内容
監修医師

胸痛 / 失神 / 嘔気 > 急性心筋梗塞

本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません.  個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください.

ポイント

  1. 胸痛はFive killer chest painを念頭に対応!
  2. 特に急性冠症候群ACS急性大動脈解離肺血栓塞栓症は救急外来での遭遇頻度高い!
  3. ACSは速やかかつ経時的な心電図高感度トロポニンで診断!(0-1時間アルゴリズム)
  4. 胸痛を訴えないACSは 女性高齢糖尿病嘔気失神めまいなどでキャッチアップ!

Five killer chest pain

  1. 急性冠症候群
  2. 急性大動脈解離
  3. 肺血栓塞栓症
  4. 緊張性気胸
  5. 特発性食道破裂

急性冠症候群のピットフォール

  • 非典型的な胸部症状冷汗心電図変化を認めるのは25%のみ!
  • ACSは速やかかつ経時的な心電図高感度トロポニンで診断!(0-1時間アルゴリズム)
  • 胸痛を訴えないACSは 女性高齢糖尿病嘔気失神めまいなどでキャッチアップ!

診断アルゴリズム例

STEMIと同様の危ない心電図

  • 左脚ブロック (Sgarbossa’s criteria)
  • de Winter ST/T wave complex
  • Wellens’症候群
  • aVRでのST上昇
  • 後壁梗塞
  • Hyper acute T wave
10分以内に心電図、そしてSTEMIであれば速やかな対応を!左脚ブロックなどSTEMIと同様の危ない心電図も要チェック.

0-1時間アルゴリズム

2020年版ESCガイドラインでは0/1時間アルゴリズムの次のオプションとして0/2時間アルゴリズムが追加され、 0/3時間アルゴリズムは推奨から考慮可になった. ポイントオブケア(POC)によるトロポニン測定は高感度トロポニンと比較して感度や陰性的中率が低いものの、 迅速性という明確な利点を考慮の上、 使用可能と記載されている.

関連コンテンツ

最終更新:2021年9月17日
監修医師:聖路加国際病院救急部 清水真人
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師

胸痛 / 失神 / 嘔気 > 急性心筋梗塞

本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません.  個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください.

ポイント

  1. 胸痛はFive killer chest painを念頭に対応!
  2. 特に急性冠症候群ACS急性大動脈解離肺血栓塞栓症は救急外来での遭遇頻度高い!
  3. ACSは速やかかつ経時的な心電図高感度トロポニンで診断!(0-1時間アルゴリズム)
  4. 胸痛を訴えないACSは 女性高齢糖尿病嘔気失神めまいなどでキャッチアップ!

Five killer chest pain

  1. 急性冠症候群
  2. 急性大動脈解離
  3. 肺血栓塞栓症
  4. 緊張性気胸
  5. 特発性食道破裂

急性冠症候群のピットフォール

  • 非典型的な胸部症状冷汗心電図変化を認めるのは25%のみ!
  • ACSは速やかかつ経時的な心電図高感度トロポニンで診断!(0-1時間アルゴリズム)
  • 胸痛を訴えないACSは 女性高齢糖尿病嘔気失神めまいなどでキャッチアップ!

診断アルゴリズム例

STEMIと同様の危ない心電図

  • 左脚ブロック (Sgarbossa’s criteria)
  • de Winter ST/T wave complex
  • Wellens’症候群
  • aVRでのST上昇
  • 後壁梗塞
  • Hyper acute T wave
10分以内に心電図、そしてSTEMIであれば速やかな対応を!左脚ブロックなどSTEMIと同様の危ない心電図も要チェック.

0-1時間アルゴリズム

2020年版ESCガイドラインでは0/1時間アルゴリズムの次のオプションとして0/2時間アルゴリズムが追加され、 0/3時間アルゴリズムは推奨から考慮可になった. ポイントオブケア(POC)によるトロポニン測定は高感度トロポニンと比較して感度や陰性的中率が低いものの、 迅速性という明確な利点を考慮の上、 使用可能と記載されている.

関連コンテンツ

最終更新:2021年9月17日
監修医師:聖路加国際病院救急部 清水真人
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師

各領域の第一線の専門医が複数在籍

最新トピックに関する独自記事を配信中

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

ERマニュアルとは

当直や救急外来ですぐに役立つコンテンツを無料掲載!

監修は、SNSを用いた医学情報共有や医学教育を専門とする、聖路加国際病院救急部の清水真人先生。デジタルデバイスで読みやすいHOKUTOオリジナルの図表をご用意いたしました!

1. 症候
2. 疾患
4. 手技
2. 疾患
アプリをいますぐ
無料ダウンロード!