著者

海外ジャーナルクラブ

137日前

【海外ジャーナル】IBS患者への糞便微生物移植、長期有効性を維持

El-Salhy Mらは, 過敏性腸症候群 (IBS) 患者125名を対象に, 糞便微生物移植の長期的な有効性と安全性を3年間の追跡調査で検討. その結果, 糞便微生物移植は高い奏効率と、 長期有効性を維持することが明らかとなった. 本研究はGastroenterology誌において発表された.

背景

IBSに対する糞便微生物移植 (FMT) の長期的な有効性や有害事象の可能性は不明である.

Fecal Microbiota Transplantation: FMT

研究デザイン

研究対象と方法

  • IBSの患者125名 (女性:104名, 男性:21名) を以下の3群に割り付けた.
  1. プラセボ群:38名
  2. ドナー糞便30g投与群:42名
  3. ドナー糞便60g投与群:45名
糞便は十二指腸に投与された.

評価項目

  • 患者は, ベースライン時, FMT後2年および3年目に, 糞便サンプルの提供と5つのアンケートに回答した.
  • 糞便中の細菌とdysbiosis index (DI) は, 16S rRNA遺伝子PCR DNA増幅/プローブハイブリダイゼーションにより, V3-V9領域を対象として解析された.

研究結果

FMT後の奏効率

<FMT後2年間>

  • プラセボ群:26.3%
  • ドナー糞便30g投与群:69.1%
  • ドナー糞便60g投与群:77.8%

<FMT後3年間>

  • プラセボ群:27.0%
  • ドナー糞便30g投与群:64.9%
  • ドナー糞便60g投与群:71.8%
ドナー糞便30g投与群, 60g投与群の奏効率はプラセボ群に比べ有意に高かった. 

症状とDIなど

  • ドナー糞便30g投与群, 60g投与群では, FMT後2年目, 3年目ともにIBS症状, 疲労感が有意に減少し, QOLが向上した.
  • DIは, FMT後2年目および3年目において, ドナー糞便投与群でのみ減少した.
  • 10菌種の蛍光シグナルは, ドナー糞便30g投与群および60g投与群のFMT後のIBS症状および疲労感と有意な相関を示した.

有害事象

  • 長期的な有害事象は認められなかった.

結論

IBS患者に対する糞便微生物移植 (FMT) は長期的な高い有効性を示した. 有害事象はわずかで, 特別な治療を要さなかった.

原著

El-Salhy M,et al, Efficacy of fecal microbiota transplantation for patients with irritable bowel syndrome at three years after transplantation. Gastroenterology. 2022 Jun 13;S0016-5085(22)00625-4.PMID: 35709830

👨‍⚕️監修医師のコメント
Dose dependency (30gと60gを比較し, 60gの方がより高い効果を示している) も示していますし, その効果は確信的だと思います. いかに一般化できるかが今後の課題ですね.

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
アプリをいますぐ
無料ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師