著者

海外ジャーナルクラブ

37日前

【急性膵炎】プロカルシトニン値を指標とした治療により抗菌薬使用が約15%減少


Siriwardenaらは, 急性膵炎患者を対象に, プロカルシトニン (PCT) 測定に基づくアルゴリズムによって, 抗菌薬の使用量を減らすことができるかを検討する単一施設患者盲検無作為化比較試験を実施した. その結果, PCTを指標とした治療は, 感染や有害事象を増加させることなく急性膵炎患者の抗菌薬の使用を減らすことができることが示唆された. 本研究は, Lancet Gastroenterol Hepatol誌において発表された. 

📘原著論文

Siriwardena AK, et al, A procalcitonin-based algorithm to guide antibiotic use in patients with acute pancreatitis (PROCAP): a single-centre, patient-blinded, randomised controlled trial. Lancet Gastroenterol Hepatol. 2022 Jul 18;S2468-1253(22)00212-6.PMID: 35863358

👨‍⚕️HOKUTO監修医コメント

PCTを基準にすると, 抗菌薬の総投与量を減らすことができそうですね. ただし, 重症膵炎で厄介なのが 「深部膿瘍」へと進展してしまったケースです. PCT negativeでは感染を否定しきれない症例に出くわすことがありますね.



HOKUTO関連コンテンツ

ERマニュアル

🚑急性膵炎のマネジメント

監修:聖路加国際病院救急部医師

計算ツール

🔢急性膵炎重症度判定基準:①予後因子

急性膵炎の重症度分類 (厚生労働省)

🔢急性膵炎重症度判定基準:②造影CT Grade

急性膵炎の重症度分類 (厚生労働省)

🔢急性膵炎の診断基準

急性膵炎診療ガイドライン2021 第5版

ガイドライン

📘急性膵炎診療ガイドライン2021

一般社団法人日本膵臓学会 ※HP無料公開

研修病院投稿

急性膵炎ガイドライン2021:押さえるべきポイントと変更点

聖路加国際病院 総合診療プログラム 西澤先生


研究背景

急性膵炎患者において 「炎症」 と 「細菌感染」 との鑑別は困難である. プロカルシトニン(PCT)は感染と炎症を区別することができ, PCT測定に基づくアルゴリズムは細菌性敗血症と全身性炎症反応を区別することができることが知られている.

研究デザイン

対象患者と割り付け

急性膵炎の診断を受けた18歳以上の患者を以下の2群に無作為に割り付け.

  1. PCTを指標とした治療群:132名
  2. 通常の治療群:128名

PCTを指標とした治療の方法

Day 0,4,7にPCTを測定. その後毎週実施.

  • PCT<1.0ng/ml→ 抗菌薬を中止 or 開始
  • PCT≧1.0ng/ml→ 抗菌薬を開始 or 継続

※介入群は, 臨床判断で抗菌薬を使用し, 抗菌薬加療以外は両群とも標準的な治療を行った.

主要評価項目:入院中の抗菌薬使用.

研究結果

抗菌薬の使用が"約15%減少"

抗菌薬処方は、 PCTを指標とした治療で45% (59例), 通常治療で63% (79例)であった.

調整リスク差 -15.6%, 95%CI -27.0~-4.2, p=0.0071

感染率や有害事象に"有意差なし"

両群間で感染率や有害事象についての有意差はなかった. PCT誘導治療群では4例, 通常治療群では3例が死亡したが, 死亡はすべて重症膵炎に関連したものであった.

結論

PCTを指標とした治療は, 急性膵炎患者において感染や有害事象を増加させることなく抗生物質の使用を減らすことができることが示唆された. PCTを用いた抗生剤使用量の目安は, このグループの患者の治療で考慮されるべきであり, 急性膵炎の管理に関する将来のガイドラインに組み込まれるべきである.



こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師