著者

最新薬剤情報 & 使い分け

3日前

オピオイド換算表:HOKUTOなら換算量だけでなく、薬剤添付文書もすぐに確認できます


本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません.  個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください.


オピオイド換算表とは?

  • オピオイド換算表は、各薬剤各投与経路の生体内利用率から決定される.
  • これらの換算比に関しては、これまでに多くの報告があるが、数値にはばらつきがある.
  • 換算表はあくまで目安であり、患者個人にあわせた投与量調整が必要である.

エビデンス

使用上の注意点

  • 多くの報告は、痛みが安定した患者に対するモルヒネ単回投与の結果に基づいた数値であることに注意が必要である.
  • 実際にはそれぞれの痛みの性状経過代謝能力などの個別性に応じて、副作用を観察した上で細かい調整を要する.

薬剤添付文書へのリンク (一部)

モルヒネ

【経口】MSコンチン®︎錠 (10/30/60)

【経口】モルペス®︎細粒 (2%/6%)

【経口】MSツワイスロン®︎カプセル (10/30/60)

【坐剤】アンペック®︎坐剤 (10/20/30)

【静注】プレペノン®︎注 (100)

【静注】アンペック®︎注 (10/50/200)

コデイン

【経口】コデインリン酸塩錠 (5/20)

トラマドール

【経口】トラマール®︎OD錠 (25/50)

【経口】ワントラム®︎錠 (100)

ヒドロモルフォン

【経口】ナルサス®︎錠 (2/6/12/24)

【経口】ナルラピド®︎錠 (1/2/4)

【静注】ナルベイン®︎注 (2/20)

オキシコドン

【経口】オキシコンチン®︎TR錠 (5/10/20/40)

【経口】オキノーム®︎散 (2.5/5/10/20)

【静注】オキファスト®︎注 (10/50)

フェンタニル

【経皮】フェントス®︎テープ (0.5~8)

【経皮】デュロテップ®︎MT (2.1~16.8)

【静注】フェンタニル注射液 (0.1~0.5)

タペンタドール

【経口】タペンタ®︎錠 (25/50/100)


薬の使い分けシリーズ

ステロイド外用薬の相対的力価


HIF-PH阻害薬:腎性貧血の経口治療薬


今知っておきたい湿布薬の使い分け


最終更新:2022年4月22日
監修医師:聖路加国際病院救急部 清水真人

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
聖路加国際病院 救急部 清水真人先生
聖路加国際病院
救急部 清水真人先生

2013年慶應義塾大学医学部を卒業。初期臨床研修修了後、2015年聖路加国際病院救急部入局。就任間もなく聖路加ベストティーチャー賞を連続受賞。救急・集中治療、 医学教育を専門とする他、Webツールの医療現場での利用に精通し、 複数の雑誌で連載を行う。

聖路加国際病院 救急部 清水真人先生
聖路加国際病院
救急部 清水真人先生

2013年慶應義塾大学医学部を卒業。初期臨床研修修了後、2015年聖路加国際病院救急部入局。就任間もなく聖路加ベストティーチャー賞を連続受賞。救急・集中治療、 医学教育を専門とする他、Webツールの医療現場での利用に精通し、 複数の雑誌で連載を行う。

聖路加国際病院
アプリ、web版でノートを開いたときのイメージ

HOKUTOをご利用いただくには

アプリからの新規登録が必要です。

アプリでの新規登録完了後、アプリ版の全機能と、

Web版のノート機能をご利用いただけるようになります。

※Web版のノート以外の機能は現在開発中です。

今すぐ無料ダウンロード!