著者

HOKUTO編集部

230日前

【循環器】吹田スコア 2014年オリジナル版を追加 -10年以内の冠動脈疾患発症率

スコアの確認や実際の計算には、🔢吹田スコア (2014年オリジナル版) をご利用ください。

吹田スコアとは?¹⁾²⁾

  • 心筋梗塞など冠動脈疾患の10年間の発症危険度を予測するリスクスコア
  • 国立循環器病研究センターの研究チームにより2014年に報告された¹⁾²⁾.

冠動脈疾患の定義¹⁾

  • 心筋梗塞
  • 冠動脈バイパス術
  • 冠動脈形成術
  • 24時間以内の内因性急性死

使用上の注意点

動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版³⁾の吹田スコアとの違い

  • 動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版で用いられたスコアリングテーブルは、 年齢、 性別、 喫煙、 血圧、 HDL-C、 LDL-C、 耐糖能異常、 早発性冠動脈疾患家族歴の8つの危険因子が用いられている.
  • これは本ツールで採用している2014年発表のオリジナル版の吹田スコアとは、 項目とスコアが異なるため注意が必要である.
※動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版計算ツールは準備中です.

参考文献

  1. Predicting coronary heart disease using risk factor categories for a Japanese urban population, and comparison with the framingham risk score: the suita study. J Atheroscler Thromb. 2014;21(8):784-98. Epub 2014 Mar 25. PMID: 24671110 ※オリジナル
  2. 国立循環器病研究センタープレスリリース「冠動脈疾患を予測する新しいリスクスコアの開発 ~日本人の実態に則した内容でより正確な予測が可能に~」 [最終確認:2022年4月7日]
  3. 一般社団法人日本動脈硬化学会. 動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版

最終更新:2022年4月16日
監修医師:聖路加国際病院救急部 清水真人

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
アプリをいますぐ
無料ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師