著者

HOKUTO編集部

194日前

【IE】感染性心内膜炎の修正Duke診断基準をリニューアルしました!

感染性心内膜炎は適切な治療がなければ致死的な経過をたどることがあり、 常にその可能性を考えることが重要です. 本日は一般診療で頻用される🔢修正Duke診断基準を取り上げました. 右上星マークからお気に入り登録することでいつでもすぐにご利用いただけます.

Duke診断基準とは?

  • 感染性心内膜炎の診断基準のひとつ.
  • 1994年にオリジナル版¹⁾が報告され、 2000年に現在の修正Dukeの診断基準²⁾となった.

診断基準

確定診断の場合

  • ガイドラインや血液培養結果に基づき抗生剤治療を開始する.
  • 外科的治療が必要な患者を特定する.

可能性がある場合

  • IEであるかは臨床的に判断する.
  • 繰り返し大基準、小基準を確認する.
  • 未実施の場合、経食道心エコー(TEE)を検討.
  • 血液培養陰性なら、血液培養を繰り返す.
  • IEを示唆する身体所見がないか細かく観察.
  • 外科的治療が必要な患者を特定する.

否定的な場合

  • 他の感染源や、 腫瘍や膠原病など非感染性の原因を検索する.

関連コンテンツ

感染性心内膜炎

🚑 ERマニュアル | 感染性心内膜炎

  聖路加国際病院救急部医師監修

📝 修正Duke診断基準

 感染性心内膜炎の診断基準

🔢 NOVAスコア

 腸球菌菌血症のIEリスク評価

🔢 DENOVAスコア

 腸球菌菌血症のIEリスク評価

🔢 HANDOC スコア

 非溶血性連鎖球菌菌血症のIEリスク評価

🔢 VIRSTAスコア

 黄色ブドウ球菌菌血症のIEリスク評価

📘 感染性心内膜炎の予防と治療に関するガイドライン(2017年改訂版)

  日本循環器学会編

参考文献

  1. New criteria for diagnosis of infective endocarditis: utilization of specific echocardiographic findings. Duke Endocarditis Service. Am J Med. 1994 Mar;96(3):200-9. PubMed PMID: 8154507.
  2. Proposed modifications to the Duke criteria for the diagnosis of infective endocarditis. Clin Infect Dis. 2000 Apr;30(4):633-8. PMID: 10770721

最終更新:2022年5月22日
監修医師:聖路加国際病院救急部 清水真人

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
アプリをいますぐ
無料ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師