著者

海外ジャーナルクラブ

160日前

思春期~若年成人世代の白血病経験者、 一般集団よりも死亡率が高いことが判明

Berkman AMらは、 思春期・若年成人 (AYA) 世代の急性白血病5年生存者の長期転帰を検討した. その結果、 AYA世代の白血病長期生存者は一般集団よりも死亡率が高く、 診断初期にはがん、 その後の数十年はがん以外の死因が多いことが明らかとなった. 本研究はCancer Epidemiol Biomarkers Prev誌において発表された.

背景

AYA世代の急性白血病生存者の集団が増加しているが、 長期死亡アウトカムはほぼ不明である.

研究デザイン

  • 米国のSurveillance、 Epidemiology、 and End Results (SEER) に登録されたAYA急性白血病5年生存者の長期転帰を評価した.
  • 急性リンパ性白血病 (ALL) :1,938名
  • 急性骨髄性白血病 (AML):2,350名
  • 年齢、 性別、 人種・民族、 社会経済的状況、 10年生存率をAFT モデル (accelerated failure-time model) を用いて評価した.

研究結果

追跡期間中央値はALLで12.3年、 AMLで12.7年であった.

<10年生存率>

  • ALL:87%
  • AML:89%
  • 一般集団:99%

AYA世代急性白血病の生存率は、 最長30年の追跡調査でも年齢調整した一般集団の生存率を下回るままであった. 生存期間初期の死因はがんが最も多く、 追跡期間後半にはがん以外の死因がより多くなった. 男性のAML生存者は女性より有意に生存率が悪かった (生存時間比:0.61, 95%CI 0.45~0.82).

結論

Berkman AMらは「AYA白血病生存者は一般集団よりも死亡率が高く、 白血病の影響は診断後数十年間持続する」と結論づけた.

原著

Berkman AM, et al, Long-Term Outcomes among Adolescent and Young Adult Survivors of Acute Leukemia: A Surveillance, Epidemiology, and End Results Analysis. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2022 Jun 1;31(6):1176-1184. PMID: 35553621

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
アプリをいますぐ
無料ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師