【JAMA】アトルバスタチン、アントラサイクリン系薬によるリンパ腫での心機能障害を有意に抑制
著者

海外ジャーナルクラブ

11ヶ月前

【JAMA】アトルバスタチン、アントラサイクリン系薬によるリンパ腫での心機能障害を有意に抑制

【JAMA】アトルバスタチン、アントラサイクリン系薬によるリンパ腫での心機能障害を有意に抑制
Neilanらは、 アントラサイクリン系薬剤ベースの化学療法が予定されているリンパ腫患者を対象に、 HMG-CoA還元酵素阻害薬アトルバスタチンがアントラサイクリン系薬剤に関連する心機能障害の減少に関係するかを二重盲検ランダム化臨床試験STOP-CAで検討。 その結果、 アトルバスタチンがプラセボと比較し、 アントラサイクリン系薬剤関連の心機能障害を有意に抑制したことが示された。 本研究はJAMA誌において発表された。 

📘原著論文

Atorvastatin for Anthracycline-Associated Cardiac Dysfunction: The STOP-CA Randomized Clinical Trial. JAMA. 2023 Aug 8;330(6):528-536. PMID: 37552303

👨‍⚕️監修医師のコメント

LVEFで言うと、 アトルバスタチン群が平均4.1%の減少に対して、 対照群は5.4%の減少です。 主要評価項目では絶対的な有意差となっていますが、 直接値では臨床的な有意な差と言えるか微妙です。

🔢関連コンテンツ

【JAMA】アトルバスタチン、アントラサイクリン系薬によるリンパ腫での心機能障害を有意に抑制

アントラサイクリン系抗がん剤の累積心毒性

ドキソルビシン換算500㎎/m²制限

IPI

アグレッシブリンパ腫の国際予後指標

NCCN-IPI

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の国際予後指標

FLIPI

濾胞性リンパ腫国際予後指標

FLIPI2

濾胞性リンパ腫国際予後指標

背景

アントラサイクリン系薬剤は多くの癌治療に使用されている。 過去の研究により、 アトルバスタチンがアントラサイクリン系薬剤による心機能障害のリスクを軽減する可能性が示唆されている。

研究デザイン

対象

新規に診断されたリンパ腫で、 アントラサイクリン系薬剤ベースの化学療法が予定されている患者:300例

介入

患者を以下の2群に1:1で無作為に割り付け

  • アトルバスタチン群:150例
アトルバスタチン40mg/日を12カ月間経口投与
  • プラセボ群:150例
プラセボを12カ月間経口投与

主要評価項目

左室駆出率 (LVEF) が化学療法前の値から絶対値で10%以上低下し、 12カ月後の最終値が55%未満となった患者の割合

副次評価項目

LVEFが5%以上低下し、 最終値が55%未満の患者の割合

研究結果

主要評価項目

  • アトルバスタチン群:9% (150例中13例)
  • プラセボ群:22% (150例中33例)

主要評価項目発生のオッズ比はプラセボ群において、 約3倍高かった(OR 2.9、 95%CI 1.4-6.4)。

副次評価項目

副次評価項目の発生率もアトルバスタチン群で有意に低かった (P=0.001)。

  • アトルバスタチン群:13%
  • プラセボ群:29%

心不全イベント

24ヵ月の追跡期間中に13例 (4%) の心不全イベントが発生した。 これに関しては両群間に有意差は認められなかった (P=0.26)。

  • アトルバスタチン群:3%
  • プラセボ群:6%

結論

アトルバスタチンは、 アントラサイクリン系薬剤による心機能障害のリスクが高いリンパ腫患者で心機能障害の発生率を低下させた。 本研究の知見は、 該当するリンパ腫患者におけるアトルバスタチンの使用を支持する可能性を示している。

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【JAMA】アトルバスタチン、アントラサイクリン系薬によるリンパ腫での心機能障害を有意に抑制