著者

海外ジャーナルクラブ

45日前

【CAR-T細胞療法】血液学的毒性に関連する因子を同定 (Blood Adv)


Juluri KRらは, 第1/2相臨床試験においてCAR-T細胞療法を受けた患者173名を対象に, 血液学的毒性の関連因子をレトロスペクティブに検討. 多くの患者において好中球減少, 血小板減少などが確認され、その予後予測因子としてサイトカイン放出症候群 (CRS)の重症度や, リンパ球枯渇前の血小板数低値などが同定された. 本研究はBlood Adv誌において報告された.

研究デザイン

  • 対象は、第1/2相試験 (NCT01865617) で、CD19標的CAR-T療法を受けた患者173名.
  • 主要評価項目はCAR-T細胞注入後28日目の好中球数および血小板数で、 これら血液毒性の関連因子を後ろ向き解析で検討した.

研究結果

血液毒性の経過と継続率

  • 治療実施後28日目、 血液毒性の累積回復率は好中球 81%血小板 75%であった.
  • 最終フォローアップ時、 9%で好中球減少14%で血小板減少が継続していた.

血液毒性の関連因子

  • 血小板減少の予測因子には、サイトカイン放出症候群 (CRS)の重症度上昇が同定された.
  • 好中球、血小板数減少の予測因子には、 リンパ球枯渇前の血小板数低値が同定された.

CRS関連サイトカインを含む多変量モデル

  • IL-6ピーク高値が28日時点の細胞数低下と関連していた.
  • TGF-β₁高値が細胞数上昇と関連していた.

原著

Juluri KR, et al. Severe cytokine release syndrome is associated with hematologic toxicity following CD19 CAR T-cell therapy. Blood Adv. 2022 Apr 12;6 (7) :2055-2068. PMID: 34666344


画像出典:Wikimedia Commons

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
聖路加国際病院 救急部 清水真人先生
聖路加国際病院
救急部 清水真人先生

2013年慶應義塾大学医学部を卒業。初期臨床研修修了後、2015年聖路加国際病院救急部入局。就任間もなく聖路加ベストティーチャー賞を連続受賞。救急・集中治療、 医学教育を専門とする他、Webツールの医療現場での利用に精通し、 複数の雑誌で連載を行う。

聖路加国際病院 救急部 清水真人先生
聖路加国際病院
救急部 清水真人先生

2013年慶應義塾大学医学部を卒業。初期臨床研修修了後、2015年聖路加国際病院救急部入局。就任間もなく聖路加ベストティーチャー賞を連続受賞。救急・集中治療、 医学教育を専門とする他、Webツールの医療現場での利用に精通し、 複数の雑誌で連載を行う。

聖路加国際病院
アプリ、web版でノートを開いたときのイメージ

HOKUTOをご利用いただくには

アプリからの新規登録が必要です。

アプリでの新規登録完了後、アプリ版の全機能と、

Web版のノート機能をご利用いただけるようになります。

※Web版のノート以外の機能は現在開発中です。

今すぐ無料ダウンロード!