著者

HOKUTO編集部

245日前

【更新】HOKUTOを活用し肺炎患者を診る ! 臨床予測ルールと重症度スコアを上手に使おう

HOKUTOでは、 200種類以上の計算ツールが標準搭載されています。診断のための『臨床予測ルール (Clinical prediction rule)』や、 治療方針決定のための『重症度スコア』を上手に活用してみてはいかがでしょう.

今回はHOKUTO活用の一例として、 肺炎診療ですぐに使える計算ツールをご紹介します。

計算ツールの検索方法

ホーム画面の検索窓では、計算ツールだけでなくガイドラインや抗生剤など全コンテンツの串刺し検索が可能です。

また、表・計算タブを選択いただくと、入力途中でのリアルタイム検索にも対応しています。計算ツール名だけでなく、気になる症候や疾患名で検索してみましょう!

肺炎診療に使える計算ツール

それでは実際にHOKUTOで利用可能な計算ツールをご紹介します。※2022年1月30日現在

①肺炎の臨床診断予測ルール

🔢 Diehrの肺炎予測ルール

🔢 Hecherlingの肺炎予測スコア

プライマリケアや救急外来のシチュエーションでは、感冒 (かぜ) と肺炎を見分ける必要があります。バイタルサインと身体所見から肺炎らしさを評価し、胸部レントゲンを撮影すべき患者を判断しましょう。これらのスコアを実際に計算することはまずありませんが、 項目自体はぜひ参考にしてみてください。

②細菌性肺炎と非定型肺炎の鑑別

🔢 非定型肺炎スコア

市中肺炎の15%程度を占める非定型肺炎には、 マイコプラズマ肺炎、クラミジア肺炎などが含まれます。主に病歴から非定型肺炎を疑い、特異的な検査を提出したり、適切な薬剤を選択していきましょう。 なお、このスコアにはレジオネラ肺炎やオウム病などは含まれていないことに注意が必要で、 海外のガイドラインでは細菌性肺炎と非定型肺炎両方をカバーする抗菌薬投与を推奨するものもあります。

③肺炎重症度の評価と入院有無

🔢 A-DROPスコア

🔢 CURB-65スコア

🔢 SOFA/qSOFA

肺炎診断後、重症度の評価も重要です。これには今まで日本で使用されてきたA-DROPスコアや、欧米でも使われているCURB-65スコア、敗血症の基準となる SOFA/qSOFAなどの利用が推奨されます。

④喀痰グラム染色の評価

🔢 Geckler分類

🔢 Miller&Jones分類

喀痰のグラム染色と培養(血液培養を含む)を原因菌の同定とその後の治療方針決定へと進みますが、 そもそも染色検体が適切な質を保てているのか確認する必要があります。GecklerやMiller&Jones分類がよく利用されます。

⑤レジオネラ肺炎らしさの評価

🔢 Winthrop-University Hospitalスコア

🔢 Ricoらの予測スコア

🔢 Miyashitaらの予測スコア

レジオネラ肺炎に関する複数のスコアも掲載しています。 現在では尿中抗原の使用が主な方針となってきますが、各項目を一度確認いただくと良いかと思います。

💊 抗生剤の選択と投与量の決定

肺炎の診断後、 原因菌を推定できたら、 次は抗生剤を選択しましょう!HOKUTOなら腎機能に合わせた抗生剤投与量も計算可能です(引用:サンフォード2021 他)。

市中肺炎の内服治療例

市中肺炎の入院治療例

①肺炎球菌、インフルエンザ桿菌、モラクセラ

②マイコプラズマ

③レジオネラ肺炎

いかがでしたか?HOKUTOには計算ツール以外にもガイドラインリンク機能や、抗菌薬投与量計算、 レジメン機能など多くの医療情報収集ツールが搭載されています。 これらのコンテンツは全て1つのノートにまとめることも可能です。ぜひご利用ください!

監修医:聖路加国際病院救急部 清水真人 他

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
アプリをいますぐ
無料ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師