【J Clin Oncol】放射線療法6ヵ月後のPSA最低値が前立腺癌の長期予後と関連
著者

海外ジャーナルクラブ

1ヶ月前

【J Clin Oncol】放射線療法6ヵ月後のPSA最低値が前立腺癌の長期予後と関連

【J Clin Oncol】放射線療法6ヵ月後のPSA最低値が前立腺癌の長期予後と関連
Kwakらは、 限局性前立腺癌の患者を対象に、 放射線療法 (RT) 終了後6ヵ月時点の前立腺特異抗原 (PSA) 最低値と長期予後の関連を無作為化比較試験の個別患者データ解析で検討した。 その結果、 RT終了後6ヵ月間のPSA最低値が≧0.1ng/mLの場合、 予後不良と関連することが示唆された。 本研究は、 J Clin Oncol誌において発表された。

📘原著論文

Prognostic Impact of Prostate-Specific Antigen at 6 Months After Radiotherapy in Localized Prostate Cancer: An Individual Patient Data Analysis of Randomized Trials. J Clin Oncol. 2024 Mar 12:JCO2300762. PMID: 38471051

👨‍⚕️HOKUTO監修医コメント

7割程度の患者が2000年以前に割り付けされた研究に参加していたことや、 <0.2ng/mLのアッセイ検出限界以下の値を示している場合には0.1~0.2ng/mLの値を示している可能性があることがlimitationとして挙げられています。

🔢関連コンテンツ

前立腺癌のNCCNリスク分類

前立腺癌の予後予測

前立腺癌のD'Amicoリスク分類

前立腺癌の予後予測

個別患者データ解析で予後を検討

対象

RT単独、 もしくはRT+アンドロゲン除去療法 (ADT) を受けた限局性前立腺癌の患者

1987~2011年に実施された16件の無作為化比較試験から個々の患者データを入手した。
RT終了後6ヵ月以内に記録された最低PSA値を同定し、 0.1ng/mLまたは≧0.1ng/mLに分類した。

介入

患者は以下の3群に無作為に分類された。

  • RT単独群
  • RT+短期ADT群
  • RT+長期ADT群

主要評価項目

無作為化後12ヵ月時点からの無転移生存期間 (MFS)、 前立腺癌特異的死亡率 (PCSM)、 全生存期間 (OS)

PSA≧0.1ng/mLは予後不良と関連

RT終了後6ヵ月以内にPSA≧0.1ng/mLを示した患者の割合

  • RT単独群 : 98%
  • RT+短期ADT群 : 84%
  • RT+長期ADT群 : 77%

PSA≧0.1ng/mLは短いMFSとOS、 および高いPCSMと関連していた。

RT単独群のHR

MFS : 2.24 (95%CI 1.21-4.16)
OS : 1.72 (同0.97-3.05)
PCSM (部分分布HR) : 1.82 (同0.51-6.49)

RT+短期ADT群のHR

MFS : 1.27 (95%CI 1.12-1.44)
OS : 1.26 (同1.11-1.44)
PCSM (部分分布HR) : 2.10 (同1.52-2.92)

RT+長期ADT群のHR

MFS : 1.58 (95%CI 1.27-1.96)
OS : 1.59 (同1.27-1.99)
PCSM (部分分布HR) : 1.97 (同1.11-3.49)

最低PSA値による5年MFS率の比較

RT単独群

  • <0.1ng/mL : 91%
  • ≧0.1ng/mL : 79%

RT+短期ADT群

  • <0.1ng/mL : 83%
  • ≧0.1ng/mL : 76%

RT+長期ADT群

  • <0.1ng/mL : 87%
  • ≧0.1ng/mL : 74%

患者カウンセリングへの活用も

Kwakらは、 「限局性前立腺癌に対しRT単独、 またはRT+ADT治療を受けた患者では、 RT終了後6ヵ月以内のPSA≧0.1ng/mLが予後不良と関連していた。 これらの結果は、 患者へのカウンセリングやRT+ADTと併用する新規全身療法などを評価する臨床試験デザインに活用することができる」 と報告している。

ポストのGif画像
【J Clin Oncol】放射線療法6ヵ月後のPSA最低値が前立腺癌の長期予後と関連の全コンテンツはアプリからご利用いただけます。
臨床支援アプリHOKUTOをダウンロードしてご覧ください。
今すぐ無料ダウンロード!
こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【J Clin Oncol】放射線療法6ヵ月後のPSA最低値が前立腺癌の長期予後と関連