著者

海外ジャーナルクラブ

122日前

【NEJM】原因不明の急性肝炎、小児患者の多くからヒトアデノウイルスを分離

Kelgeri Cらは,原因不明の急性肝炎を呈する小児患者の臨床的転帰を後ろ向き研究で検討. その結果,ほとんどの小児からヒトアデノウイルスが分離されたことを明らかにした. 本研究はNEJM誌において発表された.

背景

2022年1月以降, 原因不明の小児急性肝炎の症例報告が増加している. 複数の大陸で症例が報告されているが, 多くが英国の症例であり、 現在原因の特定に向けた調査が進められている.

研究デザイン

2022年1月1日~4月11日の間、 英国の小児肝移植センター1施設に紹介された原因不明の急性肝炎を呈する小児患者が対象.

「原因不明の急性肝炎」の定義

英国健康安全保障庁 (UKHSA)による定義 : 10歳以下, 血清トランスアミナーゼ値が500 IU/L以上, A~E型肝炎ではない, 代謝性, 遺伝性, 先天性, または機械的原因を持たない急性肝炎.

研究方法

カルテレビューにより, 人口統計学的特徴, 臨床的特徴, 各種検査結果, 臨床的転帰 (病状改善,肝移植, 死亡) を調査した..

研究結果

合計44人の小児がUKHSAの定義に合致する肝炎に罹患しており, ほとんどが生来健康な小児であった.

  • 年齢中央値は4歳 (範囲 : 1~7歳)
  • 症状は黄疸 (93%), 嘔吐 (54%), 下痢 (32%)
  • ヒトアデノウイルスの分子生物学的検査を受けた90%が陽性であった.
  • 劇症肝不全は14%に発症し, 全例が肝移植後に自宅退院となった.
  • 死亡した患者はいなかった.

結論

本研究では, ほとんどの小児でヒトアデノウイルスが分離されたが, この疾患の病因との関連は明確ではない.

原著

Kelgeri C, et al, Clinical Spectrum of Children with Acute Hepatitis of Unknown Cause. N Engl J Med. 2022 Jul 13. doi: 10.1056/NEJMoa2206704. PMID: 35830627

👨‍⚕️ HOKUTO監修医コメント
小児原因不明肝炎患者においてアデノウイルス感染との関連の報告が散見されています。コッホの4原則ではないですが, 小児動物モデルにおいてでも,  アデノウイルス感染によって同じ病態を引き起こすことができればその意義は大きいと思います. 

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
アプリをいますぐ
無料ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師