【JCI Insight】DLBCL女性患者へのR-CHOP療法、 午後の投与で有効性が向上?
著者

海外ジャーナルクラブ

12ヶ月前

【JCI Insight】DLBCL女性患者へのR-CHOP療法、 午後の投与で有効性が向上?

【JCI Insight】DLBCL女性患者へのR-CHOP療法、 午後の投与で有効性が向上?
Kimらは、 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫 (DLBCL) の患者を対象に、 R-CHOP併用療法を午前または午後に行う場合の生存転帰と忍容性を検討。 その結果、 女性のDLBCL患者においては、 午後にR-CHOPを行うことで、 有効性と生存率を向上させるとともに、 毒性を軽減しうることが示唆された。 本研究は、 JCI Insight誌において発表された。

📘原著論文

Chemotherapy delivery time affects treatment outcomes of female patients with diffuse large B cell lymphoma. JCI Insight. 2023 Jan 24;8(2):e164767. PMID: 36512421

👨‍⚕️HOKUTO監修医コメント

観察研究から導かれた仮説の提唱です。 Abstractの結論は強すぎる印象は否めませんが、 治療時間 (午前、 午後) への着目は斬新です。

🔢関連コンテンツ

NCCN-IPI

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の国際予後指標

R-IPI

DLBCLの修正国際予後指標 (revised IPI)

CNS-IPI

DLBCLのCNS再発リスクスコア

背景

時間治療 (クロノセラピー) とは、 薬効を最適化し、 副作用を最小限に抑えるために、 1日のうち特定の時間帯に薬物介入を行うことである。

研究デザイン

対象

DLBCL患者

方法

2つのコホートにおいて、 R-CHOP併用投与を午前または午後に行う場合の生存率と薬剤耐性をそれぞれに評価。

  • 生存コホート:210名
  • 有害事象コホート:129名

結果

無増悪生存期間 (PFS) と全生存期間 (OS)

午前中に治療を受けた女性患者は、 午後に治療を受けた女性患者よりもPFSとOSが有意に短かかった。

  • PFS:HR 0.357、 P=0.033
  • OS:HR 0.141、 P=0.032

投与強度

投与強度は午前中に治療を受けた女性患者において低下した。 これは主に感染症と好中球減少症に起因するものであった。

  • シクロホスファミド 10%、 P=0.002
  • ドキソルビシン 8%、 P=0.002
  • リツキシマブ 7%、 P=0.003

有害事象の発生率

午前中に治療を受けた女性患者は、 午後に治療を受けた患者と比較して、 感染症と発熱性好中球減少症の発生率が高くなった。

感染症

  • 午前投与群:16.7%
  • 午後投与群:2.4%

発熱性好中球減少症

  • 午前投与群:20.8%
  • 午後投与群:9.8%

結論

女性のDLBCL患者において、 午後にR-CHOPを投与することは、 有効性と生存率を向上させるとともに、 毒性を軽減しうる。

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【JCI Insight】DLBCL女性患者へのR-CHOP療法、 午後の投与で有効性が向上?