著者

HOKUTO編集部

97日前

【緊急気道管理まとめ】語呂合わせやMallampati分類などのイラストを追加!


ERマニュアル「緊急気道管理」に、Mallampati分類、Cormack分類を追加しました. HOKUTO編集部では、 医師、医学生らの協力でコンテンツ及びイラストの制作も行っています. ご希望の図表や計算ツールがございましたら、ぜひコメントをお寄せ下さい.

挿管困難の予測『LEMONS』

  • Look Externelly:肥満・小顎・突出した歯
  • Evaluate:3−3−2ルールの確認
  • Mallampati:Mallampati分類
  • Obstruction:気道閉塞の有無 (血腫・外傷)
  • Neck mobility:頸部可動性
  • Saturation:酸素飽和度

3−3−2ルール

以下に該当すると挿管困難リスクが高い.

  • A 開口幅≦3横指
  • B 下顎先端-舌骨間≦3横指
  • C 甲状切痕-下顎下面≦2横指

Mallampati分類|喉頭展開前

喉頭展開前に挿管困難を簡易的に予測. 開口し舌を出させた状態で口蓋垂の見え具合を分類. ClassⅢ以上は挿管困難リスク!

  • Class Ⅰ:よく見える
  • Class Ⅱ:口蓋垂の先端が隠れる
  • Class Ⅲ:軟口蓋と口蓋垂の基部のみ
  • Class Ⅳ:軟口蓋が見えず, 硬口蓋のみ

Cormack分類|喉頭展開後

喉頭展開後に挿管困難を予測. 主に麻酔下喉頭展開後に声帯、喉頭蓋の見え具合を分類. Grade3以上は挿管困難リスク!

  • Grade1:声帯全体
  • Grade2:声帯の一部
  • Grade3:声帯が見えない
  • Grade4:喉頭蓋も見えない


続きは、ERマニュアル-緊急気道管理-を御覧ください!



こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
聖路加国際病院 救急部 清水真人先生
聖路加国際病院
救急部 清水真人先生

2013年慶應義塾大学医学部を卒業。初期臨床研修修了後、2015年聖路加国際病院救急部入局。就任間もなく聖路加ベストティーチャー賞を連続受賞。救急・集中治療、 医学教育を専門とする他、Webツールの医療現場での利用に精通し、 複数の雑誌で連載を行う。

聖路加国際病院 救急部 清水真人先生
聖路加国際病院
救急部 清水真人先生

2013年慶應義塾大学医学部を卒業。初期臨床研修修了後、2015年聖路加国際病院救急部入局。就任間もなく聖路加ベストティーチャー賞を連続受賞。救急・集中治療、 医学教育を専門とする他、Webツールの医療現場での利用に精通し、 複数の雑誌で連載を行う。

聖路加国際病院
アプリ、web版でノートを開いたときのイメージ

HOKUTOをご利用いただくには

アプリからの新規登録が必要です。

アプリでの新規登録完了後、アプリ版の全機能と、

Web版のノート機能をご利用いただけるようになります。

※Web版のノート以外の機能は現在開発中です。

今すぐ無料ダウンロード!