内容
監修医師
本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません.  個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください.

ポイント

  1. Five killer chest painを念頭に素早い対応!
  2. 特に急性冠症候群ACS、急性大動脈解離、 肺血栓塞栓症は救急外来での遭遇頻度高い!
  3. ACSは速やかかつ経時的な心電図、 高感度トロポニンで診断!(0-1時間アルゴリズム)
  4. 大動脈解離も常に疑い、 ADDリスクスコアDダイマーで造影CTを検討!
  5. 肺血栓塞栓症はPERCで除外!頻呼吸・低酸素・頻脈あればWells+Dダイマ-を確認!

Five killer chest pain

  1. 急性冠症候群
  2. 急性大動脈解離
  3. 肺血栓塞栓症
  4. 緊張性気胸
  5. 特発性食道破裂

急性冠症候群

  • 非典型的な胸部症状と冷汗、心電図変化を認めるのは25%のみ.
  • ACSは速やかかつ経時的な心電図、 高感度トロポニンで診断 (0-1時間アルゴリズム)
  • 胸痛を訴えないACSは 女性、高齢、糖尿病、嘔気、失神、めまいなどでキャッチアップ.

0-1時間アルゴリズム

急性大動脈解離

  • 突然発症強い痛み(胸部、背部)、 移動する痛み血圧高値左右差などがキーワード.
  • ただし、10%は無痛性で失神、意識障害、脳卒中症状で受診する. また、半数が血圧正常または低値であり、否定はできない.
  • 心電図、心電図、(胸部レントゲン)→胸部造影CTで確定診断.

診断アルゴリズム例

肺血栓塞栓症

  • 軽症PEの場合、 典型的な症状は乏しい!
  • 常に疑いの眼を持つことが肝要!
  • 臨床予測ルールとDダイマーを用いた漏れのない診察を心がける!

診断アルゴリズム例

関連コンテンツ

最終更新:2021年9月17日
監修医師:聖路加国際病院救急部 清水真人
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません.  個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください.

ポイント

  1. Five killer chest painを念頭に素早い対応!
  2. 特に急性冠症候群ACS、急性大動脈解離、 肺血栓塞栓症は救急外来での遭遇頻度高い!
  3. ACSは速やかかつ経時的な心電図、 高感度トロポニンで診断!(0-1時間アルゴリズム)
  4. 大動脈解離も常に疑い、 ADDリスクスコアDダイマーで造影CTを検討!
  5. 肺血栓塞栓症はPERCで除外!頻呼吸・低酸素・頻脈あればWells+Dダイマ-を確認!

Five killer chest pain

  1. 急性冠症候群
  2. 急性大動脈解離
  3. 肺血栓塞栓症
  4. 緊張性気胸
  5. 特発性食道破裂

急性冠症候群

  • 非典型的な胸部症状と冷汗、心電図変化を認めるのは25%のみ.
  • ACSは速やかかつ経時的な心電図、 高感度トロポニンで診断 (0-1時間アルゴリズム)
  • 胸痛を訴えないACSは 女性、高齢、糖尿病、嘔気、失神、めまいなどでキャッチアップ.

0-1時間アルゴリズム

急性大動脈解離

  • 突然発症強い痛み(胸部、背部)、 移動する痛み血圧高値左右差などがキーワード.
  • ただし、10%は無痛性で失神、意識障害、脳卒中症状で受診する. また、半数が血圧正常または低値であり、否定はできない.
  • 心電図、心電図、(胸部レントゲン)→胸部造影CTで確定診断.

診断アルゴリズム例

肺血栓塞栓症

  • 軽症PEの場合、 典型的な症状は乏しい!
  • 常に疑いの眼を持つことが肝要!
  • 臨床予測ルールとDダイマーを用いた漏れのない診察を心がける!

診断アルゴリズム例

関連コンテンツ

最終更新:2021年9月17日
監修医師:聖路加国際病院救急部 清水真人
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師

各領域の第一線の専門医が複数在籍

最新トピックに関する独自記事を配信中

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

ERマニュアルとは

当直や救急外来ですぐに役立つコンテンツを無料掲載!

監修は、SNSを用いた医学情報共有や医学教育を専門とする、聖路加国際病院救急部の清水真人先生。デジタルデバイスで読みやすいHOKUTOオリジナルの図表をご用意いたしました!

1. 症候
2. 疾患
4. 手技
2. 疾患
アプリをいますぐ
無料ダウンロード!