度重なる詐欺、 恐喝…負債132億円抱え病院倒産
著者

HOKUTO通信

11ヶ月前

度重なる詐欺、 恐喝…負債132億円抱え病院倒産

度重なる詐欺、 恐喝…負債132億円抱え病院倒産

千葉県の八千代病院などを運営する医療法人が、 東京地裁に民事再生法の適用を申請した。 負債総額は約132億円で、 コロナ禍での病院の倒産としては全国で最大規模になるという。

不動産投資トラブルで資金流出

民間信用調査会社によると、 申請は今月4日付。 病院では新型コロナのクラスターが発生し、 感染拡大防止に関連する設備負担が膨らみ、 赤字に転落。 加えて、 前理事長時代の積極的な不動産投資に関わるトラブルで、 度重なる詐欺や恐喝などを受け、 多額の資金流出が発生した。

取引先への支払遅延が発生し信用不安が拡大し、 2022年には債権者から預金の仮差押さえを受けるなど資金繰りが逼迫。 銀行以外の金融機関の資金調達でしのいでいたが、 抜本的な改善に至らず、 今回の措置となった。

診療体制は維持

一方、 診療体制は維持し、 今後新たなスポンサーに事業を譲渡する方向だ。

医療法人は1947年ごろ創業。 精神科、 内科などの 「八千代病院」 (422床) を設立後、 「新八千代病院」 (295床) や 「成田リハビリテーション病院」 (100床) も運営。 検診やスパ療養を行う施設なども展開し、 2022年3月には売上高約98億円を計上していた。

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
度重なる詐欺、 恐喝…負債132億円抱え病院倒産