内容
監修医師

頭痛 / 痺れ > 脳梗塞

本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではございません.  個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください.

ポイント

  1. rt-PAの適応は発症から4.5時間以内
  2. 発症不明でもMRI所見によっては適応に!
  3. 治療は介入が早ければ早いほど効果的!
  4. rt-PAに追加した血栓回収療法を検討!

病態・疫学

  • 脳梗塞は中年、高齢者に多くみられる.
  • ADLや生命予後に大きく関わる疾患である.
  • アテローム性ラクナ塞栓性に大別できる.
  • BAD型はアテローム性として対応する.

診断

  1. 神経局所症状を呈するケースが殆どである.
  2. 発症早期であれば、CT評価が基本である.
  3. その後速やかに、MRIまたはCTAを追加する.

early CT signの確認

  1. Hyperdense MCA Sign
  2. レンズ核の輪郭不明瞭化
  3. 皮質-白質境界・島皮質の不明瞭化
  4. 脳溝の消失・脳実質の低信号化

脳梗塞の重症度評価

🔢 NIHSS 米国立衛生研究所脳卒中スケ−ル

🔢 GCS(Glasgow Coma Scale)

🔢 JCS(Japan Coma Scale)

🔢 MMT 徒手筋力テスト

バイタルサインと身体所見を確認したうえで、 神経学的診察を行う. 神経学的所見は、 NIHSSなどを用い、 系統立てて確認すると見落としが少ない.

治療

血栓溶解療法 (rt-PA)

血栓回収療法(血管内治療)

  • 前方循環系の閉塞(中大脳動脈M1もしくは内頚動脈)で、 発症6時間内であれば推奨
  • 発症から6時間を超えた場合でも、24時間まではリスク・ベネフィットを考慮し検討

rt-PA以外の脳梗塞治療薬

  • 原因と重症度によって使い分ける.
  • BAD型はアテローム血栓性に基づく.

<使用例>

予防

TIA後の脳梗塞発症リスクと治療方針

  • ABCD2スコアを用いたリスク評価を推奨.
  • TIA の急性期(発症 48 時間以内)の再発防止には、アスピリン 160~300mg/日の投与.
  • ABCD2 スコア ≧4点では、 急性期に限定した抗血小板薬2剤併用療法が勧められる.

心房細動の脳梗塞発症リスクと治療方針

  • CHADS₂スコアまたはCHA₂DS₂-VAScスコア などを利用して予防適応を判断する
  • 2020年不整脈薬物治療ガイドラインでは、 CHADS₂スコアの使用が推奨されている
  • 1点以上すべてのDOAC推奨、ワルファリン考慮可で、原則 INR 1.6~2.6を目標とする
  • その他のリスクは、心筋症、年齢65歳以上、血管疾患、持続性・永続性心房細動、低体重、腎機能障害、左房径>45mm


関連コンテンツ

📖 ガイドライン

🔢 表・計算ツール

🚑 ERマニュアル


最終更新:2022年4月1日
監修医師:聖路加国際病院救急部 清水真人
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師

頭痛 / 痺れ > 脳梗塞

本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではございません.  個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください.

ポイント

  1. rt-PAの適応は発症から4.5時間以内
  2. 発症不明でもMRI所見によっては適応に!
  3. 治療は介入が早ければ早いほど効果的!
  4. rt-PAに追加した血栓回収療法を検討!

病態・疫学

  • 脳梗塞は中年、高齢者に多くみられる.
  • ADLや生命予後に大きく関わる疾患である.
  • アテローム性ラクナ塞栓性に大別できる.
  • BAD型はアテローム性として対応する.

診断

  1. 神経局所症状を呈するケースが殆どである.
  2. 発症早期であれば、CT評価が基本である.
  3. その後速やかに、MRIまたはCTAを追加する.

early CT signの確認

  1. Hyperdense MCA Sign
  2. レンズ核の輪郭不明瞭化
  3. 皮質-白質境界・島皮質の不明瞭化
  4. 脳溝の消失・脳実質の低信号化

脳梗塞の重症度評価

🔢 NIHSS 米国立衛生研究所脳卒中スケ−ル

🔢 GCS(Glasgow Coma Scale)

🔢 JCS(Japan Coma Scale)

🔢 MMT 徒手筋力テスト

バイタルサインと身体所見を確認したうえで、 神経学的診察を行う. 神経学的所見は、 NIHSSなどを用い、 系統立てて確認すると見落としが少ない.

治療

血栓溶解療法 (rt-PA)

血栓回収療法(血管内治療)

  • 前方循環系の閉塞(中大脳動脈M1もしくは内頚動脈)で、 発症6時間内であれば推奨
  • 発症から6時間を超えた場合でも、24時間まではリスク・ベネフィットを考慮し検討

rt-PA以外の脳梗塞治療薬

  • 原因と重症度によって使い分ける.
  • BAD型はアテローム血栓性に基づく.

<使用例>

予防

TIA後の脳梗塞発症リスクと治療方針

  • ABCD2スコアを用いたリスク評価を推奨.
  • TIA の急性期(発症 48 時間以内)の再発防止には、アスピリン 160~300mg/日の投与.
  • ABCD2 スコア ≧4点では、 急性期に限定した抗血小板薬2剤併用療法が勧められる.

心房細動の脳梗塞発症リスクと治療方針

  • CHADS₂スコアまたはCHA₂DS₂-VAScスコア などを利用して予防適応を判断する
  • 2020年不整脈薬物治療ガイドラインでは、 CHADS₂スコアの使用が推奨されている
  • 1点以上すべてのDOAC推奨、ワルファリン考慮可で、原則 INR 1.6~2.6を目標とする
  • その他のリスクは、心筋症、年齢65歳以上、血管疾患、持続性・永続性心房細動、低体重、腎機能障害、左房径>45mm


関連コンテンツ

📖 ガイドライン

🔢 表・計算ツール

🚑 ERマニュアル


最終更新:2022年4月1日
監修医師:聖路加国際病院救急部 清水真人
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師

各領域の第一線の専門医が複数在籍

最新トピックに関する独自記事を配信中

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

ERマニュアルとは

当直や救急外来ですぐに役立つコンテンツを無料掲載!

監修は、SNSを用いた医学情報共有や医学教育を専門とする、聖路加国際病院救急部の清水真人先生。デジタルデバイスで読みやすいHOKUTOオリジナルの図表をご用意いたしました!

1. 症候
2. 疾患
4. 手技
2. 疾患
アプリをいますぐ
無料ダウンロード!