著者

HOKUTO編集部

43日前

【関節リウマチ】疾患活動性の定期的評価で寛解を目指そう!DAS28、CDAI、SDAIなど

関節リウマチの活動性指標スコアをまとめました。 生物学的製剤や抗リウマチ薬の登場など、関節リウマチの治療は飛躍的に進歩しています。 鎮痛などの対症療法から、早期の適切な治療による「寛解」を目標とした治療が可能となってきました。

HOKUTO掲載スコア

🔢DAS28スコア (ESR)

Disease activity score 28

🔢DAS28スコア (CRP)

Disease activity score 28

🔢SDAI

Simplified Disease Activity Index)

🔢CDAI

Clinical Disease Activity Index)

イラスト:関節28点

🔢 DAS28スコア (ESR)

DAS28 (ESR) = 0.56 × √圧痛関節数 + 0.28 × √腫脹関節数 +  0.7 × LN (ESR) + 0.014 × VAS
  • Disease activity score 28の略¹⁾.
  • CRPあるいは血沈、 腫脹関節数、 圧痛関節数、 患者による全般評価VASの各要素に重みをつけて加算して評点する.

エビデンス¹⁾

 <2.3 : 寛解

 2.3~<2.7 : 低い疾患活動性

 2.7~4.1 : 中等度の疾患活動性

 >4.1 : 高い疾患活動性

🔢 DAS28スコア (CRP)

DAS28 (CRP) = 0.56 × √圧痛関節数 + 0.28 × √腫脹関節数 +  0.36 × LN (CRP) + 0.014 × VAS + 0.96
  • Disease activity score 28の略¹⁾.
  • CRPあるいは血沈、 腫脹関節数、 圧痛関節数、 患者による全般評価VASの各要素に重みをつけて加算して評点する.

エビデンス¹⁾

<2.6 : 寛解

2.6~<3.2 : 低い疾患活動性

3.2~5.1 : 中等度の疾患活動性

>5.1 : 高い疾患活動性

🔢 SDAI

SDAI = 圧痛関節数 + 腫脹関節数 + 患者による全般的評価(10cmのVAS) + 医師による全般的評価(10cmのVAS)+CRP(mg/dL)
  • Simplified Disease Activity Indexの略³⁾.
  • SDAIからCRPの項目を抜いたCDAIはより簡便に利用できる⁴⁾.

エビデンス³⁾

 ≦3.3 : 寛解

 >3.3~11 : 低い疾患活動性

 >11~26 : 中等度の疾患活動性

 >26 : 高い疾患活動性

🔢 CDAI

CDAI = 圧痛関節数 + 腫脹関節数 + 患者による全般的評価(10cmのVAS) + 医師による全般的評価(10cmのVAS)
  • SDAIからCRPの項目を抜いたもの.
  • Clinical Disease Activity Indexの略⁴⁾.
  • 検査値不要で簡単に計算できるのが利点.

エビデンス⁴⁾

 ≦2.8 : 寛解

 >2.8~10 : 低い疾患活動性

 >10~22 : 中等度の疾患活動性

 >22 : 高い疾患活動性

参考文献

  1. Ann Rheum Dis. 1990 Nov;49(11):916-20. PMID: 2256738
  2. Ann Rheum Dis. 2007 Mar;66(3):407-9. PMID: 16926186
  3. Rheumatology (Oxford). 2003 Feb;42(2):244-57. PMID: 12595618
  4. Arthritis Res Ther. 2005;7(4):R796-806. PMID: 15987481
サムネイル画像はdavid_jonesによるRheumatoid Arthritis Fingersより利用

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
アプリをいますぐ
無料ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師