【J Bone Oncol】ADT開始時の前立腺癌患者、 椎体骨折の有病率は32%
著者

海外ジャーナルクラブ

10ヶ月前

【J Bone Oncol】ADT開始時の前立腺癌患者、 椎体骨折の有病率は32%

【J Bone Oncol】ADT開始時の前立腺癌患者、 椎体骨折の有病率は32%
van Oostwaardらは、 アンドロゲン除去療法 (ADT) を開始する前立腺癌患者を対象に、 骨折リスク、 骨粗鬆症、 椎体骨折、 サルコペニアの有病率を横断研究で評価。 その結果、 ADT開始時の前立腺癌患者において骨粗鬆症、 サルコペニア、 10年骨折リスクの有病率は低いが、 1/3に椎体骨折の高い有病率が認められることが明らかとなった。 本研究は、 J Bone Oncol誌において発表された。

📘原著論文

High prevalence of vertebral fractures at initiation of androgen deprivation therapy for prostate cancer. J Bone Oncol. 2022 Dec 7;38:100465.PMID: 36591574

👨‍⚕️HOKUTO監修医コメント

椎体骨折の高い有病率は、 今後のさらなる椎体骨折のリスクなので注意が必要です。 ただ、 この患者群の非常に高い有病率をやはり同じような年代の非担癌患者と比較検討するがまず必要だと思います。

🔢関連コンテンツ

前立腺癌のTNM臨床病期分類

前立腺癌の病期分類 (UICC-8版)

前立腺がんのNCCNリスク分類

前立腺がんの予後予測

前立腺がんのD'Amicoリスク分類

前立腺がんの予後予測

研究デザイン

ADT開始時の前立腺癌患者の併存疾患、 投薬、 10年骨折リスク (FRAX®) を含む骨折リスク因子を評価した。

研究結果

ADT開始時の診断

  • 骨粗鬆症:4.3%
  • 骨減少症:35.7%

10年間の平均骨折リスク

  • 骨粗鬆症性大骨折:4.4%
  • 股関節骨折が1.7%

椎体骨折

  • 椎体骨折 有病率:32.2%
  • 脊椎X線検査で評価した骨粗鬆症と椎体骨折:33.9%

代謝性骨疾患

骨折リスクに関連する新たな代謝性骨疾患の診断:10.4%

サルコペニア

サルコペニアの診断:1名のみ

著者らの結論

骨粗鬆症、 サルコペニア、 10年骨折リスクの有病率は低いが、 ADT開始時の前立腺癌患者の1/3に椎体骨折の高い有病率が認められる。 BMDとFRAX®を用いた骨折リスク算出に加え、 ADT開始時に前立腺癌患者において系統的な椎体骨折評価を検討し、 信頼性の高いベースラインの椎体骨折分類を行い、 ADT中の椎体骨折発生を予防すべきである。

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【J Bone Oncol】ADT開始時の前立腺癌患者、 椎体骨折の有病率は32%