内容
監修医師
本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではございません.  個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください. 

ポイント

  • 膀胱炎は、主に女性の疾患である。
  • 主に外来治療可能だが、尿培養は忘れずに。
  • 発熱を認めた場合は、急性腎盂腎炎を疑う。

病態・疫学

  • 30代前半までに女性の半分がUTIを経験。
  • 大腸菌 (E.coli)など腸内細菌が大部分。
  • 腐性ブドウ球菌 (Staphylococcus saprophyticus)は、 女性の膀胱炎の代表的な起炎菌の1つで、 性交渉との関連が強い。
腎盂腎炎に発展することもある

診断

尿中白血球増多と臨床症状で診断

  1. 尿沈渣で白血球≧10/HPF, 菌量≧10⁵
  2. 尿グラム染色で単一菌 (or優位菌) + 白血球
  3. 尿路症状あり (排尿時痛、残尿感、尿道違和感、血尿、恥骨圧痛など)
  4. 発熱、ショック、悪寒戦慄、嘔気を伴わない 
ある場合は 「腎盂腎炎」 として対応

性感染症の合併が疑わしい場合

  • クラミジア、 淋菌の精査を行う

治療

以下から選択 (腎機能正常例)

 💊ST合剤 4錠2x 3日間 

 バクタ®など  ※ただしST合剤は「妊婦禁忌」

 💊アモキシシリン・クラブラン酸 3-7日間

 オーグメンチン®️250RS 3錠3x+サワシリン®️250mg 3錠3xなど

 💊セファレキシン 500mg 4錠2x 5~7日間

 L-ケフレックス®️など

 💊レボフロキサシン 250mg 1錠1x 3日間

 クラビット®️など

急性膀胱炎

  ※注意点


関連コンテンツ

 🚑 ERマニュアル|急性腎盂腎炎

 📖 日本版敗血症診療ガイドライン 2020

 📖 JAID/JSC感染症治療ガイドライン2015―尿路感染症・男性性器感染症―

 📖 男性下部尿路症状・前立腺肥大症診療ガイドライン

最終更新:2023年9月30日
監修医師:聖路加国際病院救急部 清水真人

こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧

急性膀胱炎

Acute Cystitis
2022年07月04日更新
本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではございません.  個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください. 

ポイント

  • 膀胱炎は、主に女性の疾患である。
  • 主に外来治療可能だが、尿培養は忘れずに。
  • 発熱を認めた場合は、急性腎盂腎炎を疑う。

病態・疫学

  • 30代前半までに女性の半分がUTIを経験。
  • 大腸菌 (E.coli)など腸内細菌が大部分。
  • 腐性ブドウ球菌 (Staphylococcus saprophyticus)は、 女性の膀胱炎の代表的な起炎菌の1つで、 性交渉との関連が強い。
腎盂腎炎に発展することもある

診断

尿中白血球増多と臨床症状で診断

  1. 尿沈渣で白血球≧10/HPF, 菌量≧10⁵
  2. 尿グラム染色で単一菌 (or優位菌) + 白血球
  3. 尿路症状あり (排尿時痛、残尿感、尿道違和感、血尿、恥骨圧痛など)
  4. 発熱、ショック、悪寒戦慄、嘔気を伴わない 
ある場合は 「腎盂腎炎」 として対応

性感染症の合併が疑わしい場合

  • クラミジア、 淋菌の精査を行う

治療

以下から選択 (腎機能正常例)

 💊ST合剤 4錠2x 3日間 

 バクタ®など  ※ただしST合剤は「妊婦禁忌」

 💊アモキシシリン・クラブラン酸 3-7日間

 オーグメンチン®️250RS 3錠3x+サワシリン®️250mg 3錠3xなど

 💊セファレキシン 500mg 4錠2x 5~7日間

 L-ケフレックス®️など

 💊レボフロキサシン 250mg 1錠1x 3日間

 クラビット®️など

急性膀胱炎

  ※注意点


関連コンテンツ

 🚑 ERマニュアル|急性腎盂腎炎

 📖 日本版敗血症診療ガイドライン 2020

 📖 JAID/JSC感染症治療ガイドライン2015―尿路感染症・男性性器感染症―

 📖 男性下部尿路症状・前立腺肥大症診療ガイドライン

最終更新:2023年9月30日
監修医師:聖路加国際病院救急部 清水真人

こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師

各領域の第一線の専門医が複数在籍

最新トピックに関する独自記事を配信中

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

ERマニュアル

当直や救急外来ですぐに役立つコンテンツを無料掲載!

監修は、SNSを用いた医学情報共有や医学教育を専門とする、聖路加国際病院救急部の清水真人先生。デジタルデバイスで読みやすいHOKUTOオリジナルの図表をご用意いたしました!

症候
疾患
手技
疾患