薬剤情報
後発品
薬効分類抗悪性腫瘍薬 > 代謝拮抗薬
一般名アザシチジン注射用
薬価23138
メーカー日本化薬
最終更新2022年08月改訂(第3版)

用法・用量

通常、成人にはアザシチジンとして75mg/㎡(体表面積)を1日1回7日間皮下投与又は10分かけて点滴静注し、3週間休薬する。これを1サイクルとし、投与を繰り返す。なお、患者の状態により適宜減量する。

用法・用量に関連する注意

(用法及び用量に関連する注意)

7.1. 〈効能共通〉原則として皮下投与を行い、出血傾向等により皮下投与が困難な場合は、点滴静注を行うこと。

7.2. 〈効能共通〉本剤の投与については、次の基準を目安に、適切に減量、治療開始の延期(休薬)及び投与中止の判断を行うこと。

7.2.1. 〈効能共通〉グレード3以上の非血液毒性が発現した場合、治療開始前の状態に回復するまで休薬し、次サイクル開始予定日から21日以内に回復しない場合、又は当該毒性が重篤化した場合は投与を中止する(グレードはCTCAEに準じる)。

7.2.2. 〈効能共通〉血液学的検査値による投与量調節〔8.1参照〕

(1). 〈効能共通〉治療開始前値が白血球3000・好中球1500・血小板75000/mm3以上全てを満たす患者で、当該サイクルの最低値が好中球数1000/mm3未満又は血小板数50000/mm3未満:①治療開始前値からの減少量の50%が回復した後、次サイクルを開始する、②14日以内に回復しない場合、次サイクル投与量を50%量に減量する。

(2). 〈効能共通〉治療開始前値が白血球数3000/mm3未満、好中球数1500/mm3未満又は血小板数75000/mm3未満のいずれかに該当する患者で、当該サイクルの最低値が白血球数が治療開始前値の50%以下、好中球数が治療開始前値の50%以下又は血小板数が治療開始前値の50%以下にいずれかが減少(ただし、同時にいずれかに輸血等の処置なしで当該サイクル開始時よりも増加が認められる場合は該当しない):①治療開始前値からの減少量の50%が回復した後、次サイクルを開始する、②14日以内に回復しない場合、骨髄細胞密度50%超は100%量で継続する、骨髄細胞密度15%以上50%以下で21日以内に回復しない場合、50%量に減量する、骨髄細胞密度15%未満で21日以内に回復しない場合、33%量に減量する。

回復:血球数≧最低値+[0.5×(治療開始前値−最低値)]。

7.2.3. 〈効能共通〉腎機能及び血清電解質による投与量調節〔8.2参照〕

1). 〈効能共通〉当該サイクルの血清重炭酸塩20mEq/L未満<静脈血>:次サイクル投与量を50%量に減量する。

2). 〈効能共通〉当該サイクルのBUNが施設基準値上限を超え治療開始前値の2倍以上又は血清クレアチニンが施設基準値上限を超え治療開始前値の2倍以上に上昇:施設基準値又は治療開始前値に回復した後、次サイクル投与量を50%量に減量する。

7.3. 〈骨髄異形成症候群〉他の抗悪性腫瘍剤との併用について、有効性及び安全性は確立していない。

7.4. 〈急性骨髄性白血病〉ベネトクラクス以外の抗悪性腫瘍剤との併用による有効性及び安全性は確立していない。

効能・効果

1). 骨髄異形成症候群。

2). 急性骨髄性白血病。

効能・効果に関連する注意

(効能又は効果に関連する注意)

「17.臨床成績」の項の内容を熟知し、本剤の有効性及び安全性を十分に理解した上で、適応患者の選択を行うこと〔17.1.1−17.1.5参照〕。

副作用

次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

重大な副作用

11.1. 重大な副作用

11.1.1. 骨髄抑制:好中球減少症(発熱性好中球減少症を含む)(49.5%)、血小板減少症(32.6%)、白血球減少症(20.0%)、貧血(13.7%)、赤血球減少症(4.8%)、リンパ球減少症(5.2%)、単球減少症(1.1%)、汎血球減少症(0.7%)、無顆粒球症(頻度不明)等があらわれることがある〔8.1、9.1.1参照〕。

11.1.2. 感染症:肺炎(11.7%)、敗血症(4.2%)等の感染症があらわれることがある。

11.1.3. 出血:脳出血(頻度不明)、頭蓋内出血(頻度不明)、消化管出血(0.3%)、眼出血(頻度不明)、血尿(0.7%)、処置後出血(頻度不明)等があらわれることがある。

11.1.4. 間質性肺疾患(頻度不明):異常が認められた場合には、胸部X線、胸部CT等の検査を実施し、間質性肺疾患が疑われた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと〔8.3参照〕。

11.1.5. 心障害:心房細動(1.3%)、心不全(0.9%)等の心障害があらわれることがあるので、観察を十分に行い、症状や徴候がみられた場合には速やかに検査を行い、投与を中止するなど、適切な処置を行うこと。

11.1.6. ショック、アナフィラキシー(いずれも頻度不明):バイタルサインのモニタリングや自他覚症状など、観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

11.1.7. 肝機能障害、黄疸:ALT増加(5.2%)、AST増加(4.8%)、ALP増加(3.5%)、血中ビリルビン増加(4.2%)、γ−GTP増加(0.3%)等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがある。

11.1.8. 腎不全(0.7%)、腎尿細管性アシドーシス(頻度不明):腎不全、腎尿細管性アシドーシス等の腎障害があらわれることがある〔8.2参照〕。

11.1.9. 低血圧:低血圧(1.5%)、起立性低血圧(頻度不明)があらわれることがある。

11.1.10. 腫瘍崩壊症候群(0.3%):異常が認められた場合には、適切な処置(生理食塩液、高尿酸血症治療剤等の投与、透析等)を行うとともに、症状が回復するまで患者の状態を十分に観察すること〔8.4参照〕。

その他の副作用

11.2. その他の副作用

1). 感染症:(1〜10%未満)咽頭炎(上咽頭炎含む)、菌血症、口腔カンジダ症、尿路感染、肺感染、上気道感染、気管支炎、蜂巣炎、口腔ヘルペス、(1%未満)敗血症性ショック、副鼻腔炎(急性副鼻腔炎含む)、感染、皮膚感染、腸球菌感染、帯状疱疹、歯周炎、クロストリジウム・ディフィシレ大腸炎、膀胱炎、消化管感染、歯肉炎、肛門膿瘍、白癬感染、気道感染、医療機器関連感染、肛門直腸蜂巣炎、気管支肺アスペルギルス症、憩室炎、せつ、喉頭炎、肝膿瘍、下気道感染、リンパ管炎、偽膜性大腸炎、中咽頭カンジダ症、大腸菌性尿路感染、好中球減少性感染、クレブシエラ感染、カンジダ感染、(頻度不明)単純ヘルペス、鼻炎、ブラストミセス症、トキソプラズマ症、四肢膿瘍、直腸周囲膿瘍。

2). 血液:(1〜10%未満)ヘモグロビン減少、ヘマトクリット減少、(1%未満)血小板増加症、骨髄機能不全、好塩基球増加症、顆粒球減少症、リンパ球増加症、単球増加症、好酸球増加症、白血球増加症、アンチトロンビン3減少、血球減少症、活性化部分トロンボプラスチン時間延長、平均赤血球ヘモグロビン濃度減少、芽球細胞数増加。

3). 代謝異常:(10%以上)食欲減退、(1〜10%未満)低カリウム血症、LDH増加、低リン酸血症、低アルブミン血症、血中ブドウ糖増加、総蛋白減少、高尿酸血症、低ナトリウム血症、(1%未満)高リン酸塩血症、高カリウム血症、低カルシウム血症、低マグネシウム血症、血中重炭酸塩減少・血中重炭酸塩増加、血中尿酸減少、水分過負荷、血中クロール増加、糖尿病、痛風、高カルシウム血症、(頻度不明)血中クロール減少。

4). 精神神経系:(1〜10%未満)頭痛、浮動性めまい、味覚異常、(1%未満)不眠症、錯乱状態、回転性めまい、睡眠障害、譫妄、うつ病、睡眠の質低下、(頻度不明)不安、嗜眠、意識障害。

5). 眼:(1〜10%未満)結膜出血、(1%未満)眼乾燥、視力障害、眼瞼炎、眼充血、結膜充血。

6). 循環器:(1%未満)高血圧、動悸、心膜炎、頻脈(洞性頻脈含む)、心房粗動、心室性期外収縮。

7). 呼吸器:(1〜10%未満)鼻出血、呼吸困難、口腔咽頭痛、咳嗽、(1%未満)胸水、上気道炎症、口腔咽頭不快感、急性呼吸不全、労作性呼吸困難、喀血、呼吸不全、低酸素症、肺障害、鼻閉、肺臓炎、湿性咳嗽、鼻漏、(頻度不明)肺浸潤。

8). 消化器:(10%以上)悪心、便秘、嘔吐、下痢、(1〜10%未満)口内炎、腹痛、腹部膨満、上腹部痛、痔核、消化不良、口唇炎(口角口唇炎含む)、(1%未満)腹部不快感、口腔内出血、口腔内潰瘍形成、胃炎(慢性胃炎含む)、口唇乾燥、歯周病、肛門周囲痛、下腹部痛、胃食道逆流性疾患、歯肉出血、裂肛、嚥下障害、歯肉痛、歯肉腫脹、舌炎、口腔内痛、歯痛、軟便、アフタ性潰瘍、齲歯、口内乾燥、腸炎、胃潰瘍、メレナ、舌苔、痔出血、肛門びらん。

9). 皮膚:(1〜10%未満)発疹、皮膚そう痒症(全身性そう痒症含む)、紅斑、点状出血、アレルギー性皮膚炎、(1%未満)紫斑、脱毛症、皮膚乾燥、斑状出血、斑状丘疹状皮疹、皮膚水疱(皮膚血性水疱含む)、紅斑性皮疹、接触皮膚炎、薬疹、湿疹、皮脂欠乏性湿疹、皮膚反応、皮膚潰瘍、皮膚腫瘤、皮膚炎、皮下出血、寝汗、全身性皮疹、斑状皮疹、丘疹性皮疹、蕁麻疹、(頻度不明)皮膚小結節、皮膚硬結、好中球浸潤・有痛性紅斑・発熱を伴う皮膚障害(Sweet症候群)。

10). 腎臓及び尿路系:(1〜10%未満)血中クレアチニン増加、尿中蛋白陽性、尿中血陽性、(1%未満)急性腎障害、腎機能障害、尿閉、頻尿、慢性腎臓病、尿中ブドウ糖陽性、血中尿素増加、(頻度不明)排尿困難。

11). その他:(10%以上)注射部位反応(注射部位紅斑、注射部位発疹、注射部位そう痒感、注射部位硬結等)、発熱、(1〜10%未満)疲労、倦怠感、体重減少、脱力感、浮腫(末梢性浮腫含む)、挫傷、四肢痛、粘膜炎症、血腫、背部痛、CRP増加、(1%未満)疼痛、悪寒、脱水、関節痛、筋痙縮、筋力低下、胸痛、末梢腫脹、転倒、筋肉痛、末梢性ニューロパチー、異常感、全身健康状態低下、胆石症、骨痛、錯感覚、失神、胸部不快感、炎症、非心臓性胸痛、胆嚢炎、関節炎、腱鞘炎、失神寸前状態、痙攣発作、振戦、蒼白、静脈炎、表在性静脈炎、血管炎、ほてり、(頻度不明)カテーテル留置部位反応(カテーテル留置部位紅斑、カテーテル留置部位出血、カテーテル留置部位感染等)、脾腫、筋骨格痛、頚部痛、筋骨格系胸痛。

警告

本剤は、緊急時に十分対応できる医療施設において、造血器悪性腫瘍の治療に対して十分な知識・経験を持つ医師のもとで、本剤の投与が適切と判断される症例についてのみ投与すること。また、本剤による治療開始に先立ち、患者又はその家族に有効性及び危険性を十分に説明し、同意を得てから投与を開始すること。

禁忌

2.1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。

2.2. 妊婦又は妊娠している可能性のある女性〔9.5妊婦の項参照〕。

重要な基本的注意

8.1. 血小板減少、好中球減少及び貧血があらわれることがあるので、本剤投与前及び投与中は血液検査(血球数算定、白血球分画測定等)を定期的に行い、患者の状態を十分観察すること〔7.2.2、11.1.1参照〕。

8.2. 腎障害があらわれることがあるので、定期的に血清重炭酸塩(静脈血)や腎機能の推移を確認すること〔7.2.3、11.1.8参照〕。

8.3. 間質性肺疾患があらわれることがあるので、咳嗽、呼吸困難、発熱等の臨床症状を十分に観察すること〔11.1.4参照〕。

8.4. 腫瘍崩壊症候群があらわれることがあるので、血清中電解質濃度及び腎機能検査を行うなど、患者の状態を十分に観察すること〔11.1.10参照〕。

(特定の背景を有する患者に関する注意)

(合併症・既往歴等のある患者)

9.1.1. 感染症を合併している患者:骨髄抑制により感染症が増悪することがある〔11.1.1参照〕。

(腎機能障害患者)

腎機能障害患者〔16.6.1参照〕。

(肝機能障害患者)

転移性癌による広範な腫瘍病変<特に血清アルブミン値3.0g/dL未満>を有する患者に対し本剤を投与中、進行性肝性昏睡により死亡に至った例が報告されている。

(生殖能を有する者)

9.4.1. 妊娠する可能性のある女性:妊娠する可能性のある女性には、本剤投与中及び投与終了後一定期間は、適切な避妊を行うよう指導すること〔9.5妊婦の項参照〕。

9.4.2. 生殖可能な年齢の患者に投与する必要がある場合には、性腺に対する影響を考慮すること(動物実験(マウス及びラット)で、ヒトの臨床用量を下回る用量で、本剤を投与した雄で精巣毒性が認められ、交配した雌の妊娠率の低下、異常胚の増加及び胚死亡の増加が認められている)。

9.4.3. パートナーが妊娠する可能性のある男性:パートナーが妊娠する可能性のある男性には、本剤投与中及び投与終了後一定期間は、適切な避妊を行うよう指導すること〔15.2.2参照〕。

高齢者

患者の状態を観察しながら慎重に投与すること(一般に生理機能が低下していることが多い)。

妊婦・授乳婦

(妊婦)

妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、投与しないこと(動物実験(マウス及びラット)で、ヒトの臨床用量を下回る用量で、胚死亡・胎仔死亡及び胚奇形・胎仔奇形の発生が報告されている)〔2.2、9.4.1参照〕。

(授乳婦)

授乳しないことが望ましい(本剤が乳汁に移行する可能性があり、乳児が乳汁を介して本剤を摂取した場合、乳児に重篤な副作用が発現するおそれがある)。

小児等

小児等を対象とした臨床試験は実施していない。

適用上の注意、取扱い上の注意

(適用上の注意)

14.1. 薬剤調製時の注意

14.1.1. 取扱い時にはゴム手袋、防護メガネ等の着用が望ましい。眼や皮膚に薬液が付着した場合は直ちに多量の水で十分に洗浄し、医師の診断を受けるなど、適切な処置を行うこと。

14.1.2. 注射液の調製法

(1). 皮下投与の場合、1バイアルにつき6mLの注射用水を注入し、バイアルを激しく振り混ぜて均一に懸濁させる。

(2). 点滴静注の場合、1バイアルにつき15mLの注射用水を注入し、バイアルを激しく振り混ぜて完全に溶解し、溶解液の必要量を生理食塩液(0.9%塩化ナトリウム注射液)又は乳酸リンゲル液50mLに混合すること。

14.1.3. 5%ブドウ糖注射液、ヘタスターチを含む溶液及び重炭酸塩を含む溶液とは配合禁忌である(本剤の分解を促進する可能性がある)。

14.1.4. 本剤のバイアルは1回使い切りであり、残液をその後の投与に使用しないこと。

14.1.5. 本剤は用時調製し、調製から1時間以内に投与を終了すること[安定性が低下するため]。

14.2. 薬剤投与時の注意

14.2.1. 皮下投与では、投与直前に注射用シリンジ内の懸濁液を、両掌に挟んで激しく転がすなどの方法で再度均一に懸濁させること。なお、皮下投与では、懸濁液を冷蔵条件下(2〜8℃)で8時間まで保存することができる。冷蔵条件から取り出した懸濁液は、30分以内に投与することとし、室温に戻した後、投与直前に注射用シリンジ内の懸濁液を、両掌に挟んで激しく転がすなどの方法で再度懸濁させて投与すること。

14.2.2. 皮下投与の場合、投与量に応じて、複数箇所に分けて投与すること。

その他の注意

15.2. 非臨床試験に基づく情報

15.2.1. 動物実験(マウス及びラット)で、造血器系腫瘍、リンパ系器官腫瘍、肺腫瘍、乳腺腫瘍、精巣腫瘍、皮膚腫瘍(投与部位周囲腫瘍)等の腫瘍発生が報告されている。

15.2.2. 細菌を用いた復帰突然変異試験、並びにヒトリンパ芽球及びマウスリンパ腫細胞を用いた遺伝子突然変異試験で変異原性、マウスリンパ腫及びハムスター胚由来線維芽細胞を用いた小核試験で小核誘発性、マウス白血病細胞を用いた染色体異常試験で染色体異常誘発性が報告されている〔9.4.3参照〕。

貯法

(保管上の注意)

室温保存。

HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師

アザシチジン注射用150mg「NK」

抗悪性腫瘍薬 > 代謝拮抗薬
2022年08月改訂(第3版)
薬剤情報
後発品
薬効分類抗悪性腫瘍薬 > 代謝拮抗薬
一般名アザシチジン注射用
薬価23138
メーカー日本化薬
最終更新2022年08月改訂(第3版)

用法・用量

通常、成人にはアザシチジンとして75mg/㎡(体表面積)を1日1回7日間皮下投与又は10分かけて点滴静注し、3週間休薬する。これを1サイクルとし、投与を繰り返す。なお、患者の状態により適宜減量する。

用法・用量に関連する注意

(用法及び用量に関連する注意)

7.1. 〈効能共通〉原則として皮下投与を行い、出血傾向等により皮下投与が困難な場合は、点滴静注を行うこと。

7.2. 〈効能共通〉本剤の投与については、次の基準を目安に、適切に減量、治療開始の延期(休薬)及び投与中止の判断を行うこと。

7.2.1. 〈効能共通〉グレード3以上の非血液毒性が発現した場合、治療開始前の状態に回復するまで休薬し、次サイクル開始予定日から21日以内に回復しない場合、又は当該毒性が重篤化した場合は投与を中止する(グレードはCTCAEに準じる)。

7.2.2. 〈効能共通〉血液学的検査値による投与量調節〔8.1参照〕

(1). 〈効能共通〉治療開始前値が白血球3000・好中球1500・血小板75000/mm3以上全てを満たす患者で、当該サイクルの最低値が好中球数1000/mm3未満又は血小板数50000/mm3未満:①治療開始前値からの減少量の50%が回復した後、次サイクルを開始する、②14日以内に回復しない場合、次サイクル投与量を50%量に減量する。

(2). 〈効能共通〉治療開始前値が白血球数3000/mm3未満、好中球数1500/mm3未満又は血小板数75000/mm3未満のいずれかに該当する患者で、当該サイクルの最低値が白血球数が治療開始前値の50%以下、好中球数が治療開始前値の50%以下又は血小板数が治療開始前値の50%以下にいずれかが減少(ただし、同時にいずれかに輸血等の処置なしで当該サイクル開始時よりも増加が認められる場合は該当しない):①治療開始前値からの減少量の50%が回復した後、次サイクルを開始する、②14日以内に回復しない場合、骨髄細胞密度50%超は100%量で継続する、骨髄細胞密度15%以上50%以下で21日以内に回復しない場合、50%量に減量する、骨髄細胞密度15%未満で21日以内に回復しない場合、33%量に減量する。

回復:血球数≧最低値+[0.5×(治療開始前値−最低値)]。

7.2.3. 〈効能共通〉腎機能及び血清電解質による投与量調節〔8.2参照〕

1). 〈効能共通〉当該サイクルの血清重炭酸塩20mEq/L未満<静脈血>:次サイクル投与量を50%量に減量する。

2). 〈効能共通〉当該サイクルのBUNが施設基準値上限を超え治療開始前値の2倍以上又は血清クレアチニンが施設基準値上限を超え治療開始前値の2倍以上に上昇:施設基準値又は治療開始前値に回復した後、次サイクル投与量を50%量に減量する。

7.3. 〈骨髄異形成症候群〉他の抗悪性腫瘍剤との併用について、有効性及び安全性は確立していない。

7.4. 〈急性骨髄性白血病〉ベネトクラクス以外の抗悪性腫瘍剤との併用による有効性及び安全性は確立していない。

効能・効果

1). 骨髄異形成症候群。

2). 急性骨髄性白血病。

効能・効果に関連する注意

(効能又は効果に関連する注意)

「17.臨床成績」の項の内容を熟知し、本剤の有効性及び安全性を十分に理解した上で、適応患者の選択を行うこと〔17.1.1−17.1.5参照〕。

副作用

次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

重大な副作用

11.1. 重大な副作用

11.1.1. 骨髄抑制:好中球減少症(発熱性好中球減少症を含む)(49.5%)、血小板減少症(32.6%)、白血球減少症(20.0%)、貧血(13.7%)、赤血球減少症(4.8%)、リンパ球減少症(5.2%)、単球減少症(1.1%)、汎血球減少症(0.7%)、無顆粒球症(頻度不明)等があらわれることがある〔8.1、9.1.1参照〕。

11.1.2. 感染症:肺炎(11.7%)、敗血症(4.2%)等の感染症があらわれることがある。

11.1.3. 出血:脳出血(頻度不明)、頭蓋内出血(頻度不明)、消化管出血(0.3%)、眼出血(頻度不明)、血尿(0.7%)、処置後出血(頻度不明)等があらわれることがある。

11.1.4. 間質性肺疾患(頻度不明):異常が認められた場合には、胸部X線、胸部CT等の検査を実施し、間質性肺疾患が疑われた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと〔8.3参照〕。

11.1.5. 心障害:心房細動(1.3%)、心不全(0.9%)等の心障害があらわれることがあるので、観察を十分に行い、症状や徴候がみられた場合には速やかに検査を行い、投与を中止するなど、適切な処置を行うこと。

11.1.6. ショック、アナフィラキシー(いずれも頻度不明):バイタルサインのモニタリングや自他覚症状など、観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

11.1.7. 肝機能障害、黄疸:ALT増加(5.2%)、AST増加(4.8%)、ALP増加(3.5%)、血中ビリルビン増加(4.2%)、γ−GTP増加(0.3%)等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがある。

11.1.8. 腎不全(0.7%)、腎尿細管性アシドーシス(頻度不明):腎不全、腎尿細管性アシドーシス等の腎障害があらわれることがある〔8.2参照〕。

11.1.9. 低血圧:低血圧(1.5%)、起立性低血圧(頻度不明)があらわれることがある。

11.1.10. 腫瘍崩壊症候群(0.3%):異常が認められた場合には、適切な処置(生理食塩液、高尿酸血症治療剤等の投与、透析等)を行うとともに、症状が回復するまで患者の状態を十分に観察すること〔8.4参照〕。

その他の副作用

11.2. その他の副作用

1). 感染症:(1〜10%未満)咽頭炎(上咽頭炎含む)、菌血症、口腔カンジダ症、尿路感染、肺感染、上気道感染、気管支炎、蜂巣炎、口腔ヘルペス、(1%未満)敗血症性ショック、副鼻腔炎(急性副鼻腔炎含む)、感染、皮膚感染、腸球菌感染、帯状疱疹、歯周炎、クロストリジウム・ディフィシレ大腸炎、膀胱炎、消化管感染、歯肉炎、肛門膿瘍、白癬感染、気道感染、医療機器関連感染、肛門直腸蜂巣炎、気管支肺アスペルギルス症、憩室炎、せつ、喉頭炎、肝膿瘍、下気道感染、リンパ管炎、偽膜性大腸炎、中咽頭カンジダ症、大腸菌性尿路感染、好中球減少性感染、クレブシエラ感染、カンジダ感染、(頻度不明)単純ヘルペス、鼻炎、ブラストミセス症、トキソプラズマ症、四肢膿瘍、直腸周囲膿瘍。

2). 血液:(1〜10%未満)ヘモグロビン減少、ヘマトクリット減少、(1%未満)血小板増加症、骨髄機能不全、好塩基球増加症、顆粒球減少症、リンパ球増加症、単球増加症、好酸球増加症、白血球増加症、アンチトロンビン3減少、血球減少症、活性化部分トロンボプラスチン時間延長、平均赤血球ヘモグロビン濃度減少、芽球細胞数増加。

3). 代謝異常:(10%以上)食欲減退、(1〜10%未満)低カリウム血症、LDH増加、低リン酸血症、低アルブミン血症、血中ブドウ糖増加、総蛋白減少、高尿酸血症、低ナトリウム血症、(1%未満)高リン酸塩血症、高カリウム血症、低カルシウム血症、低マグネシウム血症、血中重炭酸塩減少・血中重炭酸塩増加、血中尿酸減少、水分過負荷、血中クロール増加、糖尿病、痛風、高カルシウム血症、(頻度不明)血中クロール減少。

4). 精神神経系:(1〜10%未満)頭痛、浮動性めまい、味覚異常、(1%未満)不眠症、錯乱状態、回転性めまい、睡眠障害、譫妄、うつ病、睡眠の質低下、(頻度不明)不安、嗜眠、意識障害。

5). 眼:(1〜10%未満)結膜出血、(1%未満)眼乾燥、視力障害、眼瞼炎、眼充血、結膜充血。

6). 循環器:(1%未満)高血圧、動悸、心膜炎、頻脈(洞性頻脈含む)、心房粗動、心室性期外収縮。

7). 呼吸器:(1〜10%未満)鼻出血、呼吸困難、口腔咽頭痛、咳嗽、(1%未満)胸水、上気道炎症、口腔咽頭不快感、急性呼吸不全、労作性呼吸困難、喀血、呼吸不全、低酸素症、肺障害、鼻閉、肺臓炎、湿性咳嗽、鼻漏、(頻度不明)肺浸潤。

8). 消化器:(10%以上)悪心、便秘、嘔吐、下痢、(1〜10%未満)口内炎、腹痛、腹部膨満、上腹部痛、痔核、消化不良、口唇炎(口角口唇炎含む)、(1%未満)腹部不快感、口腔内出血、口腔内潰瘍形成、胃炎(慢性胃炎含む)、口唇乾燥、歯周病、肛門周囲痛、下腹部痛、胃食道逆流性疾患、歯肉出血、裂肛、嚥下障害、歯肉痛、歯肉腫脹、舌炎、口腔内痛、歯痛、軟便、アフタ性潰瘍、齲歯、口内乾燥、腸炎、胃潰瘍、メレナ、舌苔、痔出血、肛門びらん。

9). 皮膚:(1〜10%未満)発疹、皮膚そう痒症(全身性そう痒症含む)、紅斑、点状出血、アレルギー性皮膚炎、(1%未満)紫斑、脱毛症、皮膚乾燥、斑状出血、斑状丘疹状皮疹、皮膚水疱(皮膚血性水疱含む)、紅斑性皮疹、接触皮膚炎、薬疹、湿疹、皮脂欠乏性湿疹、皮膚反応、皮膚潰瘍、皮膚腫瘤、皮膚炎、皮下出血、寝汗、全身性皮疹、斑状皮疹、丘疹性皮疹、蕁麻疹、(頻度不明)皮膚小結節、皮膚硬結、好中球浸潤・有痛性紅斑・発熱を伴う皮膚障害(Sweet症候群)。

10). 腎臓及び尿路系:(1〜10%未満)血中クレアチニン増加、尿中蛋白陽性、尿中血陽性、(1%未満)急性腎障害、腎機能障害、尿閉、頻尿、慢性腎臓病、尿中ブドウ糖陽性、血中尿素増加、(頻度不明)排尿困難。

11). その他:(10%以上)注射部位反応(注射部位紅斑、注射部位発疹、注射部位そう痒感、注射部位硬結等)、発熱、(1〜10%未満)疲労、倦怠感、体重減少、脱力感、浮腫(末梢性浮腫含む)、挫傷、四肢痛、粘膜炎症、血腫、背部痛、CRP増加、(1%未満)疼痛、悪寒、脱水、関節痛、筋痙縮、筋力低下、胸痛、末梢腫脹、転倒、筋肉痛、末梢性ニューロパチー、異常感、全身健康状態低下、胆石症、骨痛、錯感覚、失神、胸部不快感、炎症、非心臓性胸痛、胆嚢炎、関節炎、腱鞘炎、失神寸前状態、痙攣発作、振戦、蒼白、静脈炎、表在性静脈炎、血管炎、ほてり、(頻度不明)カテーテル留置部位反応(カテーテル留置部位紅斑、カテーテル留置部位出血、カテーテル留置部位感染等)、脾腫、筋骨格痛、頚部痛、筋骨格系胸痛。

警告

本剤は、緊急時に十分対応できる医療施設において、造血器悪性腫瘍の治療に対して十分な知識・経験を持つ医師のもとで、本剤の投与が適切と判断される症例についてのみ投与すること。また、本剤による治療開始に先立ち、患者又はその家族に有効性及び危険性を十分に説明し、同意を得てから投与を開始すること。

禁忌

2.1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。

2.2. 妊婦又は妊娠している可能性のある女性〔9.5妊婦の項参照〕。

重要な基本的注意

8.1. 血小板減少、好中球減少及び貧血があらわれることがあるので、本剤投与前及び投与中は血液検査(血球数算定、白血球分画測定等)を定期的に行い、患者の状態を十分観察すること〔7.2.2、11.1.1参照〕。

8.2. 腎障害があらわれることがあるので、定期的に血清重炭酸塩(静脈血)や腎機能の推移を確認すること〔7.2.3、11.1.8参照〕。

8.3. 間質性肺疾患があらわれることがあるので、咳嗽、呼吸困難、発熱等の臨床症状を十分に観察すること〔11.1.4参照〕。

8.4. 腫瘍崩壊症候群があらわれることがあるので、血清中電解質濃度及び腎機能検査を行うなど、患者の状態を十分に観察すること〔11.1.10参照〕。

(特定の背景を有する患者に関する注意)

(合併症・既往歴等のある患者)

9.1.1. 感染症を合併している患者:骨髄抑制により感染症が増悪することがある〔11.1.1参照〕。

(腎機能障害患者)

腎機能障害患者〔16.6.1参照〕。

(肝機能障害患者)

転移性癌による広範な腫瘍病変<特に血清アルブミン値3.0g/dL未満>を有する患者に対し本剤を投与中、進行性肝性昏睡により死亡に至った例が報告されている。

(生殖能を有する者)

9.4.1. 妊娠する可能性のある女性:妊娠する可能性のある女性には、本剤投与中及び投与終了後一定期間は、適切な避妊を行うよう指導すること〔9.5妊婦の項参照〕。

9.4.2. 生殖可能な年齢の患者に投与する必要がある場合には、性腺に対する影響を考慮すること(動物実験(マウス及びラット)で、ヒトの臨床用量を下回る用量で、本剤を投与した雄で精巣毒性が認められ、交配した雌の妊娠率の低下、異常胚の増加及び胚死亡の増加が認められている)。

9.4.3. パートナーが妊娠する可能性のある男性:パートナーが妊娠する可能性のある男性には、本剤投与中及び投与終了後一定期間は、適切な避妊を行うよう指導すること〔15.2.2参照〕。

高齢者

患者の状態を観察しながら慎重に投与すること(一般に生理機能が低下していることが多い)。

妊婦・授乳婦

(妊婦)

妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、投与しないこと(動物実験(マウス及びラット)で、ヒトの臨床用量を下回る用量で、胚死亡・胎仔死亡及び胚奇形・胎仔奇形の発生が報告されている)〔2.2、9.4.1参照〕。

(授乳婦)

授乳しないことが望ましい(本剤が乳汁に移行する可能性があり、乳児が乳汁を介して本剤を摂取した場合、乳児に重篤な副作用が発現するおそれがある)。

小児等

小児等を対象とした臨床試験は実施していない。

適用上の注意、取扱い上の注意

(適用上の注意)

14.1. 薬剤調製時の注意

14.1.1. 取扱い時にはゴム手袋、防護メガネ等の着用が望ましい。眼や皮膚に薬液が付着した場合は直ちに多量の水で十分に洗浄し、医師の診断を受けるなど、適切な処置を行うこと。

14.1.2. 注射液の調製法

(1). 皮下投与の場合、1バイアルにつき6mLの注射用水を注入し、バイアルを激しく振り混ぜて均一に懸濁させる。

(2). 点滴静注の場合、1バイアルにつき15mLの注射用水を注入し、バイアルを激しく振り混ぜて完全に溶解し、溶解液の必要量を生理食塩液(0.9%塩化ナトリウム注射液)又は乳酸リンゲル液50mLに混合すること。

14.1.3. 5%ブドウ糖注射液、ヘタスターチを含む溶液及び重炭酸塩を含む溶液とは配合禁忌である(本剤の分解を促進する可能性がある)。

14.1.4. 本剤のバイアルは1回使い切りであり、残液をその後の投与に使用しないこと。

14.1.5. 本剤は用時調製し、調製から1時間以内に投与を終了すること[安定性が低下するため]。

14.2. 薬剤投与時の注意

14.2.1. 皮下投与では、投与直前に注射用シリンジ内の懸濁液を、両掌に挟んで激しく転がすなどの方法で再度均一に懸濁させること。なお、皮下投与では、懸濁液を冷蔵条件下(2〜8℃)で8時間まで保存することができる。冷蔵条件から取り出した懸濁液は、30分以内に投与することとし、室温に戻した後、投与直前に注射用シリンジ内の懸濁液を、両掌に挟んで激しく転がすなどの方法で再度懸濁させて投与すること。

14.2.2. 皮下投与の場合、投与量に応じて、複数箇所に分けて投与すること。

その他の注意

15.2. 非臨床試験に基づく情報

15.2.1. 動物実験(マウス及びラット)で、造血器系腫瘍、リンパ系器官腫瘍、肺腫瘍、乳腺腫瘍、精巣腫瘍、皮膚腫瘍(投与部位周囲腫瘍)等の腫瘍発生が報告されている。

15.2.2. 細菌を用いた復帰突然変異試験、並びにヒトリンパ芽球及びマウスリンパ腫細胞を用いた遺伝子突然変異試験で変異原性、マウスリンパ腫及びハムスター胚由来線維芽細胞を用いた小核試験で小核誘発性、マウス白血病細胞を用いた染色体異常試験で染色体異常誘発性が報告されている〔9.4.3参照〕。

貯法

(保管上の注意)

室温保存。

あなたは医師もしくは医療関係者ですか?

HOKUTOへようこそ。当サイトでは、医師の方を対象に株式会社HOKUTOの臨床支援コンテンツを提供しています。