI 1.3-1.8ヵ月)

PFS率 (6ヵ月時、 12ヵ月時)

  • コホートA:62%、 29%
  • コホートB:25%、 0%
  • コホートC:6%、 0%

OS中央値

  • コホートA:21.1ヵ月
(95%CI 14.8ヵ月-NE)
  • コホートB:6.7ヵ月
(95%CI 2.1-10.6ヵ月)
  • コホートC:4.0ヵ月
(95%CI 2.3-6.5ヵ月)

OS率 (6ヵ月時、 12ヵ月時)

  • コホートA:89%、 68%
  • コホートB:51%、 23%
  • コホートC:31%、 13%

有害事象 (AE)

  • 全コホートにおいて、 最も一般的なAEは高リン血症 (60%) であり、 その他に発現率40%以上のAEは、 脱毛症、 下痢、 疲労、 味覚異常であった。 
  • Grade3以上のAEを認めたのは64%で、 頻度が高かったのは、 低リン血症 (12%) 、 関節痛 (6%) 、 口内炎 (5%) 、 低ナトリウム血症 (5%) 、 腹痛 (5%) 、 疲労 (5%) であった。
  • AEにより治療を中止したのは9%であった。

著者らの結論

FGFR2遺伝子の融合または再構成を有する、化学療法歴のある切除不能な胆管癌患者において、 ペミガチニブが有効である可能性が示された。 

ポストのGif画像
【FIGHT-202試験】胆道癌に対するペミガチニブの全コンテンツはアプリからご利用いただけます。
臨床支援アプリHOKUTOをダウンロードしてご覧ください。
今すぐ無料ダウンロード!
こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【FIGHT-202試験】胆道癌に対するペミガチニブ