Apple Watchによるメンタル評価
著者

HOKUTO編集部

10ヶ月前

Apple Watchによるメンタル評価

Apple Watchによるメンタル評価

米マウントサイナイ医科大学の新しい研究では、 Apple Watchから取得した生体データに基づき、 患者の幸福度とレジリエンスを評価する、 メンタル向け機械学習モデルの成果を示している。

JAMIA Openから公開されたチームの研究論文では、 ニューヨーク市に所在する7つの病院で登録された医療従事者の前向きコホートである「Warrior Watch Study」のデータセットを二次的に分析している。 分析対象となった329人の研究参加者は、 Apple Watchによる心拍変動と安静時心拍数が収集されており、 これにアンケート調査によるレジリエンスおよびウェルビーイングの評価を組み合わせることで、 機械学習モデルのトレーニングが行われた。 著者らは「ウェアラブルデバイスから収集した生理的指標に適用した機械学習モデルは、 レジリエンスおよびポジティブな心理的構成要素を特定する上で一定の予測能力を有していた」と結論付けている。

米疾病予防管理センター (CDC) によると、 米国成人の20%以上が精神疾患を抱えており、 その対策は公衆衛生上の喫緊の課題となっている。 著者らは「このアプローチによって、 現時点ではアクセスすることのできない、 より多くの人々に心理的評価とケアを提供できるようにすること」を目指している。

参照論文

A machine learning approach to determine resilience utilizing wearable device data: analysis of an observational cohort. JAMIA Open. 2023 May 2;6(2):ooad029. PMID: 37143859

関連記事

WHO研究 – メンタルヘルスにおけるAI応用と課題

AIメンタルヘルスチャットボット「Limbic Access」

メンタルヘルスケアにおける「コンテンツレコメンド」


本記事は、 「The Medical AI Times」 の監修の下、 その許可を得て転載しています。 著作権は同メディアに帰属します。 詳細は、 原文をご確認ください。

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
Apple Watchによるメンタル評価