薬剤情報
後発品
薬効分類利尿薬 > バソプレシン (V2) 受容体拮抗薬
一般名トルバプタン口腔内崩壊錠
薬価747.8
メーカー大塚製薬工場
最終更新2022年12月改訂(第5版)

用法・用量

通常、成人にはトルバプタンとして15mgを1日1回経口投与する。

用法・用量に関連する注意

(用法及び用量に関連する注意)

7.1. CYP3A4阻害剤(イトラコナゾール、フルコナゾール、クラリスロマイシン等)との併用は避けることが望ましい(やむを得ず併用する場合は、本剤の減量あるいは低用量からの開始などを考慮すること)〔10.2、16.7.1−16.7.3参照〕。

7.2. 夜間の排尿を避けるため、午前中に投与することが望ましい。

7.3. 本剤は水排泄を増加させるが、ナトリウム排泄を増加させないことから、他の利尿薬(ループ利尿薬、サイアザイド系利尿薬、抗アルドステロン薬等)と併用して使用すること(なお、ヒト心房性ナトリウム利尿ペプチドとの併用経験はない)。

7.4. 体液貯留所見が消失した際には投与を中止すること(症状消失後の維持に関する有効性は確認されていない)。

7.5. 血清ナトリウム濃度125mEq/L未満の患者、急激な循環血漿量減少が好ましくないと判断される患者、高齢者、血清ナトリウム濃度が正常域内で高値の患者に投与する場合は、半量(7.5mg)から開始することが望ましい〔9.1.1、9.1.3、9.8.1、9.8.3参照〕。

効能・効果

ループ利尿薬等の他の利尿薬で効果不十分な心不全における体液貯留。

副作用

次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

重大な副作用

11.1. 重大な副作用

11.1.1. 腎不全(1%未満):重度腎障害があらわれることがある〔9.2.1参照〕。

11.1.2. 血栓塞栓症(1%未満):急激な利尿により血液濃縮を来した場合、血栓症及び血栓塞栓症を誘発するおそれがある〔9.1.1、9.8.1参照〕。

11.1.3. 高ナトリウム血症(1〜5%未満):本剤の水利尿作用により血液濃縮を来し、高ナトリウム血症があらわれることがあり、意識障害を伴うこともあるので、投与中は、飲水量、尿量、血清ナトリウム濃度及び口渇、脱水等の症状の観察を十分に行い、口渇感の持続、脱水等の症状がみられた場合には、本剤の投与を減量又は中止し、症状に応じて、輸液を含めた水分補給等の適切な処置を行うこと。また、正常域を超える血清ナトリウム濃度上昇がみられた場合には、直ちに本剤の投与を中止し、症状に応じて、輸液を含めた水分補給等の適切な処置を行うこと〔1.警告の項、8.4、8.8参照〕。

11.1.4. 急激な血清ナトリウム濃度上昇(1%未満):本剤の水利尿作用により、急激な血清ナトリウム濃度上昇があらわれることがあり、これにより麻痺、発作、昏睡等に至るような浸透圧性脱髄症候群を来すおそれがあるため、投与中は、血清ナトリウム濃度及び体液量の観察を十分に行うこと。本剤投与後24時間以内に12mEq/Lを超える血清ナトリウム濃度の急激な上昇等がみられた場合には、直ちに本剤の投与を中止し、症状に応じて、輸液を含めた水分補給等の適切な処置を行うこと〔1.警告の項、8.4、8.8、9.1.3参照〕。

11.1.5. 急性肝不全(頻度不明)、肝機能障害(5%以上):AST上昇、ALT上昇、γ−GTP上昇、Al−P上昇、ビリルビン上昇等を伴う肝機能障害があらわれ、急性肝不全に至ることがある(また、肝機能障害が回復するまでは頻回に血液検査を実施するなど観察を十分に行うこと)〔8.5参照〕。

11.1.6. ショック、アナフィラキシー(頻度不明):ショック、アナフィラキシー(全身発赤、血圧低下、呼吸困難等)があらわれることがある。

11.1.7. 過度の血圧低下(頻度不明)、心室細動(頻度不明)、心室頻拍(1%未満)。

11.1.8. 肝性脳症(1%未満):肝硬変患者の場合、意識障害を伴う肝性脳症があらわれるおそれがある。なお、肝性脳症は、主に肝性浮腫患者において報告されているので、これらの患者に投与する場合は、意識障害等の臨床症状を十分に観察すること。

11.1.9. 汎血球減少、血小板減少(頻度不明)。

その他の副作用

11.2. その他の副作用

1). 精神神経系:(5%以上)頭痛、めまい、(1〜5%未満)不眠症、(1%未満)失神、意識消失、睡眠障害、嗜眠、傾眠、ナルコレプシー、注意力障害、感覚鈍麻、不随意性筋収縮、錯感覚、不安、うつ病、リビドー減退、神経過敏、パニック発作。

2). 消化器:(5%以上)口渇(56.9%)、便秘、(1〜5%未満)食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、味覚異常、消化不良、腹痛、腹部膨満、(1%未満)胃食道逆流性疾患、食道炎、裂孔ヘルニア、腹部不快感、心窩部不快感、口唇乾燥、鼓腸、胃腸炎、胃炎、胃腸障害、憩室炎、結腸ポリープ、嚥下障害、消化管運動障害、舌痛、舌苔、舌変色、口唇炎、口内炎、口の感覚鈍麻、臍ヘルニア、食欲亢進、呼気臭、痔核、(頻度不明)過敏性腸症候群。

3). 循環器:(1〜5%未満)血圧上昇、血圧低下、動悸、(1%未満)頻脈、期外収縮、不整脈、起立性低血圧、不安定血圧。

4). 血液:(1%未満)貧血、ヘモグロビン低下、平均赤血球容積増加、血小板減少、白血球増多、好酸球増多。

5). 代謝:(5%以上)血中尿酸上昇、(1〜5%未満)脱水、高カリウム血症、糖尿病、高血糖、脂質異常症、痛風、(1%未満)血液浸透圧上昇、血液量減少症、低カリウム血症、高カルシウム血症、低ナトリウム血症、低血糖、低リン酸血症、CK上昇、(頻度不明)血中抗利尿ホルモン増加。

6). 腎臓・泌尿器:(5%以上)頻尿(38.8%)、多尿(26.2%)、血中クレアチニン上昇、(1〜5%未満)腎臓痛、BUN上昇、腎機能障害、血尿、(1%未満)尿浸透圧低下、尿失禁、尿意切迫、排尿困難、尿閉、乏尿、尿路感染、膀胱痛、腎結石、シスタチンC上昇。

7). 過敏症:(1〜5%未満)発疹、そう痒、(1%未満)蕁麻疹。

8). 皮膚:(1〜5%未満)皮膚乾燥、(1%未満)脱毛、ざ瘡、皮膚炎、皮膚色素沈着障害、爪障害、多汗、乏汗、寝汗。

9). 呼吸器:(1〜5%未満)咳嗽、呼吸困難、(1%未満)鼻咽頭炎、上気道感染、扁桃炎、副鼻腔炎、喘息、気管支炎、口腔咽頭痛、咽喉乾燥、鼻乾燥、鼻出血、発声障害。

10). 眼:(1%未満)眼乾燥、緑内障、霧視、結膜出血。

11). その他:(5%以上)疲労、多飲症、(1〜5%未満)体重変動(体重増加、体重減少)、無力症、倦怠感、浮腫、筋骨格痛、筋痙縮、胸痛、(1%未満)背部痛、関節痛、四肢痛、疼痛、側腹部痛、冷感、発熱、ほてり、熱感、粘膜乾燥、ウイルス感染、カンジダ症、真菌感染、筋硬直、関節腫脹、勃起不全、月経過多、不規則月経、乳房嚢胞、易刺激性、LDH上昇、耳鳴、(頻度不明)不正子宮出血。

警告

本剤投与により、急激な水利尿から脱水症状や高ナトリウム血症を来し、意識障害に至った症例が報告されており、また、急激な血清ナトリウム濃度の上昇による浸透圧性脱髄症候群を来すおそれがあることから、入院下で投与を開始又は再開すること(また、特に投与開始日又は再開日には血清ナトリウム濃度を頻回に測定すること)〔8.8、9.1.3、11.1.3、11.1.4参照〕。

禁忌

2.1. 本剤の成分又は類似化合物(トルバプタンリン酸エステルナトリウム等)に対し過敏症の既往歴のある患者。

2.2. 口渇を感じない又は水分摂取が困難な患者[循環血漿量の減少により高ナトリウム血症及び脱水のおそれがある]。

2.3. 妊婦又は妊娠している可能性のある女性〔9.5妊婦の項参照〕。

2.4. 無尿の患者[本剤の効果が期待できない]。

2.5. 適切な水分補給が困難な肝性脳症の患者〔9.3.1参照〕。

2.6. 高ナトリウム血症の患者[本剤の水利尿作用により高ナトリウム血症が増悪するおそれがある]。

重要な基本的注意

8.1. 本剤の水利尿作用により循環血漿量の減少を来し、血清カリウム濃度上昇させ、心室細動、心室頻拍を誘発するおそれがあるので、本剤投与中は血清カリウム濃度を測定すること〔9.1.2参照〕。

8.2. 口渇感が持続する場合には、減量を考慮すること。

8.3. 本剤の投与初期は、過剰な利尿に伴う脱水、高ナトリウム血症などの副作用があらわれるおそれがあるので、口渇感等の患者の状態を観察し、適切な水分補給を行い、体重、血圧、脈拍数、尿量等を頻回に測定すること。

8.4. 本剤の利尿作用に伴い、口渇、脱水などの症状があらわれた場合には、水分補給を行うよう指導すること〔11.1.3、11.1.4参照〕。

8.5. 本剤の投与初期から重篤な肝機能障害があらわれることがあるため、本剤投与開始前に肝機能検査を実施し、少なくとも投与開始2週間は頻回に肝機能検査を行うこと。またやむを得ず、その後も投与を継続する場合には、適宜肝機能検査を行うこと〔11.1.5、15.1参照〕。

8.6. めまい等があらわれることがあるので、転倒に注意し、また、高所作業、自動車の運転等危険を伴う機械を操作する際には注意させること。

8.7. 体液貯留状態が改善しない場合は、漫然と投与を継続しないこと〔17.1.1参照〕。

8.8. 本剤投与開始後24時間以内に水利尿効果が強く発現するため、少なくとも投与開始4〜6時間後並びに8〜12時間後に血清ナトリウム濃度を測定し、投与開始翌日から1週間程度は血清ナトリウム濃度を毎日測定し、その後も投与を継続する場合には、適宜血清ナトリウム濃度を測定すること〔1.警告の項、11.1.3、11.1.4参照〕。

8.9. 目標体重(体液貯留状態が良好にコントロールされているときの体重)に戻った場合は、漫然と投与を継続しないこと(国内臨床試験において2週間を超える使用経験はない)。

(特定の背景を有する患者に関する注意)

(合併症・既往歴等のある患者)

9.1.1. 重篤な冠動脈疾患又は重篤な脳血管疾患のある患者:急激な利尿があらわれた場合、急速な循環血漿量減少、血液濃縮を来し、血栓塞栓症を誘発するおそれがある〔7.5、11.1.2参照〕。

9.1.2. 高カリウム血症の患者:本剤の水利尿作用により高カリウム血症が増悪するおそれがある〔8.1参照〕。

9.1.3. 血清ナトリウム濃度125mEq/L未満の患者:24時間以内に12mEq/Lを超える血清ナトリウム濃度上昇がみられた場合には、投与を中止すること(急激な血清ナトリウム濃度の上昇により、浸透圧性脱髄症候群を来すおそれがある)〔1.警告の項、7.5、11.1.4参照〕。

(腎機能障害患者)

9.2.1. 重篤な腎障害のある患者:利尿に伴う腎血流量の減少により腎機能が更に悪化するおそれがある〔11.1.1参照〕。

(肝機能障害患者)

9.3.1. 適切な水分補給が困難な肝性脳症の患者:投与しないこと(循環血漿量の減少により高ナトリウム血症及び脱水のおそれがある)〔2.5参照〕。

9.3.2. 肝性脳症を現有するかその既往のある患者:意識レベルが低下した場合、適切な水分補給に支障を来すおそれがある。

(生殖能を有する者)

妊娠する可能性のある女性:妊娠する可能性のある女性には、適切な避妊を行うよう指導すること〔9.5妊婦の項参照〕。

相互作用

本剤は、主として肝代謝酵素CYP3A4によって代謝される。また、P糖蛋白の基質であるとともに、P糖蛋白への阻害作用を有する〔16.4参照〕。

10.2. 併用注意:

1). CYP3A4阻害作用を有する薬剤(ケトコナゾール(経口剤:国内未発売)、イトラコナゾール、フルコナゾール、クラリスロマイシン等、グレープフルーツジュース)〔7.1、16.7.1−16.7.3参照〕[代謝酵素の阻害により、本剤の作用が増強するおそれがあるので、これらの薬剤との併用は避けることが望ましい(本剤の代謝酵素であるCYP3A4を阻害し、本剤の血漿中濃度を上昇させる)]。

2). CYP3A4誘導作用を有する薬剤(リファンピシン等、セイヨウオトギリソウ<セント・ジョーンズ・ワート>含有食品(St.John’s Wort))〔16.7.4参照〕[代謝酵素の誘導により、本剤の作用が減弱するおそれがあるので、本剤投与時はこれらの薬剤及び食品を摂取しないことが望ましい(本剤の代謝酵素であるCYP3A4を誘導し、本剤の血漿中濃度を低下させる)]。

3). ジゴキシン〔16.7.5参照〕[本剤によりジゴキシンの作用が増強されるおそれがある(本剤はP糖蛋白を阻害し、ジゴキシンの血漿中濃度を上昇させる)]。

4). P糖蛋白阻害作用を有する薬剤(シクロスポリン等)[本剤の作用が増強するおそれがある(これらの薬剤がP糖蛋白を阻害することにより、本剤の排出が抑制されるため血漿中濃度が上昇するおそれがある)]。

5). カリウム製剤、カリウム保持性利尿薬(スピロノラクトン、トリアムテレン等)、抗アルドステロン薬(エプレレノン等)、アンジオテンシン変換酵素阻害薬(エナラプリルマレイン酸塩等)、アンジオテンシン2受容体拮抗薬(ロサルタンカリウム等)、レニン阻害薬(アリスキレンフマル酸塩等)[これらの薬剤と併用する場合、血清カリウム濃度が上昇するおそれがある(本剤の水利尿作用により循環血漿量の減少を来し、相対的に血清カリウム濃度が上昇するおそれがある)]。

6). バソプレシン誘導体(デスモプレシン酢酸塩水和物等)[本剤によりバソプレシン誘導体の止血作用が減弱するおそれがある(本剤のバソプレシンV2−受容体拮抗作用により、血管内皮細胞からのvon Willebrand因子の放出が抑制されるおそれがある)]。

高齢者

9.8.1. 急激な利尿があらわれた場合、急速な循環血漿量減少、血液濃縮を来し、血栓塞栓症を誘発するおそれがある〔7.5、11.1.2参照〕。

9.8.2. 患者の状態を観察しながら慎重に投与すること(一般に生理機能が低下しており、また、脱水症状を起こしやすいとされている)。

9.8.3. 高ナトリウム血症発現のおそれがある〔7.5参照〕。

妊婦・授乳婦

(妊婦)

妊婦又は妊娠している可能性のある女性には投与しないこと(動物実験(ウサギ)で催奇形性及び胚死亡・胎仔死亡が報告されており、また、動物実験(ウサギ、ラット)で胚移行あるいは胎仔移行が報告されている)〔2.3、9.4生殖能を有する者の項参照〕。

(授乳婦)

治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること(動物実験(ラット)で乳汁中への移行が報告されている)。

小児等

小児等を対象とした臨床試験は実施していない。

過量投与

13.1. 処置

過量投与時、血液透析は有効ではないと考えられる。

適用上の注意、取扱い上の注意

(適用上の注意)

14.1. 薬剤交付時の注意

14.1.1. PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することがある)。

14.1.2. 本剤は舌の上にのせて唾液を浸潤させると速やかに崩壊するため、水なしで服用可能である(また、水で服用することもできる)。

14.1.3. 本剤は寝たままの状態では、水なしで服用させないこと。

(取扱い上の注意)

アルミピロー開封後は湿気を避けて保存すること。

その他の注意

15.1. 臨床使用に基づく情報

適応外であるが常染色体優性多発性のう胞腎患者を対象とした第3相二重盲検比較試験(国際共同試験)において、本剤60〜120mg/日又はプラセボを3年間投与した結果、基準値上限の2倍を超える総ビリルビン上昇、かつ基準値上限の3倍を超える血清ALT上昇又は基準値上限の3倍を超える血清AST上昇が、本剤投与群の2例に認められ、また、基準値上限の2.5倍を超えるALT上昇の発現頻度が、プラセボ群と比較して本剤投与群で高かった(本剤投与群960例中47例(4.9%)、プラセボ群483例中6例(1.2%))。なお、適応外であるが常染色体優性多発性のう胞腎患者において、本剤投与群における基準値上限の3倍を超えるALT上昇の多くは、投与開始3〜14ヵ月の間に認められた〔8.5参照〕。

貯法

(保管上の注意)

室温保存。

トルバプタンOD錠15mg「オーツカ」
トルバプタンOD錠15mg「オーツカ」

トルバプタンOD錠15mg「オーツカ」

利尿薬 > バソプレシン (V2) 受容体拮抗薬
2022年12月改訂(第5版)
薬剤情報
後発品
薬効分類利尿薬 > バソプレシン (V2) 受容体拮抗薬
一般名トルバプタン口腔内崩壊錠
薬価747.8
メーカー大塚製薬工場
最終更新2022年12月改訂(第5版)

用法・用量

通常、成人にはトルバプタンとして15mgを1日1回経口投与する。

用法・用量に関連する注意

(用法及び用量に関連する注意)

7.1. CYP3A4阻害剤(イトラコナゾール、フルコナゾール、クラリスロマイシン等)との併用は避けることが望ましい(やむを得ず併用する場合は、本剤の減量あるいは低用量からの開始などを考慮すること)〔10.2、16.7.1−16.7.3参照〕。

7.2. 夜間の排尿を避けるため、午前中に投与することが望ましい。

7.3. 本剤は水排泄を増加させるが、ナトリウム排泄を増加させないことから、他の利尿薬(ループ利尿薬、サイアザイド系利尿薬、抗アルドステロン薬等)と併用して使用すること(なお、ヒト心房性ナトリウム利尿ペプチドとの併用経験はない)。

7.4. 体液貯留所見が消失した際には投与を中止すること(症状消失後の維持に関する有効性は確認されていない)。

7.5. 血清ナトリウム濃度125mEq/L未満の患者、急激な循環血漿量減少が好ましくないと判断される患者、高齢者、血清ナトリウム濃度が正常域内で高値の患者に投与する場合は、半量(7.5mg)から開始することが望ましい〔9.1.1、9.1.3、9.8.1、9.8.3参照〕。

効能・効果

ループ利尿薬等の他の利尿薬で効果不十分な心不全における体液貯留。

副作用

次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

重大な副作用

11.1. 重大な副作用

11.1.1. 腎不全(1%未満):重度腎障害があらわれることがある〔9.2.1参照〕。

11.1.2. 血栓塞栓症(1%未満):急激な利尿により血液濃縮を来した場合、血栓症及び血栓塞栓症を誘発するおそれがある〔9.1.1、9.8.1参照〕。

11.1.3. 高ナトリウム血症(1〜5%未満):本剤の水利尿作用により血液濃縮を来し、高ナトリウム血症があらわれることがあり、意識障害を伴うこともあるので、投与中は、飲水量、尿量、血清ナトリウム濃度及び口渇、脱水等の症状の観察を十分に行い、口渇感の持続、脱水等の症状がみられた場合には、本剤の投与を減量又は中止し、症状に応じて、輸液を含めた水分補給等の適切な処置を行うこと。また、正常域を超える血清ナトリウム濃度上昇がみられた場合には、直ちに本剤の投与を中止し、症状に応じて、輸液を含めた水分補給等の適切な処置を行うこと〔1.警告の項、8.4、8.8参照〕。

11.1.4. 急激な血清ナトリウム濃度上昇(1%未満):本剤の水利尿作用により、急激な血清ナトリウム濃度上昇があらわれることがあり、これにより麻痺、発作、昏睡等に至るような浸透圧性脱髄症候群を来すおそれがあるため、投与中は、血清ナトリウム濃度及び体液量の観察を十分に行うこと。本剤投与後24時間以内に12mEq/Lを超える血清ナトリウム濃度の急激な上昇等がみられた場合には、直ちに本剤の投与を中止し、症状に応じて、輸液を含めた水分補給等の適切な処置を行うこと〔1.警告の項、8.4、8.8、9.1.3参照〕。

11.1.5. 急性肝不全(頻度不明)、肝機能障害(5%以上):AST上昇、ALT上昇、γ−GTP上昇、Al−P上昇、ビリルビン上昇等を伴う肝機能障害があらわれ、急性肝不全に至ることがある(また、肝機能障害が回復するまでは頻回に血液検査を実施するなど観察を十分に行うこと)〔8.5参照〕。

11.1.6. ショック、アナフィラキシー(頻度不明):ショック、アナフィラキシー(全身発赤、血圧低下、呼吸困難等)があらわれることがある。

11.1.7. 過度の血圧低下(頻度不明)、心室細動(頻度不明)、心室頻拍(1%未満)。

11.1.8. 肝性脳症(1%未満):肝硬変患者の場合、意識障害を伴う肝性脳症があらわれるおそれがある。なお、肝性脳症は、主に肝性浮腫患者において報告されているので、これらの患者に投与する場合は、意識障害等の臨床症状を十分に観察すること。

11.1.9. 汎血球減少、血小板減少(頻度不明)。

その他の副作用

11.2. その他の副作用

1). 精神神経系:(5%以上)頭痛、めまい、(1〜5%未満)不眠症、(1%未満)失神、意識消失、睡眠障害、嗜眠、傾眠、ナルコレプシー、注意力障害、感覚鈍麻、不随意性筋収縮、錯感覚、不安、うつ病、リビドー減退、神経過敏、パニック発作。

2). 消化器:(5%以上)口渇(56.9%)、便秘、(1〜5%未満)食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、味覚異常、消化不良、腹痛、腹部膨満、(1%未満)胃食道逆流性疾患、食道炎、裂孔ヘルニア、腹部不快感、心窩部不快感、口唇乾燥、鼓腸、胃腸炎、胃炎、胃腸障害、憩室炎、結腸ポリープ、嚥下障害、消化管運動障害、舌痛、舌苔、舌変色、口唇炎、口内炎、口の感覚鈍麻、臍ヘルニア、食欲亢進、呼気臭、痔核、(頻度不明)過敏性腸症候群。

3). 循環器:(1〜5%未満)血圧上昇、血圧低下、動悸、(1%未満)頻脈、期外収縮、不整脈、起立性低血圧、不安定血圧。

4). 血液:(1%未満)貧血、ヘモグロビン低下、平均赤血球容積増加、血小板減少、白血球増多、好酸球増多。

5). 代謝:(5%以上)血中尿酸上昇、(1〜5%未満)脱水、高カリウム血症、糖尿病、高血糖、脂質異常症、痛風、(1%未満)血液浸透圧上昇、血液量減少症、低カリウム血症、高カルシウム血症、低ナトリウム血症、低血糖、低リン酸血症、CK上昇、(頻度不明)血中抗利尿ホルモン増加。

6). 腎臓・泌尿器:(5%以上)頻尿(38.8%)、多尿(26.2%)、血中クレアチニン上昇、(1〜5%未満)腎臓痛、BUN上昇、腎機能障害、血尿、(1%未満)尿浸透圧低下、尿失禁、尿意切迫、排尿困難、尿閉、乏尿、尿路感染、膀胱痛、腎結石、シスタチンC上昇。

7). 過敏症:(1〜5%未満)発疹、そう痒、(1%未満)蕁麻疹。

8). 皮膚:(1〜5%未満)皮膚乾燥、(1%未満)脱毛、ざ瘡、皮膚炎、皮膚色素沈着障害、爪障害、多汗、乏汗、寝汗。

9). 呼吸器:(1〜5%未満)咳嗽、呼吸困難、(1%未満)鼻咽頭炎、上気道感染、扁桃炎、副鼻腔炎、喘息、気管支炎、口腔咽頭痛、咽喉乾燥、鼻乾燥、鼻出血、発声障害。

10). 眼:(1%未満)眼乾燥、緑内障、霧視、結膜出血。

11). その他:(5%以上)疲労、多飲症、(1〜5%未満)体重変動(体重増加、体重減少)、無力症、倦怠感、浮腫、筋骨格痛、筋痙縮、胸痛、(1%未満)背部痛、関節痛、四肢痛、疼痛、側腹部痛、冷感、発熱、ほてり、熱感、粘膜乾燥、ウイルス感染、カンジダ症、真菌感染、筋硬直、関節腫脹、勃起不全、月経過多、不規則月経、乳房嚢胞、易刺激性、LDH上昇、耳鳴、(頻度不明)不正子宮出血。

警告

本剤投与により、急激な水利尿から脱水症状や高ナトリウム血症を来し、意識障害に至った症例が報告されており、また、急激な血清ナトリウム濃度の上昇による浸透圧性脱髄症候群を来すおそれがあることから、入院下で投与を開始又は再開すること(また、特に投与開始日又は再開日には血清ナトリウム濃度を頻回に測定すること)〔8.8、9.1.3、11.1.3、11.1.4参照〕。

禁忌

2.1. 本剤の成分又は類似化合物(トルバプタンリン酸エステルナトリウム等)に対し過敏症の既往歴のある患者。

2.2. 口渇を感じない又は水分摂取が困難な患者[循環血漿量の減少により高ナトリウム血症及び脱水のおそれがある]。

2.3. 妊婦又は妊娠している可能性のある女性〔9.5妊婦の項参照〕。

2.4. 無尿の患者[本剤の効果が期待できない]。

2.5. 適切な水分補給が困難な肝性脳症の患者〔9.3.1参照〕。

2.6. 高ナトリウム血症の患者[本剤の水利尿作用により高ナトリウム血症が増悪するおそれがある]。

重要な基本的注意

8.1. 本剤の水利尿作用により循環血漿量の減少を来し、血清カリウム濃度上昇させ、心室細動、心室頻拍を誘発するおそれがあるので、本剤投与中は血清カリウム濃度を測定すること〔9.1.2参照〕。

8.2. 口渇感が持続する場合には、減量を考慮すること。

8.3. 本剤の投与初期は、過剰な利尿に伴う脱水、高ナトリウム血症などの副作用があらわれるおそれがあるので、口渇感等の患者の状態を観察し、適切な水分補給を行い、体重、血圧、脈拍数、尿量等を頻回に測定すること。

8.4. 本剤の利尿作用に伴い、口渇、脱水などの症状があらわれた場合には、水分補給を行うよう指導すること〔11.1.3、11.1.4参照〕。

8.5. 本剤の投与初期から重篤な肝機能障害があらわれることがあるため、本剤投与開始前に肝機能検査を実施し、少なくとも投与開始2週間は頻回に肝機能検査を行うこと。またやむを得ず、その後も投与を継続する場合には、適宜肝機能検査を行うこと〔11.1.5、15.1参照〕。

8.6. めまい等があらわれることがあるので、転倒に注意し、また、高所作業、自動車の運転等危険を伴う機械を操作する際には注意させること。

8.7. 体液貯留状態が改善しない場合は、漫然と投与を継続しないこと〔17.1.1参照〕。

8.8. 本剤投与開始後24時間以内に水利尿効果が強く発現するため、少なくとも投与開始4〜6時間後並びに8〜12時間後に血清ナトリウム濃度を測定し、投与開始翌日から1週間程度は血清ナトリウム濃度を毎日測定し、その後も投与を継続する場合には、適宜血清ナトリウム濃度を測定すること〔1.警告の項、11.1.3、11.1.4参照〕。

8.9. 目標体重(体液貯留状態が良好にコントロールされているときの体重)に戻った場合は、漫然と投与を継続しないこと(国内臨床試験において2週間を超える使用経験はない)。

(特定の背景を有する患者に関する注意)

(合併症・既往歴等のある患者)

9.1.1. 重篤な冠動脈疾患又は重篤な脳血管疾患のある患者:急激な利尿があらわれた場合、急速な循環血漿量減少、血液濃縮を来し、血栓塞栓症を誘発するおそれがある〔7.5、11.1.2参照〕。

9.1.2. 高カリウム血症の患者:本剤の水利尿作用により高カリウム血症が増悪するおそれがある〔8.1参照〕。

9.1.3. 血清ナトリウム濃度125mEq/L未満の患者:24時間以内に12mEq/Lを超える血清ナトリウム濃度上昇がみられた場合には、投与を中止すること(急激な血清ナトリウム濃度の上昇により、浸透圧性脱髄症候群を来すおそれがある)〔1.警告の項、7.5、11.1.4参照〕。

(腎機能障害患者)

9.2.1. 重篤な腎障害のある患者:利尿に伴う腎血流量の減少により腎機能が更に悪化するおそれがある〔11.1.1参照〕。

(肝機能障害患者)

9.3.1. 適切な水分補給が困難な肝性脳症の患者:投与しないこと(循環血漿量の減少により高ナトリウム血症及び脱水のおそれがある)〔2.5参照〕。

9.3.2. 肝性脳症を現有するかその既往のある患者:意識レベルが低下した場合、適切な水分補給に支障を来すおそれがある。

(生殖能を有する者)

妊娠する可能性のある女性:妊娠する可能性のある女性には、適切な避妊を行うよう指導すること〔9.5妊婦の項参照〕。

相互作用

本剤は、主として肝代謝酵素CYP3A4によって代謝される。また、P糖蛋白の基質であるとともに、P糖蛋白への阻害作用を有する〔16.4参照〕。

10.2. 併用注意:

1). CYP3A4阻害作用を有する薬剤(ケトコナゾール(経口剤:国内未発売)、イトラコナゾール、フルコナゾール、クラリスロマイシン等、グレープフルーツジュース)〔7.1、16.7.1−16.7.3参照〕[代謝酵素の阻害により、本剤の作用が増強するおそれがあるので、これらの薬剤との併用は避けることが望ましい(本剤の代謝酵素であるCYP3A4を阻害し、本剤の血漿中濃度を上昇させる)]。

2). CYP3A4誘導作用を有する薬剤(リファンピシン等、セイヨウオトギリソウ<セント・ジョーンズ・ワート>含有食品(St.John’s Wort))〔16.7.4参照〕[代謝酵素の誘導により、本剤の作用が減弱するおそれがあるので、本剤投与時はこれらの薬剤及び食品を摂取しないことが望ましい(本剤の代謝酵素であるCYP3A4を誘導し、本剤の血漿中濃度を低下させる)]。

3). ジゴキシン〔16.7.5参照〕[本剤によりジゴキシンの作用が増強されるおそれがある(本剤はP糖蛋白を阻害し、ジゴキシンの血漿中濃度を上昇させる)]。

4). P糖蛋白阻害作用を有する薬剤(シクロスポリン等)[本剤の作用が増強するおそれがある(これらの薬剤がP糖蛋白を阻害することにより、本剤の排出が抑制されるため血漿中濃度が上昇するおそれがある)]。

5). カリウム製剤、カリウム保持性利尿薬(スピロノラクトン、トリアムテレン等)、抗アルドステロン薬(エプレレノン等)、アンジオテンシン変換酵素阻害薬(エナラプリルマレイン酸塩等)、アンジオテンシン2受容体拮抗薬(ロサルタンカリウム等)、レニン阻害薬(アリスキレンフマル酸塩等)[これらの薬剤と併用する場合、血清カリウム濃度が上昇するおそれがある(本剤の水利尿作用により循環血漿量の減少を来し、相対的に血清カリウム濃度が上昇するおそれがある)]。

6). バソプレシン誘導体(デスモプレシン酢酸塩水和物等)[本剤によりバソプレシン誘導体の止血作用が減弱するおそれがある(本剤のバソプレシンV2−受容体拮抗作用により、血管内皮細胞からのvon Willebrand因子の放出が抑制されるおそれがある)]。

高齢者

9.8.1. 急激な利尿があらわれた場合、急速な循環血漿量減少、血液濃縮を来し、血栓塞栓症を誘発するおそれがある〔7.5、11.1.2参照〕。

9.8.2. 患者の状態を観察しながら慎重に投与すること(一般に生理機能が低下しており、また、脱水症状を起こしやすいとされている)。

9.8.3. 高ナトリウム血症発現のおそれがある〔7.5参照〕。

妊婦・授乳婦

(妊婦)

妊婦又は妊娠している可能性のある女性には投与しないこと(動物実験(ウサギ)で催奇形性及び胚死亡・胎仔死亡が報告されており、また、動物実験(ウサギ、ラット)で胚移行あるいは胎仔移行が報告されている)〔2.3、9.4生殖能を有する者の項参照〕。

(授乳婦)

治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること(動物実験(ラット)で乳汁中への移行が報告されている)。

小児等

小児等を対象とした臨床試験は実施していない。

過量投与

13.1. 処置

過量投与時、血液透析は有効ではないと考えられる。

適用上の注意、取扱い上の注意

(適用上の注意)

14.1. 薬剤交付時の注意

14.1.1. PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することがある)。

14.1.2. 本剤は舌の上にのせて唾液を浸潤させると速やかに崩壊するため、水なしで服用可能である(また、水で服用することもできる)。

14.1.3. 本剤は寝たままの状態では、水なしで服用させないこと。

(取扱い上の注意)

アルミピロー開封後は湿気を避けて保存すること。

その他の注意

15.1. 臨床使用に基づく情報

適応外であるが常染色体優性多発性のう胞腎患者を対象とした第3相二重盲検比較試験(国際共同試験)において、本剤60〜120mg/日又はプラセボを3年間投与した結果、基準値上限の2倍を超える総ビリルビン上昇、かつ基準値上限の3倍を超える血清ALT上昇又は基準値上限の3倍を超える血清AST上昇が、本剤投与群の2例に認められ、また、基準値上限の2.5倍を超えるALT上昇の発現頻度が、プラセボ群と比較して本剤投与群で高かった(本剤投与群960例中47例(4.9%)、プラセボ群483例中6例(1.2%))。なお、適応外であるが常染色体優性多発性のう胞腎患者において、本剤投与群における基準値上限の3倍を超えるALT上昇の多くは、投与開始3〜14ヵ月の間に認められた〔8.5参照〕。

貯法

(保管上の注意)

室温保存。

薬剤情報

薬剤写真、用法用量、効能効果や後発品の情報が一度に参照でき、関連情報へ簡単にアクセスができます。

一般名、製品名どちらでも検索可能!

※ ご使用いただく際に、必ず最新の添付文書および安全性情報も併せてご確認下さい。