【JAVELIN Renal 101試験】腎細胞癌に対する アベルマブ+アキシチニブ
著者

HOKUTO編集部

8ヶ月前

【JAVELIN Renal 101試験】腎細胞癌に対する アベルマブ+アキシチニブ

【JAVELIN Renal 101試験】腎細胞癌に対する アベルマブ+アキシチニブ
未治療の進行又は転移腎細胞癌 (淡明細胞型) 患者において、 アベルマブとアキシチニブの併用療法の効果を、 スニチニブ単独療法を対照に検証した比較試験JAVELIN Renal 101の結果より、 無増悪生存期間 (PFS) および奏効率 (ORR) に対する有益性が示された。

原著論文

▼中間解析結果

Avelumab plus Axitinib versus Sunitinib for Advanced Renal-Cell Carcinoma. N Engl J Med. 2019 Mar 21;380(12):1103-1115. PMID: 30779531

▼追跡結果

Updated efficacy results from the JAVELIN Renal 101 trial: first-line avelumab plus axitinib versus sunitinib in patients with advanced renal cell carcinoma. Ann Oncol. 2020 Aug;31(8):1030-1039. PMID: 32339648

関連レジメン

【JAVELIN Renal 101試験】腎細胞癌に対する アベルマブ+アキシチニブ

>>減量・休薬基準や専門医コメントを見る


JAVELINRenal101試験の概要

対象

未治療の進行又は転移腎細胞癌 (淡明細胞型) 患者

方法

886例を以下の2群に1:1で割り付けた。

  • アベルマブ+アキシチニブ群 (442例)
アベルマブ10mg/kgを2週毎静注+アキシチニブ5㎎を1日2回経口投与
  • スニチニブ群 (444例)
スニチニブ50㎎を1日1回4週間経口投与後、 2週休薬

評価項目

  • 主要評価項目:PD-L1陽性患者集団におけるPFS、 全生存期間 (OS) 
  • 副次評価項目:全患者集団におけるPFS・OS、 全奏効率 (ORR)、 奏効までの期間 (TTR) 、 奏効期間 (DR) 、 安全性

JAVELINRenal101試験の結果

患者背景

両群間で同様であった。

全症例の63.2%、 腫瘍組織サンプルが得られた症例の69.0%がPD-L1陽性腫瘍であった。

PFS中央値 (95%CI)

PD-L1陽性患者集団

  • アベルマブ+アキシチニブ群 :13.8ヵ月 (10.1-20.7ヵ月)
  • スニチニブ群:7.0ヵ月 (5.7-9.6ヵ月)
HR0.62 (95%CI 0.490-0.777)、 P<0.0001

全患者集団

  • アベルマブ+アキシチニブ群 :13.3ヵ月 (11.1-15.3ヵ月)
  • スニチニブ群:8.0ヵ月 (6.7-9.8ヵ月)
HR0.69 (95%CI 0.574-0.825)、 P<0.0001

OS中央値 (95%CI)

PD-L1陽性患者集団

  • アベルマブ+アキシチニブ群 :未到達
  • スニチニブ群:28.6ヵ月 (27.4ヵ月-推定不能)
HR0.83 (95%CI 0.596-1.151)、 P=0.1301

全患者集団

  • アベルマブ+アキシチニブ群 :未到達 (30.0ヵ月-推定不能)
  • スニチニブ群:未到達 (27.4ヵ月-推定不能)
HR0.80 (95%CI 0.616-1.027)、 P=0.0392

ORR (95%CI)

PD-L1陽性患者集団

  • アベルマブ+アキシチニブ群 :55.9% (49.8-61.9%)
  • スニチニブ群:27.2% (22.2-32.8%)

全患者集団

  • アベルマブ+アキシチニブ群 :52.5% (47.7-57.2%) 
  • スニチニブ群:27.3% (23.2-31.6%) 

TTR中央値 (95%CI)

PD-L1陽性患者集団

  • アベルマブ+アキシチニブ群 :2.0ヵ月 (1.2-20.7ヵ月)
  • スニチニブ群:3.1ヵ月 (1.2-12.5ヵ月)

全患者集団

  • アベルマブ+アキシチニブ群 :2.7ヵ月 (1.2-20.7ヵ月)
  • スニチニブ群:4.0ヵ月 (1.2-18.0ヵ月)

DR中央値 (95%CI)

PD-L1陽性患者集団

  • アベルマブ+アキシチニブ群 :18.5ヵ月 (17.8ヵ月-推定不能)
  • スニチニブ群:推定不能 (11.2ヵ月-推定不能)

全患者集団

  • アベルマブ+アキシチニブ群 :18.5ヵ月 (17.8ヵ月-推定不能)
  • スニチニブ群:推定不能 (16.4ヵ月-推定不能)

有害事象

治療関連AE (グレード3以上) の発現率

  • アベルマブ+アキシチニブ群 309例 (71.2%) 
  • スニチニブ群 314例 (71.5%)

著者らの結論

  • アベルマブとアキシチニブの併用療法は、 未治療の進行又は転移腎細胞癌患者の初回治療において、 スニチニブと比較し、 PFSに対する有益性を認め、 ORRを約2倍にすることを示した。
  • OSに関しては、 追跡期間が不十分であり評価できなかった。

ポストのGif画像
【JAVELIN Renal 101試験】腎細胞癌に対する アベルマブ+アキシチニブの全コンテンツはアプリからご利用いただけます。
臨床支援アプリHOKUTOをダウンロードしてご覧ください。
今すぐ無料ダウンロード!
こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【JAVELIN Renal 101試験】腎細胞癌に対する アベルマブ+アキシチニブ