著者

海外ジャーナルクラブ

61日前

【BMJ】大腸手術の手術部位感染、抗菌薬経口投与で有意に減少

Futierらは、 待機的大腸手術が予定されている成人を対象に、 抗菌薬経口投与による術後の手術部位感染 (SSI) の減少効果を検討する多施設共同無作為化二重盲検プラセボ対照試験を実施。 その結果、 待機的大腸手術を受ける成人において、 術前にオルニダゾール1gを単回投与することにより、 手術部位感染症が有意に減少した。 本研究はBMJ誌において発表された。

📘原著論文

Effect of oral antimicrobial prophylaxis on surgical site infection after elective colorectal surgery: multicentre, randomised, double blind, placebo controlled trial. BMJ. 2022 Nov 3;379:e071476.PMID: 36328372

👨‍⚕️HOKUTO監修医コメント

経口の抗菌薬内服追加でSSI減少が得られるという注目の研究ですが、 嫌気性菌のcompleteカバーという意味で、 そもそも静注薬のcefoxitinには大きな疑問が残ります。


研究デザイン

対象

待機的大腸手術が予定されている成人患者:926名。

介入

手術前の抗菌薬静脈内投与に加え、 手術12時間前にオルニダゾール1g単回投与 (463名) またはプラセボ (463名) のいずれかを経口投与する群に無作為に割り付けた。

主要評価項目

術後30日以内に手術部位感染症を発症した患者の割合。

副次評価項目

術後30日以内の個々の手術部位感染症の種類と術後主要合併症 (Clavien-Dindo分類でグレード3以上) を評価。

研究結果

術後30日以内の手術部位感染

  • 経口予防投与群:13%
  • プラセボ群:22%
絶対差:-8.6%、 95%CI -13.5--3.8%、 相対リスク:0.60、 95%CI 0.45-0.80

深部感染症患者の割合

  • 経口予防投与群:4.8%
  • プラセボ群:8.0%
絶対差:-3.2%、 95%CI -6.4--0.1%

臓器・体腔感染

  • 経口予防投与群:5.0%
  • プラセボ群:8.4%
絶対差-3.4%、 95%CI -6.7--0.2%

術後の重大な合併症

  • 経口予防投与群:9.1%
  • プラセボ群:13.6%
絶対差:-4.5%、 95%CI -8.6%--0.5%

結論

待機的大腸手術を受ける成人において、 プラセボと比較して、 術前にオルニダゾール1 gを単回投与することにより、 手術部位感染症が有意に減少した。

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師

あなたは医師もしくは医療関係者ですか?

HOKUTOへようこそ。当サイトでは、医師の方を対象に株式会社HOKUTOの臨床支援コンテンツを提供しています。