医局の力を借りて人脈を作るポイント
著者

寄稿ライター

21日前

医局の力を借りて人脈を作るポイント

医局の力を借りて人脈を作るポイント
医局ウォッチャーこと、 コアライ ミナトです。 連載9回目のテーマは 「医局と人脈(コネクション)」。 様々な医師と知り合う機会が増えるのは、 医局に属するメリットの1つですよね。 せっかくならば、 それを享受したいものですが…。 

実はコミュ障な僕

人脈なんていうと大仰ですが、 ちょっとした時に助け合える関係はいいものですし、 懇親会などで 「この前はどうも」 と色々な人と話せたら、 楽しいですよね。

こんなことを言っていますが、 僕は人と接するのがとても苦手な、 いわゆるコミュ障です。

医局員時代、 教授や医局長が他大学の偉い先生を紹介してくれたものですが、 当初はそれを活かすことができていませんでした。

医局の力を借りて人脈を作るポイント
写真はイメージです

「こちらは〇〇教授。 ●●の専門家だから、 よく話を聞いておきなさい (さあ関係性を築け!)」

みたいな圧 (?) がとても苦手でした。 恐縮するばかりで、 話は全く盛り上がらず、 数分後に 「では…」 とお別れしたものです。

一緒に仕事をするのが一番

そんなことを続けているうちに、 1つのコツに気づきました。 「一緒に仕事をすること」 です。

医局の力を借りて人脈を作るポイント
写真はイメージです

研究やちょっとした臨床上の相談など、 内容はなんでも構いません。 まだ若手で、 仕事という形が難しければ、

  • 勉強しに行かせてください
  • カンファレンスにお邪魔していいですか
  • 若手同士で勉強会をしましょう

でもOK。 それをきっかけに共通の話題ができますし、 きちんとこなせば信頼にもつながります。

約束は社交辞令で終わらせない

一緒に仕事をする上で、 最も重要なポイントは 「社交辞令で終わらせず、 必ず約束を守ること」 です。

医局の力を借りて人脈を作るポイント
写真はイメージです

例えば 「勉強に行かせてください」 と伝えた場合、  実際に行かなかったとしても相手に何の損もありませんし、 行くことでむしろ相手に労力がかかることさえあります。 それでもきちんと 「約束を守る」 ことは信頼につながるようです。

定期的に足を運ぶ関係性になれるのがベストです。 ここでも重要なのは約束を守ること。 週1回、 月1回など決めたらなるべく休まないこと。 この継続性が、 強い信頼につながります。 ここまで進めば、 もう身内も同然ですね。

まとめ

「医局の力を借りて人脈を作るポイント」 を解説しました。 これを継続することで、 コミュ障の僕でも 「常勤だろうがバイトだろうが、 もしポストを失っても、 代わりは早々にみつかりそう」 という状況を作れています。

この方法は医局を離れてからも有効だとも感じています。 参考になりましたら、 幸いです。

今回は以上です。

医局の力を借りて人脈を作るポイント

>>著者が運営するブログはコチラ : 「勤務医のマーチ

HOKUTO関連コンテンツ

ポストのGif画像
医局の力を借りて人脈を作るポイントの全コンテンツはアプリからご利用いただけます。
臨床支援アプリHOKUTOをダウンロードしてご覧ください。
今すぐ無料ダウンロード!
こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
医局の力を借りて人脈を作るポイント