内容
監修医師
本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません.  個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください.

ポイント

生命維持のため“ABCDE”順で評価

緊急疾患 “TAFな3X MAPD”の早期介入

*切迫するD:GCS≦8点、GCS2点以上の低下、ヘルニア徴候

①Airway

“会話可能”なら気道開通OK!

  1. 会話可能かどうか
  2. 吸気時喘鳴, tracheal tugging sign

ポイント!

  • 上気道閉塞疑い吸引そして確実な気動確保.
  • 気道緊急の状態ならすみやかに挿管.
  • 気道閉塞→挿管→輪状甲状靱帯穿刺→輪状甲状靱帯切開の順で確実な気道確保を考慮.

頸部は “4項目観察”

  1. 頸静脈怒張
  2. 呼吸補助筋の使用
  3. 気管偏位
  4. 皮下気腫

②Breathing

肺は“視て聴いて触って叩いてバイタル”

  • 視) 胸郭運動左右差, 呼吸様式, 数
  • 聴) 前胸部と側胸部で聴診
  • 触) 動揺性, 皮下気腫確認
  • 打) 前胸部鼓音, 側胸部濁音は異常
  • バイタル) SpO₂

ポイント!

  • 気管偏位、頚静脈怒張、皮下気腫、片側胸郭挙上があれば、緊張性気胸.
  • 動揺性胸郭の場合は、挿管し陽圧呼吸.

③Circulation

観察項目を“SHOCKな画像”で覚える!

  1. Skin (冷感, 湿潤の有無)
  2. HR (脈の強弱, 速さ)
  3. Outer bleeding (全身の活動性出血)
  4. CRT (感度特異度低い)
  5. Ketsuatu (これだけ日本語(笑))
  6. 画像 (FASTと胸部,骨盤部Xp)

ポイント!

  • ショックは血圧低下よりも皮膚冷汗湿潤頻脈, 頻呼吸が先行する。
  • CRTは爪を5秒押して, 2秒以内に血色が戻ればOK、ただし感度特異度は低い。
  • 初期輸液に反応しなければ、30~40%以上の出血があり、気管挿管の適応

FAST

  1. 上腹部で心嚢水
  2. 右側腹部でモリソン窩右胸水
  3. 左側腹部で脾周囲左胸水
  4. 下腹部でダグラス窩

出血性ショックの原因である“MAP”除外

  1. Massive hemothorax (大量血胸)
  2. Abdominal hemorrhage (腹腔内出血)
  3. Pelvic fracture (骨盤骨折)

外傷によるショックのほとんどが出血性ショックであり、これらを認めない場合、次に閉塞性ショックを考慮する.

Primary Surveyでのレントゲン読影

  1. 胸部では大量血胸多発肋骨骨折
  2. 骨盤では明らかな不安定型骨盤骨折

④Dysfunction of CNS

“まいど” もしくは “LLL” で 覚える!

  1. ま) 麻痺の有無 Laterality
  2. い) 意識レベル Level of cons.
  3. ど) 瞳孔径 Light of reflex, pupil size

ポイント!

  • “切迫するD” には早期介入!
  • GCS≦8GCS2点以上の低下ヘルニア徴候を“切迫するD”と呼ぶ
  • 緊急気管挿管の適応, 脳外科コール
  • バイタル安定すればSecondary Surveyの前に頭部CTが優先される

⑤Exposure & Environmental Control

“脱衣” と “体温管理” も忘れずに

  • 体温測定(保温に努める)


関連コンテンツ


最終更新:2021年7月17日
監修医師:聖路加国際病院救急部 清水真人
アプリ、web版でノートを開いたときのイメージ

HOKUTOをご利用いただくには

アプリからの新規登録が必要です。

アプリでの新規登録完了後、アプリ版の全機能と、

Web版のノート機能をご利用いただけるようになります。

※Web版のノート以外の機能は現在開発中です。

今すぐ無料ダウンロード!
こちらの記事の監修医師
聖路加国際病院 救急部 清水真人先生
聖路加国際病院
救急部 清水真人先生

2013年慶應義塾大学医学部を卒業。初期臨床研修修了後、2015年聖路加国際病院救急部入局。就任間もなく聖路加ベストティーチャー賞を連続受賞。救急・集中治療、 医学教育を専門とする他、Webツールの医療現場での利用に精通し、 複数の雑誌で連載を行う。

聖路加国際病院 救急部 清水真人先生
聖路加国際病院
救急部 清水真人先生

2013年慶應義塾大学医学部を卒業。初期臨床研修修了後、2015年聖路加国際病院救急部入局。就任間もなく聖路加ベストティーチャー賞を連続受賞。救急・集中治療、 医学教育を専門とする他、Webツールの医療現場での利用に精通し、 複数の雑誌で連載を行う。

聖路加国際病院
アプリ、web版でノートを開いたときのイメージ

HOKUTOをご利用いただくには

アプリからの新規登録が必要です。

アプリでの新規登録完了後、アプリ版の全機能と、

Web版のノート機能をご利用いただけるようになります。

※Web版のノート以外の機能は現在開発中です。

今すぐ無料ダウンロード!
本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません.  個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください.

ポイント

生命維持のため“ABCDE”順で評価

緊急疾患 “TAFな3X MAPD”の早期介入

*切迫するD:GCS≦8点、GCS2点以上の低下、ヘルニア徴候

①Airway

“会話可能”なら気道開通OK!

  1. 会話可能かどうか
  2. 吸気時喘鳴, tracheal tugging sign

ポイント!

  • 上気道閉塞疑い吸引そして確実な気動確保.
  • 気道緊急の状態ならすみやかに挿管.
  • 気道閉塞→挿管→輪状甲状靱帯穿刺→輪状甲状靱帯切開の順で確実な気道確保を考慮.

頸部は “4項目観察”

  1. 頸静脈怒張
  2. 呼吸補助筋の使用
  3. 気管偏位
  4. 皮下気腫

②Breathing

肺は“視て聴いて触って叩いてバイタル”

  • 視) 胸郭運動左右差, 呼吸様式, 数
  • 聴) 前胸部と側胸部で聴診
  • 触) 動揺性, 皮下気腫確認
  • 打) 前胸部鼓音, 側胸部濁音は異常
  • バイタル) SpO₂

ポイント!

  • 気管偏位、頚静脈怒張、皮下気腫、片側胸郭挙上があれば、緊張性気胸.
  • 動揺性胸郭の場合は、挿管し陽圧呼吸.

③Circulation

観察項目を“SHOCKな画像”で覚える!

  1. Skin (冷感, 湿潤の有無)
  2. HR (脈の強弱, 速さ)
  3. Outer bleeding (全身の活動性出血)
  4. CRT (感度特異度低い)
  5. Ketsuatu (これだけ日本語(笑))
  6. 画像 (FASTと胸部,骨盤部Xp)

ポイント!

  • ショックは血圧低下よりも皮膚冷汗湿潤頻脈, 頻呼吸が先行する。
  • CRTは爪を5秒押して, 2秒以内に血色が戻ればOK、ただし感度特異度は低い。
  • 初期輸液に反応しなければ、30~40%以上の出血があり、気管挿管の適応

FAST

  1. 上腹部で心嚢水
  2. 右側腹部でモリソン窩右胸水
  3. 左側腹部で脾周囲左胸水
  4. 下腹部でダグラス窩

出血性ショックの原因である“MAP”除外

  1. Massive hemothorax (大量血胸)
  2. Abdominal hemorrhage (腹腔内出血)
  3. Pelvic fracture (骨盤骨折)

外傷によるショックのほとんどが出血性ショックであり、これらを認めない場合、次に閉塞性ショックを考慮する.

Primary Surveyでのレントゲン読影

  1. 胸部では大量血胸多発肋骨骨折
  2. 骨盤では明らかな不安定型骨盤骨折

④Dysfunction of CNS

“まいど” もしくは “LLL” で 覚える!

  1. ま) 麻痺の有無 Laterality
  2. い) 意識レベル Level of cons.
  3. ど) 瞳孔径 Light of reflex, pupil size

ポイント!

  • “切迫するD” には早期介入!
  • GCS≦8GCS2点以上の低下ヘルニア徴候を“切迫するD”と呼ぶ
  • 緊急気管挿管の適応, 脳外科コール
  • バイタル安定すればSecondary Surveyの前に頭部CTが優先される

⑤Exposure & Environmental Control

“脱衣” と “体温管理” も忘れずに

  • 体温測定(保温に努める)


関連コンテンツ


最終更新:2021年7月17日
監修医師:聖路加国際病院救急部 清水真人
こちらの記事の監修医師
聖路加国際病院 救急部 清水真人先生
聖路加国際病院
救急部 清水真人先生

2013年慶應義塾大学医学部を卒業。初期臨床研修修了後、2015年聖路加国際病院救急部入局。就任間もなく聖路加ベストティーチャー賞を連続受賞。救急・集中治療、 医学教育を専門とする他、Webツールの医療現場での利用に精通し、 複数の雑誌で連載を行う。

聖路加国際病院 救急部 清水真人先生
聖路加国際病院
救急部 清水真人先生

2013年慶應義塾大学医学部を卒業。初期臨床研修修了後、2015年聖路加国際病院救急部入局。就任間もなく聖路加ベストティーチャー賞を連続受賞。救急・集中治療、 医学教育を専門とする他、Webツールの医療現場での利用に精通し、 複数の雑誌で連載を行う。

聖路加国際病院
こちらの記事の監修医師
聖路加国際病院 救急部 清水真人先生
聖路加国際病院
救急部 清水真人先生

聖路加国際病院救急部 医員

日本救急医学会 専門医

聖路加ベストティーチャー賞受賞

聖路加国際病院 救急部 清水真人先生
聖路加国際病院
救急部 清水真人先生

2013年慶應義塾大学医学部を卒業。初期臨床研修修了後、2015年聖路加国際病院救急部入局。就任間もなく聖路加ベストティーチャー賞を連続受賞。救急・集中治療、 医学教育を専門とする他、Webツールの医療現場での利用に精通し、 複数の雑誌で連載を行う。

ERマニュアルとは

当直や救急外来ですぐに役立つコンテンツを無料掲載!

監修は、SNSを用いた医学情報共有や医学教育を専門とする、聖路加国際病院救急部の清水真人先生。デジタルデバイスで読みやすいHOKUTOオリジナルの図表をご用意いたしました!

1. 症候
2. 疾患
4. 手技
アプリをいますぐ
無料ダウンロード!
アプリ、web版でノートを開いたときのイメージ

HOKUTOをご利用いただくには

アプリからの新規登録が必要です。

アプリでの新規登録完了後、アプリ版の全機能と、

Web版のノート機能をご利用いただけるようになります。

※Web版のノート以外の機能は現在開発中です。

今すぐ無料ダウンロード!