内容
監修医師
本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではございません.  個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください.

ポイント

  1. めまいを主訴とした 「前失神」 に注意!
  2. 神経症状を伴えば 「中枢性」 を強く疑う!
  3. 自覚症状、発症様式からめまいを 「3分類」
  4. 「HINTS plus」 で0.7%の隠れ脳梗塞除外!
  5. 「BPPV」は正確な問診と身体診察で診断!

病態・疫学

  • ER患者の約2.5%と、 よくある愁訴である¹⁾.
  • うち5~10%中枢性めまいを見逃さない²⁾.

診断アルゴリズム

自覚症状に加え、症状経過や誘引など発症様式からめまいを分類するアプローチ法がお薦め!

(1) 神経症状を伴う中枢性めまいの除外

  • 頭頚部痛小脳協調運動障害嚥下障害構音障害複視などあれば早急に脳卒中精査³⁾.
  • 他のリスクとして、 急性発症繰り返す前駆症状50歳以上血管リスク外傷歴など⁴⁾.

(2) 前失神の否定と精査

フレンツェル眼鏡を使用し確認すると良い

(3) 急性持続性めまいとHINTS

  • 経験したことのない急性発症の激しい回転性めまいで、嘔吐・歩行障害を伴うもの.
  • うち、24時間以上持続し、神経症状を伴わない回転性めまい群が急性前庭症候群(AVS).
  • AVSの主な原因は前庭神経炎だが、神経所見に乏しい“隠れ脳卒中”を見逃さない!
  • これらを鑑別するスクリーニング法として“HINTS plus”を覚えておくと良い. 正しい評価ができれば、MRI以上の精度となる⁵⁾.
めまい全般で末梢性と中枢性を鑑別するものではないことに注意。BPPVを除外したAVSにおいて適応となるスクリーニング法である

(4) 再発性頭位性めまいとBPPV

  • 頭位変換により繰り返し引き起こされるめまいと定義され、その多くはBPPVである.
  • BPPVの多くは病歴と身体診察で診断可能であり、 身体診察としては誘発法が有名.
  • 鑑別として、 稀ではあるがキアリ奇形小脳腫瘍多発性硬化症など.

Dix-Hallpike法⁶⁾

  1. 座位の状態で頭部を 45 度回旋する.
  2. その後 1-2 秒で一気に倒す.

Supine Roll 法⁶⁾

  • 仰臥位で左右に顔を向け、 眼振を見る.

(5) 反復性めまいとメニエール病

反復性めまいはメニエール病が多い.

  • 一般的に誘因なく発症し、嘔気嘔吐を伴う.
  • 持続時間は数十分~数時間といわれている.
  • 低音域を中心とした可逆性難聴となる.
  • 持続時間や随伴症状、 血管リスクなど、 非典型的であれば、 TIAを疑い精査を検討する.

治療

(1) 急性末梢性めまいの治療

慣習的には以下の治療を行う(いずれも高いエビデンスは存在しない)

<点滴例>

<経口例>

(2) BPPVの治療

BPPVの診断後に「浮遊耳石置換法」を検討.

  • 後半規管型→ Epley法
  • 水平半規管型→ Gufoni法BBQ rotation法

(3) 脳卒中の治療

ERマニュアルの 脳梗塞脳出血 を参照



関連コンテンツ

参考文献

  1. Acad Emerg Med. 2008 Aug;15(8):744-50.
  2. South Med J. 2000 Feb;93(2):160-7
  3. Emerg Med Clin North Am. 2009 Feb;27(1):39-50
  4. CMAJ. 2011 Jun 14;183(9):E571-92.
  5. Stroke. 2009 Nov;40(11):3504-10.
  6. Neurology. 2008 May 27;70(22):2067-74.


最終更新:2021年7月17日
監修医師:聖路加国際病院救急部 清水真人
アプリ、web版でノートを開いたときのイメージ

HOKUTOをご利用いただくには

アプリからの新規登録が必要です。

アプリでの新規登録完了後、アプリ版の全機能と、

Web版のノート機能をご利用いただけるようになります。

※Web版のノート以外の機能は現在開発中です。

今すぐ無料ダウンロード!
こちらの記事の監修医師
聖路加国際病院 救急部 清水真人先生
聖路加国際病院
救急部 清水真人先生

2013年慶應義塾大学医学部を卒業。初期臨床研修修了後、2015年聖路加国際病院救急部入局。就任間もなく聖路加ベストティーチャー賞を連続受賞。救急・集中治療、 医学教育を専門とする他、Webツールの医療現場での利用に精通し、 複数の雑誌で連載を行う。

聖路加国際病院 救急部 清水真人先生
聖路加国際病院
救急部 清水真人先生

2013年慶應義塾大学医学部を卒業。初期臨床研修修了後、2015年聖路加国際病院救急部入局。就任間もなく聖路加ベストティーチャー賞を連続受賞。救急・集中治療、 医学教育を専門とする他、Webツールの医療現場での利用に精通し、 複数の雑誌で連載を行う。

聖路加国際病院
アプリ、web版でノートを開いたときのイメージ

HOKUTOをご利用いただくには

アプリからの新規登録が必要です。

アプリでの新規登録完了後、アプリ版の全機能と、

Web版のノート機能をご利用いただけるようになります。

※Web版のノート以外の機能は現在開発中です。

今すぐ無料ダウンロード!
本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではございません.  個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください.

ポイント

  1. めまいを主訴とした 「前失神」 に注意!
  2. 神経症状を伴えば 「中枢性」 を強く疑う!
  3. 自覚症状、発症様式からめまいを 「3分類」
  4. 「HINTS plus」 で0.7%の隠れ脳梗塞除外!
  5. 「BPPV」は正確な問診と身体診察で診断!

病態・疫学

  • ER患者の約2.5%と、 よくある愁訴である¹⁾.
  • うち5~10%中枢性めまいを見逃さない²⁾.

診断アルゴリズム

自覚症状に加え、症状経過や誘引など発症様式からめまいを分類するアプローチ法がお薦め!

(1) 神経症状を伴う中枢性めまいの除外

  • 頭頚部痛小脳協調運動障害嚥下障害構音障害複視などあれば早急に脳卒中精査³⁾.
  • 他のリスクとして、 急性発症繰り返す前駆症状50歳以上血管リスク外傷歴など⁴⁾.

(2) 前失神の否定と精査

フレンツェル眼鏡を使用し確認すると良い

(3) 急性持続性めまいとHINTS

  • 経験したことのない急性発症の激しい回転性めまいで、嘔吐・歩行障害を伴うもの.
  • うち、24時間以上持続し、神経症状を伴わない回転性めまい群が急性前庭症候群(AVS).
  • AVSの主な原因は前庭神経炎だが、神経所見に乏しい“隠れ脳卒中”を見逃さない!
  • これらを鑑別するスクリーニング法として“HINTS plus”を覚えておくと良い. 正しい評価ができれば、MRI以上の精度となる⁵⁾.
めまい全般で末梢性と中枢性を鑑別するものではないことに注意。BPPVを除外したAVSにおいて適応となるスクリーニング法である

(4) 再発性頭位性めまいとBPPV

  • 頭位変換により繰り返し引き起こされるめまいと定義され、その多くはBPPVである.
  • BPPVの多くは病歴と身体診察で診断可能であり、 身体診察としては誘発法が有名.
  • 鑑別として、 稀ではあるがキアリ奇形小脳腫瘍多発性硬化症など.

Dix-Hallpike法⁶⁾

  1. 座位の状態で頭部を 45 度回旋する.
  2. その後 1-2 秒で一気に倒す.

Supine Roll 法⁶⁾

  • 仰臥位で左右に顔を向け、 眼振を見る.

(5) 反復性めまいとメニエール病

反復性めまいはメニエール病が多い.

  • 一般的に誘因なく発症し、嘔気嘔吐を伴う.
  • 持続時間は数十分~数時間といわれている.
  • 低音域を中心とした可逆性難聴となる.
  • 持続時間や随伴症状、 血管リスクなど、 非典型的であれば、 TIAを疑い精査を検討する.

治療

(1) 急性末梢性めまいの治療

慣習的には以下の治療を行う(いずれも高いエビデンスは存在しない)

<点滴例>

<経口例>

(2) BPPVの治療

BPPVの診断後に「浮遊耳石置換法」を検討.

  • 後半規管型→ Epley法
  • 水平半規管型→ Gufoni法BBQ rotation法

(3) 脳卒中の治療

ERマニュアルの 脳梗塞脳出血 を参照



関連コンテンツ

参考文献

  1. Acad Emerg Med. 2008 Aug;15(8):744-50.
  2. South Med J. 2000 Feb;93(2):160-7
  3. Emerg Med Clin North Am. 2009 Feb;27(1):39-50
  4. CMAJ. 2011 Jun 14;183(9):E571-92.
  5. Stroke. 2009 Nov;40(11):3504-10.
  6. Neurology. 2008 May 27;70(22):2067-74.


最終更新:2021年7月17日
監修医師:聖路加国際病院救急部 清水真人
こちらの記事の監修医師
聖路加国際病院 救急部 清水真人先生
聖路加国際病院
救急部 清水真人先生

2013年慶應義塾大学医学部を卒業。初期臨床研修修了後、2015年聖路加国際病院救急部入局。就任間もなく聖路加ベストティーチャー賞を連続受賞。救急・集中治療、 医学教育を専門とする他、Webツールの医療現場での利用に精通し、 複数の雑誌で連載を行う。

聖路加国際病院 救急部 清水真人先生
聖路加国際病院
救急部 清水真人先生

2013年慶應義塾大学医学部を卒業。初期臨床研修修了後、2015年聖路加国際病院救急部入局。就任間もなく聖路加ベストティーチャー賞を連続受賞。救急・集中治療、 医学教育を専門とする他、Webツールの医療現場での利用に精通し、 複数の雑誌で連載を行う。

聖路加国際病院
こちらの記事の監修医師
聖路加国際病院 救急部 清水真人先生
聖路加国際病院
救急部 清水真人先生

聖路加国際病院救急部 医員

日本救急医学会 専門医

聖路加ベストティーチャー賞受賞

聖路加国際病院 救急部 清水真人先生
聖路加国際病院
救急部 清水真人先生

2013年慶應義塾大学医学部を卒業。初期臨床研修修了後、2015年聖路加国際病院救急部入局。就任間もなく聖路加ベストティーチャー賞を連続受賞。救急・集中治療、 医学教育を専門とする他、Webツールの医療現場での利用に精通し、 複数の雑誌で連載を行う。

ERマニュアルとは

当直や救急外来ですぐに役立つコンテンツを無料掲載!

監修は、SNSを用いた医学情報共有や医学教育を専門とする、聖路加国際病院救急部の清水真人先生。デジタルデバイスで読みやすいHOKUTOオリジナルの図表をご用意いたしました!

1. 症候
2. 疾患
4. 手技
アプリをいますぐ
無料ダウンロード!
アプリ、web版でノートを開いたときのイメージ

HOKUTOをご利用いただくには

アプリからの新規登録が必要です。

アプリでの新規登録完了後、アプリ版の全機能と、

Web版のノート機能をご利用いただけるようになります。

※Web版のノート以外の機能は現在開発中です。

今すぐ無料ダウンロード!