内容
監修医師
本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません.  個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください.

主な病原体

主にみられるもの

  • インフルエンザA/H1N1
  • インフルエンザA/H3N2
  • インフルエンザB (山形/Victoria系統)

その他稀なもの

  • 幼少期に感染するC型
  • 動物に感染するD型
  • 鳥インフルエンザ(H5N1/H7N9)

COVID-19との比較¹⁾²⁾

慣れれば、 症状である程度判別可能

  • 突然発症し、 症状が完全消失するまでおよそ数日から10~14日³⁾と同様である。
  • 発熱、関節・筋肉痛は インフル > COVID-19
  • 咽頭痛は COVID-19 > インフル
  • 味覚異常は、 COVID-19では鼻閉を伴わない場合が多いとされる。
  • ただし混合感染もあるので注意!

COVID-19とインフル、かぜ症候群比較

症状・病態

潜伏期間⁴⁾

潜伏期間は1~4日がほとんど。

家庭内感染は3~4日間隔が多い。

重症化リスク⁵⁾

2歳以下、 65歳以上、 慢性呼吸器/心/腎/代謝性疾患、 血液疾患、 神経疾患、 免疫不全者、 肥満、 施設入所者、 アメリカ先住民 (インディアン)、 アラスカ先住民、 妊娠 など

合併症⁶⁻⁹⁾

診断と検査

治療対象になる場合や公衆衛生上または社会的に必要な場合、 検査を考慮する (そうでない場合臨床診断も検討) 。

🔍 抗原検査

Multiplex PCR/FilmArrays®など

※陰性でも否定できない

🔍 臨床診断

家族歴、流行期、咽頭後壁インフルエンザ濾胞

通常の治療

基本的には無治療経過観察だが、 以下の場合抗ウイルス薬による治療を積極的に考慮する。

・重症化リスクのある患者
・症状の強い患者
・入院(中の)患者

治療は発症から、 予防投与は暴露後からそれぞれ48時間以内の投与が望ましい。 また、 暴露後予防は重症化リスクのある患者、入院患者で考慮する (詳細はこちらの記事を参照)

抗インフルエンザ薬一覧 (治療/予防)

※耐性の問題からシンメトレルが使われることはない
リレンザ、イナビルは気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患などの呼吸器疾患を有する患者で気管支攣縮を惹起する可能性がある。
リレンザ、イナビルは乳糖を含んでおり、乳製品アレルギーの患者においてアナフィラキシーの報告がある。

腎機能障害患者への適応

インフルエンザ治療に用いられる漢方薬

軽症患者に対症療法的に投与を考慮する。

細菌性肺炎合併時のエンピリック治療

抗菌薬の濫用は厳禁!細菌性肺炎を合併した時のみ抗菌薬を投与する。
  • 投与前に喀痰培養の提出は必須。
  • 肺炎球菌、 ブドウ球菌、 インフルエンザ桿菌などカバーのため、 セフトリアキソンなど第3世代セフェムの使用を検討する。
  • 緑膿菌の関与が疑われる病態 (重症COPD、 高度間質性肺炎、 肺がんなど) ではピペラシリン・タゾバクタムなど緑膿菌活性のある広域抗菌薬の投与を検討する。

重症例への対応

抗ウイルス薬の投与

経口接種不能の場合、 発症早期であればペラミビルを検討。

抗菌薬の投与

細菌性肺炎の合併が疑われる場合、 喀痰培養提出のうえ、 点滴第3世代セフェム (セフトリアキソンetc) など検討

インフルエンザ脳症に対して

高容量オセルタミビル、 発症早期ステロイドパルス療法血漿交換ガンマグロブリンの有効性が一部報告されているが強固なエビデンスはない¹¹⁾¹²⁾。

感染対策

患者の対応

飛沫感染+接触感染対策を、 発症後丸5日を経過し、 かつ解熱後丸2日を経過するまで継続 (学校では学校保健安全法第19条に基づき、 出席停止となる)。

医療機関での対応

院内では個室管理が難しければ、 カーテン隔離も許容されうる。 なお、 医療機関によっては独自の院内ルールがあり、 それに従う。

ワクチンの効果¹³⁾

1年に1回接種(13歳未満は2回)
  • 発症防止に対するワクチン有効率は60%
  • 成人のインフルエンザによる入院を40%、 ICU入室を80%減少させる
  • 小児のインフルエンザによるICU入室を70%減少させ、 重症化を75%減少させる
  • 妊婦のインフルエンザによる入院を40%減少させる
  • その他心血管イベント、 COPD増悪を減少させる

引用文献

  1. The flu versus COVID-19: Why it’s important to know the difference in 2022! (https://www.healthdirect.gov.au/blog/the-flu-versus-covid-19)
  2. COVID-19, cold, allergies and the flu: What are the differences? (https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/coronavirus/in-depth/covid-19-cold-flu-and-allergies-differences/art-20503981)
  3. Influenza. Ann Intern Med. 2021 Nov;174(11):ITC161-ITC176.PMID: 34748378
  4. Comparative epidemiology of pandemic and seasonal influenza A in households. N Engl J Med. 2010 Jun 10;362(23):2175-2184. PMID: 20558368
  5. サンフォード感染症治療ガイド 2022(第52版)
  6. Epidemiology, microbiology, and treatment considerations for bacterial pneumonia complicating influenza.Int J Infect Dis. 2012 May;16(5):e321-31.PMID: 22387143
  7. Characteristics and Outcomes of Influenza-Associated Encephalopathy Cases Among Children and Adults in Japan, 2010-2015. Clin Infect Dis. 2018 Jun 1;66(12):1831-1837.PMID: 29293894
  8. Investigation of the temporal association of Guillain-Barre syndrome with influenza vaccine and influenzalike illness using the United Kingdom General Practice Research Database. Am J Epidemiol. 2009 Feb 1;169(3):382-8. PMID: 19033158
  9. Acute Myocardial Infarction after Laboratory-Confirmed Influenza Infection.N Engl J Med. 2018 Jan 25;378(4):345-353.PMID: 29365305
  10. The use of maoto (Ma-Huang-Tang), a traditional Japanese Kampo medicine, to alleviate flu symptoms: a systematic review and meta-analysis. BMC Complement Altern Med. 2019 Mar 18;19(1):68.PMID: 30885188
  11. H1N1 encephalitis with malignant edema and review of neurologic complications from influenza.Neurocrit Care. 2010 Dec;13(3):396-406.PMID: 20811962
  12. Outcome of acute necrotizing encephalopathy in relation to treatment with corticosteroids and gammaglobulin.Brain Dev. 2009 Mar;31(3):221-7.PMID: 18456443
  13. CDC. Vaccine Effectiveness: How Well Do Flu Vaccines Work? (https://www.cdc.gov/flu/vaccines-work/vaccineeffect.htm) [最終確認 2022/12/24]

最終更新:2022年12月25日
監修医師:HOKUTO編集部監修医師
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません.  個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください.

主な病原体

主にみられるもの

  • インフルエンザA/H1N1
  • インフルエンザA/H3N2
  • インフルエンザB (山形/Victoria系統)

その他稀なもの

  • 幼少期に感染するC型
  • 動物に感染するD型
  • 鳥インフルエンザ(H5N1/H7N9)

COVID-19との比較¹⁾²⁾

慣れれば、 症状である程度判別可能

  • 突然発症し、 症状が完全消失するまでおよそ数日から10~14日³⁾と同様である。
  • 発熱、関節・筋肉痛は インフル > COVID-19
  • 咽頭痛は COVID-19 > インフル
  • 味覚異常は、 COVID-19では鼻閉を伴わない場合が多いとされる。
  • ただし混合感染もあるので注意!

COVID-19とインフル、かぜ症候群比較

症状・病態

潜伏期間⁴⁾

潜伏期間は1~4日がほとんど。

家庭内感染は3~4日間隔が多い。

重症化リスク⁵⁾

2歳以下、 65歳以上、 慢性呼吸器/心/腎/代謝性疾患、 血液疾患、 神経疾患、 免疫不全者、 肥満、 施設入所者、 アメリカ先住民 (インディアン)、 アラスカ先住民、 妊娠 など

合併症⁶⁻⁹⁾

診断と検査

治療対象になる場合や公衆衛生上または社会的に必要な場合、 検査を考慮する (そうでない場合臨床診断も検討) 。

🔍 抗原検査

Multiplex PCR/FilmArrays®など

※陰性でも否定できない

🔍 臨床診断

家族歴、流行期、咽頭後壁インフルエンザ濾胞

通常の治療

基本的には無治療経過観察だが、 以下の場合抗ウイルス薬による治療を積極的に考慮する。

・重症化リスクのある患者
・症状の強い患者
・入院(中の)患者

治療は発症から、 予防投与は暴露後からそれぞれ48時間以内の投与が望ましい。 また、 暴露後予防は重症化リスクのある患者、入院患者で考慮する (詳細はこちらの記事を参照)

抗インフルエンザ薬一覧 (治療/予防)

※耐性の問題からシンメトレルが使われることはない
リレンザ、イナビルは気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患などの呼吸器疾患を有する患者で気管支攣縮を惹起する可能性がある。
リレンザ、イナビルは乳糖を含んでおり、乳製品アレルギーの患者においてアナフィラキシーの報告がある。

腎機能障害患者への適応

インフルエンザ治療に用いられる漢方薬

軽症患者に対症療法的に投与を考慮する。

細菌性肺炎合併時のエンピリック治療

抗菌薬の濫用は厳禁!細菌性肺炎を合併した時のみ抗菌薬を投与する。
  • 投与前に喀痰培養の提出は必須。
  • 肺炎球菌、 ブドウ球菌、 インフルエンザ桿菌などカバーのため、 セフトリアキソンなど第3世代セフェムの使用を検討する。
  • 緑膿菌の関与が疑われる病態 (重症COPD、 高度間質性肺炎、 肺がんなど) ではピペラシリン・タゾバクタムなど緑膿菌活性のある広域抗菌薬の投与を検討する。

重症例への対応

抗ウイルス薬の投与

経口接種不能の場合、 発症早期であればペラミビルを検討。

抗菌薬の投与

細菌性肺炎の合併が疑われる場合、 喀痰培養提出のうえ、 点滴第3世代セフェム (セフトリアキソンetc) など検討

インフルエンザ脳症に対して

高容量オセルタミビル、 発症早期ステロイドパルス療法血漿交換ガンマグロブリンの有効性が一部報告されているが強固なエビデンスはない¹¹⁾¹²⁾。

感染対策

患者の対応

飛沫感染+接触感染対策を、 発症後丸5日を経過し、 かつ解熱後丸2日を経過するまで継続 (学校では学校保健安全法第19条に基づき、 出席停止となる)。

医療機関での対応

院内では個室管理が難しければ、 カーテン隔離も許容されうる。 なお、 医療機関によっては独自の院内ルールがあり、 それに従う。

ワクチンの効果¹³⁾

1年に1回接種(13歳未満は2回)
  • 発症防止に対するワクチン有効率は60%
  • 成人のインフルエンザによる入院を40%、 ICU入室を80%減少させる
  • 小児のインフルエンザによるICU入室を70%減少させ、 重症化を75%減少させる
  • 妊婦のインフルエンザによる入院を40%減少させる
  • その他心血管イベント、 COPD増悪を減少させる

引用文献

  1. The flu versus COVID-19: Why it’s important to know the difference in 2022! (https://www.healthdirect.gov.au/blog/the-flu-versus-covid-19)
  2. COVID-19, cold, allergies and the flu: What are the differences? (https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/coronavirus/in-depth/covid-19-cold-flu-and-allergies-differences/art-20503981)
  3. Influenza. Ann Intern Med. 2021 Nov;174(11):ITC161-ITC176.PMID: 34748378
  4. Comparative epidemiology of pandemic and seasonal influenza A in households. N Engl J Med. 2010 Jun 10;362(23):2175-2184. PMID: 20558368
  5. サンフォード感染症治療ガイド 2022(第52版)
  6. Epidemiology, microbiology, and treatment considerations for bacterial pneumonia complicating influenza.Int J Infect Dis. 2012 May;16(5):e321-31.PMID: 22387143
  7. Characteristics and Outcomes of Influenza-Associated Encephalopathy Cases Among Children and Adults in Japan, 2010-2015. Clin Infect Dis. 2018 Jun 1;66(12):1831-1837.PMID: 29293894
  8. Investigation of the temporal association of Guillain-Barre syndrome with influenza vaccine and influenzalike illness using the United Kingdom General Practice Research Database. Am J Epidemiol. 2009 Feb 1;169(3):382-8. PMID: 19033158
  9. Acute Myocardial Infarction after Laboratory-Confirmed Influenza Infection.N Engl J Med. 2018 Jan 25;378(4):345-353.PMID: 29365305
  10. The use of maoto (Ma-Huang-Tang), a traditional Japanese Kampo medicine, to alleviate flu symptoms: a systematic review and meta-analysis. BMC Complement Altern Med. 2019 Mar 18;19(1):68.PMID: 30885188
  11. H1N1 encephalitis with malignant edema and review of neurologic complications from influenza.Neurocrit Care. 2010 Dec;13(3):396-406.PMID: 20811962
  12. Outcome of acute necrotizing encephalopathy in relation to treatment with corticosteroids and gammaglobulin.Brain Dev. 2009 Mar;31(3):221-7.PMID: 18456443
  13. CDC. Vaccine Effectiveness: How Well Do Flu Vaccines Work? (https://www.cdc.gov/flu/vaccines-work/vaccineeffect.htm) [最終確認 2022/12/24]

最終更新:2022年12月25日
監修医師:HOKUTO編集部監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師

各領域の第一線の専門医が複数在籍

最新トピックに関する独自記事を配信中

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

QRコードから
アプリを
ダウンロード!
ERマニュアルとは

当直や救急外来ですぐに役立つコンテンツを無料掲載!

監修は、SNSを用いた医学情報共有や医学教育を専門とする、聖路加国際病院救急部の清水真人先生。デジタルデバイスで読みやすいHOKUTOオリジナルの図表をご用意いたしました!

1. 症候
2. 疾患
4. 手技
2. 疾患

あなたは医師もしくは医療関係者ですか?

HOKUTOへようこそ。当サイトでは、医師の方を対象に株式会社HOKUTOの臨床支援コンテンツを提供しています。