内容
監修医師
本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません.  個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください.

ポイント

  1. 返しがあり、引っ張るだけでは抜けない!
  2. 無理に引き抜くと、 組織障害を伴う!
  3. 針形状返し有無刺入部で除去術を選択!

準備と治療方針

  • ルアーや重しなど針に付く余分な物を除去.
  • 疼痛が強ければ局所麻酔指神経ブロック.

返しがない場合

  • 単純に引き抜けば良い.

返しがある場合

  • 返しが皮膚表面近傍 →①Push-through法
  • 単一の返しである  → ②String-yank法
  • 上記がいずれも難しい→③Needle法

① Push-through法

一旦貫通させて返しの部分を切断する方法

  1. 釣り針の近傍に局所麻酔、 もしくは指神経ブロックを行い痛みをとる.
  2. より深く刺して釣り針を貫通させる.
  3. 返し部分を切断する(飛散防止で目を保護).
  4. 根本を逆方向に引き抜き除去する.

② String-yank法

圧迫して糸で引く方法

  1. タコ糸程度のしっかりした糸を針および施行者の指に引っかける.
  2. 針を皮膚面に向かって押さえる.
  3. 糸を一気に引きぬく.
昔から漁師によく使われる手法である. なお、 糸はギューとゆっくり引くのではなく、 クックッと断続的に勢いをつけて引いたほうが成功しやすい.

③ Needle法

返しを注射針でカバーする方法

  1. 釣り針の近傍に局所麻酔、 もしくは指神経ブロックを行い痛みをとる.
  2. 18Gなどの太めの針で返しをカバーする.
  3. 皮膚から針と釣り針を同時に抜く.


最終更新:2021年7月17日
監修医師:聖路加国際病院救急部 清水真人
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません.  個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください.

ポイント

  1. 返しがあり、引っ張るだけでは抜けない!
  2. 無理に引き抜くと、 組織障害を伴う!
  3. 針形状返し有無刺入部で除去術を選択!

準備と治療方針

  • ルアーや重しなど針に付く余分な物を除去.
  • 疼痛が強ければ局所麻酔指神経ブロック.

返しがない場合

  • 単純に引き抜けば良い.

返しがある場合

  • 返しが皮膚表面近傍 →①Push-through法
  • 単一の返しである  → ②String-yank法
  • 上記がいずれも難しい→③Needle法

① Push-through法

一旦貫通させて返しの部分を切断する方法

  1. 釣り針の近傍に局所麻酔、 もしくは指神経ブロックを行い痛みをとる.
  2. より深く刺して釣り針を貫通させる.
  3. 返し部分を切断する(飛散防止で目を保護).
  4. 根本を逆方向に引き抜き除去する.

② String-yank法

圧迫して糸で引く方法

  1. タコ糸程度のしっかりした糸を針および施行者の指に引っかける.
  2. 針を皮膚面に向かって押さえる.
  3. 糸を一気に引きぬく.
昔から漁師によく使われる手法である. なお、 糸はギューとゆっくり引くのではなく、 クックッと断続的に勢いをつけて引いたほうが成功しやすい.

③ Needle法

返しを注射針でカバーする方法

  1. 釣り針の近傍に局所麻酔、 もしくは指神経ブロックを行い痛みをとる.
  2. 18Gなどの太めの針で返しをカバーする.
  3. 皮膚から針と釣り針を同時に抜く.


最終更新:2021年7月17日
監修医師:聖路加国際病院救急部 清水真人
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師

各領域の第一線の専門医が複数在籍

最新トピックに関する独自記事を配信中

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

ERマニュアルとは

当直や救急外来ですぐに役立つコンテンツを無料掲載!

監修は、SNSを用いた医学情報共有や医学教育を専門とする、聖路加国際病院救急部の清水真人先生。デジタルデバイスで読みやすいHOKUTOオリジナルの図表をご用意いたしました!

1. 症候
2. 疾患
4. 手技
2. 疾患
アプリをいますぐ
無料ダウンロード!