【Gastric Cancer】胃・GEJ腺癌の1次治療、 bemarituzumab上乗せで予後改善か
著者

海外ジャーナルクラブ

21日前

【Gastric Cancer】胃・GEJ腺癌の1次治療、 bemarituzumab上乗せで予後改善か

【Gastric Cancer】胃・GEJ腺癌の1次治療、 bemarituzumab上乗せで予後改善か
Wainbergらは、 HER2陰性かつFGFR2b陽性で局所進行性または転移性の胃・食道胃接合部 (GEJ) 腺癌患者の患者を対象に、 1次治療としてのmFOLFOX6療法にFGFR2b選択的ヒト化モノクローナル抗体bemarituzumabを上乗せする有効性および安全性を検討した第Ⅱ相無作為化比較試験FIGHTの最終結果を報告した。 その結果、 mFOLFOX6+bemarituzumabの併用療法が、 無増悪生存期間 (PFS) および全生存期間 (OS) を延長させる可能性があることが示唆された。 本研究は、 Gastric Cancer誌において発表された。

📘原著論文

Bemarituzumab as first-line treatment for locally advanced or metastatic gastric/gastroesophageal junction adenocarcinoma: final analysis of the randomized phase 2 FIGHT trial. Gastric Cancer. 2024 Feb 3. PMID: 38308771

👨‍⚕️HOKUTO監修医コメント

サンプルサイズの計算はもちろんなされているのですが、 比較的n数が少ないことはlimitationです。 主要アウトカムであるPFSもHRの95%CIが0.49-1.08と微妙な結果になっています。


研究デザイン

対象

HER-2陰性かつFGFR2b陽性の胃・食道胃接合部腺癌患者

介入

患者は以下の群に1 : 1の割合で無作為に割り付けられた。

  • Bemarituzumab 群 : mFOLFOX6+bemarituzumab
Bemarituzumab (15mg/kgを2週に1回投与、 7.5mg/kgを1サイクル目の8日目に投与) +mFOLFOX6
  • プラセボ群 : mFOLFOX6+プラセボ
プラセボ (15mg/kgを2週に1回投与、 7.5mg/kgを1サイクル目の8日目に投与) +mFOLFOX6

主要評価項目

PFS

副次評価項目

OS、 客観的奏効率、 安全性

研究結果

有効性評価

PFS中央値

  • Bemarituzumab群 : 9.5ヵ月 (95%CI 7.3-13.7ヵ月)
  • プラセボ群 : 7.4ヵ月 (同5.7-8.4ヵ月)
HR 0.72 (同0.49-1.08)

OS中央値

  • Bemarituzumab群 : 19.2ヵ月 (95%CI 13.6-24.2ヵ月)
  • プラセボ群 : 13.5ヵ月 (同9.3-15.9ヵ月)
HR 0.77 (同0.52-1.14)

腫瘍細胞におけるFGFR2b陽性割合が10%以上の患者における有効性

PFS : HR 0.43 (95%CI 0.26-0.73)
OS : HR 0.52 (同0.31-0.85)

安全性評価

安全性に関する新たな問題は報告されなかった。

結論

FGFR2b陽性の胃・食道胃接合部腺癌患者において、 mFOLFOX6+ bemarituzumabの併用療法はmFOLFOX6単独療法と比較して、 PFSおよびOSの中央値を数値的に延長させた。 有効性は、 腫瘍細胞におけるFGFR2b陽性割合が10%以上である場合に顕著であった。

ポストのGif画像
【Gastric Cancer】胃・GEJ腺癌の1次治療、 bemarituzumab上乗せで予後改善かの全コンテンツはアプリからご利用いただけます。
臨床支援アプリHOKUTOをダウンロードしてご覧ください。
今すぐ無料ダウンロード!
こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【Gastric Cancer】胃・GEJ腺癌の1次治療、 bemarituzumab上乗せで予後改善か