著者

最新薬剤情報 & 使い分け

146日前

【薬剤情報】2022年6月20日付の効能等の追加が行われた医薬品一覧

2022年6月20日付で一部の医薬品に効能等の追加が行われているので簡単に紹介します (詳細はリンクの添付文書をご確認ください) .

オルミエント錠 (適応追加)

用法及び用量は既存の「関節リウマチ」、 「アトピー性皮膚炎」の場合と同じ.

効能又は効果に関連する注意に「本剤投与開始時に、 頭部全体の概ね50%以上に脱毛が認められ、 過去6ヵ月程度毛髪に自然再生が認められない患者に投与すること」、 「円形脱毛症以外の脱毛症に対する適応はない」の記載あり.

💊 添付文書:オルミエント錠2mg、 オルミエント錠4mg

カナグル錠 (適応追加)

用法及び用量は既存の「2型糖尿病」の場合と同じ.

効能又は効果に関連する注意には「eGFRが30mL/min/1.73m²未満の患者では、 本剤の腎保護作用が十分に得られない可能性があること、 本剤投与中にeGFRが低下することがあり、 腎機能障害が悪化するおそれがあることから、 新規に投与しないこと. また、 本剤投与中にeGFRが30mL/min/1.73m²未満に低下した場合は、 投与継続の必要性を慎重に判断すること.」、 「臨床試験に組み入れられた患者の背景 (原疾患、 併用薬、 腎機能等) を十分に理解した上で、 慢性腎臓病に対するガイドラインにおける診断基準や重症度分類等を参考に、 適応患者を選択すること.」の記載あり.

💊 添付文書:カナグル錠100mg 

マヴィレット配合錠 (小児適応追加)

用法・用量については成人及び12歳以上の小児と同様です.

(45kg未満の小児に対してはマヴィレット配合顆粒小児用の製造販売承認を取得)

💊 添付文書:マヴィレット配合錠

アバスチン点滴静注用 (卵巣がんに新用法追加)

💊 添付文書:アバスチン点滴静注用100mg/4mL、 アバスチン点滴静注用400mg/16mL 

キュビシン静注用 (小児用量追加)

💊 添付文書:キュビシン静注用350mg 

ベオビュ硝子体内注射用 (適応追加) 

既存の適応とは異なる用法及び用量が設定. 

💊 添付文書:ベオビュ硝子体内注射用キット120mg/mL 

フルダラ静注用 (適応追加) 

既存の適応とは異なる用法及び用量が設定. 

💊 添付文書:フルダラ静注用50mg

グラン、 ノイトロジン注 (適応追加) 

フルダラ静注用の適応追加に伴い適応、 用法及び用量の追加承認を取得. 

💊 添付文書:グラン注射液75、 グラン注射液150、 グラン注射液M300

💊 添付文書:ノイトロジン注50μg、 ノイトロジン注100μg、 ノイトロジン注250μg

ヘムライブラ (適応追加) 

既存の適応とは異なる用法及び用量が設定. 

💊 添付文書:ヘムライブラ皮下注30mg、 ヘムライブラ皮下注60mg、 ヘムライブラ皮下注90mg、 ヘムライブラ皮下注105mg、 ヘムライブラ皮下注150mg

リツキサン (適応追加) 

既存の適応とは異なる用法及び用量が設定. 

💊 添付文書:リツキサン点滴静注100mg、 リツキサン点滴静注500mg

ジクトルテープ (適応追加) 

既存の「各種がんにおける鎮痛」の場合の用法及び用量と異なるのは1日枚数が2枚までとなっている点 (各種がんにおける鎮痛では3枚に増量可能) .

貼付場所はがん性疼痛の場合と同じ「胸部、 腹部、 上腕部、 背部、 腰部又は大腿部」. 全身投与型経皮吸収製剤であるため、 患部以外に貼っても効果を発揮. 

💊 添付文書:ジクトルテープ75mg

最終更新:2022年7月11日
執筆:ぺんぎん薬剤師 @penguin_pharm
監修:聖路加国際病院医師 清水真人

🐧ぺんぎん薬剤師さんのSNSはこちら!

TwitterFacebookInstagram

🐧ぺんぎん薬剤師さんのブログはこちら

ブログ 「薬剤師の脳みそ」

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
アプリをいますぐ
無料ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師