【JAMA Surg】研修医と専門医によるヘルニア修復術、 再手術リスクに有意差なし
著者

海外ジャーナルクラブ

12ヶ月前

【JAMA Surg】研修医と専門医によるヘルニア修復術、 再手術リスクに有意差なし

【JAMA Surg】研修医と専門医によるヘルニア修復術、 再手術リスクに有意差なし
Christophersenらは、 指導医監督下の研修医によるヘルニア修復術の再発のための再手術リスクを専門医と比較するコホート研究を実施。 その結果、 指導医監督下の研修医によるヘルニア修復術は専門医のそれと比較しても、 再発のための再手術のリスクが高いとは考えられないことが示唆された。 本研究は、 JAMA Surg誌において発表された。

📘原著論文

Risk of Reoperation for Recurrence After Elective Primary Groin and Ventral Hernia Repair by Supervised Residents.JAMA Surg. 2023 Feb 1. doi: 10.1001/jamasurg.2022.7502.PMID: 36723916

👨‍⚕️HOKUTO監修医コメント

有意差はないのですが、 Lichtenstein法:HR 1.26 (95%CI 0.99-1.59), p=0.06であり、 監督下の研修医の再手術のリスクは見逃せないと思います。 This indicates that residents may safely perform elective hernia repair when supervised と非常に弱い結論に至っていますが、 これくらいの表現が科学的には妥当です。

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【JAMA Surg】研修医と専門医によるヘルニア修復術、 再手術リスクに有意差なし