概要
計算
監修医師

BASDAI

BASDAIとは、 Bath Ankylosing Spondylitis Disease Activity Indexの略であり、 強直性脊椎炎の活動性を評価するスケールである。 

BASDAI評価項目

6つの質問 (A~F) につき、 過去1週間の症状を0 (全くない) から 10 (非常に強い) の11段階で回答し、 各質問で選択した数値を以下の式に当てはめてスコアを算出する。

BASDAI=0.2×(A+B+C+D+ 0.5×(E+F))

A:疲労感の程度

B:頸部から背部、 臀部にわたる疼痛の程度

C:上記以外の関節の疼痛・腫脹の程度

D:触れたり押したりするときに感じる疼痛 (触圧痛) の程度

E:朝のこわばりの程度

F:朝のこわばりの継続 (2時間を10点とする)

なお評価にはVAS (10cm) スケールを用いる。

BASDAI

エビデンス

オリジナル文献¹⁾

BASDAIのテストと再テストの信頼性は良好で (r=0.93, p<0.001)、 スコアのばらつきも良好であった (range;0.5-10, mean4.31)。

指定難病申請²⁾

BASDAIスコアが4以上 かつCRPが1.5mg/dL以上の場合、 重症例として指定難病の対象となる。 その他の重症例は以下の通り。

  • BASMIスコアが5以上
  • 脊椎X-P上、 連続する2椎間以上に強直 (bamboo spine) が認められる
  • 薬物治療が無効の高度な破壊や変形を伴う末梢関節炎がある
  • 局所治療抵抗性・反復性もしくは視力障害を伴う急性前部ぶどう膜炎がある

注意事項

VAS (10cm) スケールにて視覚的に評価するため、 VASスケールが必要となる。 

関連コンテンツ

強直性脊椎炎

🔢診断基準・重症度分類

指定難病271

🔢BASMI

強直性脊椎炎の活動性評価スコア

🔢BASDAI 

強直性脊椎炎の活動性評価スコア

参考文献

  1. A new approach to defining disease status in ankylosing spondylitis: the Bath Ankylosing Spondylitis Disease Activity Index. J Rheumatol. 1994 Dec;21(12):2286-91. PMID: 7699630.
  2. 厚生労働省 難治性疾患政策研究班 強直性脊椎炎(指定難病271)[最終閲覧2023/7/6]

最終更新:2023年7月10日
監修医師:HOKUTO編集部監修医師

こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧

BASDAI

強直性脊椎炎の活動性評価スコア
2023年10月06日更新
概要
計算

BASDAI

BASDAIとは、 Bath Ankylosing Spondylitis Disease Activity Indexの略であり、 強直性脊椎炎の活動性を評価するスケールである。 

BASDAI評価項目

6つの質問 (A~F) につき、 過去1週間の症状を0 (全くない) から 10 (非常に強い) の11段階で回答し、 各質問で選択した数値を以下の式に当てはめてスコアを算出する。

BASDAI=0.2×(A+B+C+D+ 0.5×(E+F))

A:疲労感の程度

B:頸部から背部、 臀部にわたる疼痛の程度

C:上記以外の関節の疼痛・腫脹の程度

D:触れたり押したりするときに感じる疼痛 (触圧痛) の程度

E:朝のこわばりの程度

F:朝のこわばりの継続 (2時間を10点とする)

なお評価にはVAS (10cm) スケールを用いる。

BASDAI

エビデンス

オリジナル文献¹⁾

BASDAIのテストと再テストの信頼性は良好で (r=0.93, p<0.001)、 スコアのばらつきも良好であった (range;0.5-10, mean4.31)。

指定難病申請²⁾

BASDAIスコアが4以上 かつCRPが1.5mg/dL以上の場合、 重症例として指定難病の対象となる。 その他の重症例は以下の通り。

  • BASMIスコアが5以上
  • 脊椎X-P上、 連続する2椎間以上に強直 (bamboo spine) が認められる
  • 薬物治療が無効の高度な破壊や変形を伴う末梢関節炎がある
  • 局所治療抵抗性・反復性もしくは視力障害を伴う急性前部ぶどう膜炎がある

注意事項

VAS (10cm) スケールにて視覚的に評価するため、 VASスケールが必要となる。 

関連コンテンツ

強直性脊椎炎

🔢診断基準・重症度分類

指定難病271

🔢BASMI

強直性脊椎炎の活動性評価スコア

🔢BASDAI 

強直性脊椎炎の活動性評価スコア

参考文献

  1. A new approach to defining disease status in ankylosing spondylitis: the Bath Ankylosing Spondylitis Disease Activity Index. J Rheumatol. 1994 Dec;21(12):2286-91. PMID: 7699630.
  2. 厚生労働省 難治性疾患政策研究班 強直性脊椎炎(指定難病271)[最終閲覧2023/7/6]

最終更新:2023年7月10日
監修医師:HOKUTO編集部監修医師

こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師

各領域の第一線の専門医が複数在籍

最新トピックに関する独自記事を配信中

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

表・計算

臨床支援アプリHOKUTOでご利用いただける医療計算ツールのご紹介