【Lancet】I型またはII型遺伝性血管性浮腫、garadacimab投与で発作が減少
著者

海外ジャーナルクラブ

11ヶ月前

【Lancet】I型またはII型遺伝性血管性浮腫、garadacimab投与で発作が減少

【Lancet】I型またはII型遺伝性血管性浮腫、garadacimab投与で発作が減少
Craigらは、 I型またはII型遺伝性血管性浮腫患者を対象に、 活性化第XII因子 (FXIIa) を阻害するモノクローナル抗体garadacimab (CSL312) 月1回皮下投与の有効性と安全性を多施設共同二重盲検プラセボ対照第Ⅲ相ランダム化比較試験VANGUARDで検討 。 その結果、 garadacimabの月1回皮下投与は、 プラセボと比較して12歳以上の患者における遺伝性血管性浮腫の発作を有意に減少させた。 本研究はLancet誌において発表された。

原著

Efficacy and safety of garadacimab, a factor XIIa inhibitor for hereditary angioedema prevention (VANGUARD): a global, multicentre, randomised, double-blind, placebo-controlled, phase 3 trial.Lancet. 2023 Feb 28;S0140-6736(23)00350-1.PMID: 36868261

監修医師のコメント

タイトルに、 ”global”とついています。 この言葉は今後の国際的なRCTの枕詞として使われていく予感がします。


背景

遺伝性血管性浮腫は、 カリクレイン・キニン系の調節障害に関連する希ではあるが生命を脅かす可能性のある遺伝病である。 FXIIaを阻害する新規の完全ヒト型モノクローナル抗体であるgaradacimab (CSL312) は、 遺伝性血管性浮腫発作の予防を目的として研究が行われている。

研究デザイン

対象

I型またはII型遺伝性血管性浮腫の12歳以上患者

介入

患者は、 以下の群に3;2の割合でランダムに割り付けられた。

  • Garadacimab群:39例
  • プラセボ群:26例
治療1日目に400mgのガラダシマブ皮下投与または容量適合プラセボを受け、 その後、 200mgのガラダシマブ皮下投与または容量適合プラセボを毎月5回自己管理 (または介護者管理) により追加投与された。

主要評価項目

治療期間中 (1~182日目まで) に治験責任医師が評価した月間の遺伝性血管性浮腫発作回数

研究結果

主要評価項目

治療期間中に確認された遺伝性血管性浮腫の平均発作数は、 garadacimab群の方がプラセボ群より有意に低かった (P<0.0001)。

  • Garadacimab群: 0.27回
95%CI 0.05-0.49
  • プラセボ群: 2.01回
95%CI 1.44-2.57
  • 平均差: -87%
95%CI -96--58、 P<0-0001

1カ月あたりの遺伝性血管性浮腫の発作回数の中央値

  • Garadacimab群:0回 
IQR 0.00-0.31
  • プラセボ群:1.35回 
IQR 1.00-3.20

安全性評価

最も多かった治療起因性の有害事象は、 上気道感染症、 鼻咽頭炎、 頭痛であった。

FXIIa阻害は、 出血や血栓塞栓イベントのリスク増加とは関連していなかった。

結果の解釈

Garadacimabの月1回皮下投与は、 プラセボと比較して12歳以上の患者における遺伝性血管性浮腫の発作を有意に減少させ、 好ましい安全性を有していた。 今回の結果は、 青年および成人における遺伝性血管性浮腫の治療のための予防的療法としてのgaradacimab の使用を支持するものである。

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【Lancet】I型またはII型遺伝性血管性浮腫、garadacimab投与で発作が減少