内容
監修医師
本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません.  個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください.

ポイント

  1. 1ヶ月以内にアフリカから帰国した発熱では、マラリアを否定する
  2. アフリカ帰りのマラリアのほとんどが重症化しやすい熱帯熱マラリア
  3. Giemsa染色を3回行い、感染赤血球をみる
  4. 邦人など、現地出身以外は免疫なく重症化しやすいので注意

疫学

ハマダラカによって媒介される原虫疾患

※なお、ハマダラカは本邦には生息しない

以下の5種類に分けられる

 1. 熱帯熱マラリア(P. falciparum)*重症型

 2. 三日熱マラリア(P. vivax)

 3. 四日熱マラリア(P. malariae)

 4. 卵形マラリア(P. ovale)

 5. サルマラリア(P. knowlesi)

特徴と潜伏期間

  • サハラ砂漠以南のアフリカで最も感染リスクが高いとされる.
  • アフリカ帰りのマラリアの8割が熱帯熱.
  • アジア帰りは7割が三日熱だが熱帯熱も.
  • 潜伏期は7日〜30日と長いので注意を.

病態・症状

  • 発熱、 頭痛、 筋肉痛などを認めるが特異的症状はない.
  • 血液検査では、 血小板減少腎機能障害肝機能異常を認める.
  • マラリアの既往のない者(日本人など)、妊婦、脾機能低下例は重症化リスク.

検査

血液塗抹検査(ギムザ染色)

  • 疑ったら血液塗抹検査(ギムザ染色)連日計3回行う.
  • 3回陰性まではマラリア否定できない.
参考:50代男性 熱帯熱マラリアの輪状体と分裂体

その他の検査

  • 迅速検査キット(BinaxNOWなど)
  • 他血算、生化学、血液培養2セット、尿検査

治療

重症マラリアの徴候がないかチェック

  • 意識障害(低血糖チェック)
  • 急性腎不全
  • 代謝性アシドーシス
  • 肺水腫
  • 貧血(Hb < 8g/dL)
  • 低血糖 
  • ショック
  • DIC
  • 原虫寄生率>2%

重症型ではない場合

  • ①リアメット 1回4錠1日2回食後 3日間
  • ②マラロン 1回4錠1日1回 3日間
  • ③メファキン 15〜25mg/kg 分1〜2

重症型の場合

治療後

  • 寄生率が0%になることを確認する
  • リアメット内服後の遅発性溶血性貧血は致死的になりうる. 投与後4週間は毎週外来フォローが望ましい.

鑑別診断

代表的な鑑別疾患

  • インフルエンザなどウイルス感染症
  • 感染性下痢症
  • デング熱
  • リケッチア症
  • レプトスピラ症
  • 腸チフス・パラチフス
  • ウイルス性出血熱
  • ウイルス性肝炎
最終更新:2022年1月20日
監修医師:聖路加国際病院救急部 清水真人

HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません.  個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください.

ポイント

  1. 1ヶ月以内にアフリカから帰国した発熱では、マラリアを否定する
  2. アフリカ帰りのマラリアのほとんどが重症化しやすい熱帯熱マラリア
  3. Giemsa染色を3回行い、感染赤血球をみる
  4. 邦人など、現地出身以外は免疫なく重症化しやすいので注意

疫学

ハマダラカによって媒介される原虫疾患

※なお、ハマダラカは本邦には生息しない

以下の5種類に分けられる

 1. 熱帯熱マラリア(P. falciparum)*重症型

 2. 三日熱マラリア(P. vivax)

 3. 四日熱マラリア(P. malariae)

 4. 卵形マラリア(P. ovale)

 5. サルマラリア(P. knowlesi)

特徴と潜伏期間

  • サハラ砂漠以南のアフリカで最も感染リスクが高いとされる.
  • アフリカ帰りのマラリアの8割が熱帯熱.
  • アジア帰りは7割が三日熱だが熱帯熱も.
  • 潜伏期は7日〜30日と長いので注意を.

病態・症状

  • 発熱、 頭痛、 筋肉痛などを認めるが特異的症状はない.
  • 血液検査では、 血小板減少腎機能障害肝機能異常を認める.
  • マラリアの既往のない者(日本人など)、妊婦、脾機能低下例は重症化リスク.

検査

血液塗抹検査(ギムザ染色)

  • 疑ったら血液塗抹検査(ギムザ染色)連日計3回行う.
  • 3回陰性まではマラリア否定できない.
参考:50代男性 熱帯熱マラリアの輪状体と分裂体

その他の検査

  • 迅速検査キット(BinaxNOWなど)
  • 他血算、生化学、血液培養2セット、尿検査

治療

重症マラリアの徴候がないかチェック

  • 意識障害(低血糖チェック)
  • 急性腎不全
  • 代謝性アシドーシス
  • 肺水腫
  • 貧血(Hb < 8g/dL)
  • 低血糖 
  • ショック
  • DIC
  • 原虫寄生率>2%

重症型ではない場合

  • ①リアメット 1回4錠1日2回食後 3日間
  • ②マラロン 1回4錠1日1回 3日間
  • ③メファキン 15〜25mg/kg 分1〜2

重症型の場合

治療後

  • 寄生率が0%になることを確認する
  • リアメット内服後の遅発性溶血性貧血は致死的になりうる. 投与後4週間は毎週外来フォローが望ましい.

鑑別診断

代表的な鑑別疾患

  • インフルエンザなどウイルス感染症
  • 感染性下痢症
  • デング熱
  • リケッチア症
  • レプトスピラ症
  • 腸チフス・パラチフス
  • ウイルス性出血熱
  • ウイルス性肝炎
最終更新:2022年1月20日
監修医師:聖路加国際病院救急部 清水真人

こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師

各領域の第一線の専門医が複数在籍

最新トピックに関する独自記事を配信中

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

ERマニュアルとは

当直や救急外来ですぐに役立つコンテンツを無料掲載!

監修は、SNSを用いた医学情報共有や医学教育を専門とする、聖路加国際病院救急部の清水真人先生。デジタルデバイスで読みやすいHOKUTOオリジナルの図表をご用意いたしました!

1. 症候
2. 疾患
4. 手技
2. 疾患
アプリをいますぐ
無料ダウンロード!