概要
計算
監修医師

PERCルールとは?

  • Pulmonary Embolism Rule-Out Criteriaの略で、 肺塞栓症除外基準のひとつ.
  • これまでのWellsスコアなどを用いた診療アルゴリズムでは、検査前確率が低い症例に対してもDダイマー偽陽性の結果、 不要な造影CTを撮像せざるを得ない状況がみられた.
  • Dダイマーを用いずに肺塞栓症を除外できないかと検討されたのがPERCルールである¹⁾.

確認項目

全てに該当しなければ肺塞栓否定
  1. 年齢 ≧ 50歳
  2. 心拍数 ≧ 100回/分
  3. SpO₂ < 95%
  4. 片側の下肢腫脹
  5. 血痰
  6. 4週間以内の手術もしくは外傷
  7. 肺血栓塞栓症や深部静脈血栓の既往
  8. エストロゲン製剤などホルモン剤の使用

エビデンス

オリジナル論文の概要¹⁾

  • 対象は、米国救急医が肺塞栓症の評価を要すると考えた患者、 Dダイマー陰性であれば肺塞栓除外できる程度の検査前確率と考えている患者. 除外条件なし.
  • アウトカムは90日以内にVTEの診断・治療を受けること、または死亡.
  • 結果、全て該当した場合、 PEのリスクは1.4%であった(感度96%、特異度27%)

Validationの概要²⁾³⁾

  • 前向き多施設研究で、 PERCを用いることで、画像検査に加えDダイマーすら不要となる症例が約20%存在すると報告された²⁾.
  • 低リスク集団で行われたクラスターランダム化試験「PROPER試験」でも、 PERCルールによる除外戦略は安全に造影CTなどリソース使用を減少させた³⁾.

使用上の注意点

  • PROPER試験³⁾は、 組み込まれた患者の平均年齢が若年であり、 PE有病率が全体で2.3%と低く、 有意な差がで認められなかった可能性があり、 解釈には注意を要する.
  • 入院患者や検査前確立の高い重症患者の検証は行われておらず、 PERCルールを使用できない.

PE診断アルゴリズム例

ショック、呼吸不全、 心エコー異常

肺血栓塞栓症を強く疑う場合はDダイマー不要ですぐに造影CTを行う.

その他の軽症例

PERCルールYEARSアルゴリズム、 Dダイマーから造影CTによる確定診断を行う.

監修医作成. 本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません. 個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください.

参考:YEARSアルゴリズムとは

  • 従来の肺血栓塞栓症診断予測スコアの一つであるmodified Wellsスコアをベースとし、 これまでのvalidation studyで最も予測精度の高かった3項目を選択、 さらにリスクに応じて層別化したD-dimerを併用した予測スコア⁴⁾.
  • Well's+D-dimerの基準と比較し、 感度を落とさず、 特異度を向上させた (感度 98.4% 特異度54.8%)との報告⁴⁾から、本稿ではYEARSアルゴリズムを診療アルゴリズムに掲載した..

関連コンテンツ

🚑 ERマニュアル|肺血栓塞栓症

🚑 ERマニュアル|胸痛

🔢 modified Wellsスコア for PE

🔢 YEARS アルゴリズム

🔢 PERC ルール

🔢 改訂Genevaスコア

🔢 Padua 予測スコア

🔢 PESI スコア

🔢 PESI スコア (簡易版)

📖 肺血栓塞栓症および深部静脈血栓症の診断、治療、予防に関するガイドライン2017

📖 慢性血栓塞栓性肺高血圧症 (CTEPH) 診療ガイドライン

参考文献

  1. Clinical criteria to prevent unnecessary diagnostic testing in emergency department patients with suspected pulmonary embolism. J Thromb Haemost. 2004 Aug;2(8):1247-55. PMID: 26903338
  2. Prospective multicenter evaluation of the pulmonary embolism rule-out criteria. J Thromb Haemost. 2008 May;6(5):772-80. PMID: 18318689
  3. Effect of the Pulmonary Embolism Rule-Out Criteria on Subsequent Thromboembolic Events Among Low-Risk Emergency Department Patients: The PROPER Randomized Clinical Trial. JAMA. 2018 Feb 13;319(6):559-566. PMID: 29450523
  4. Simplified diagnostic management of suspected pulmonary embolism (the YEARS study): a prospective, multicentre, cohort study. Lancet. 2017 Jul 15;390(10091):289-297. PMID: 28549662


最終更新:2022年5月26日
監修医師:聖路加国際病院救急部 清水真人
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
PERC ルールの計算機能については臨床支援アプリHOKUTOでご利用いただけます

このコンテンツはWEBからは閲覧できません。

アプリをダウンロードしてご覧ください。

今すぐ無料ダウンロード!
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師

PERC ルール

肺血栓塞栓症の除外
2022年05月26日更新

PERCルールとは?

  • Pulmonary Embolism Rule-Out Criteriaの略で、 肺塞栓症除外基準のひとつ.
  • これまでのWellsスコアなどを用いた診療アルゴリズムでは、検査前確率が低い症例に対してもDダイマー偽陽性の結果、 不要な造影CTを撮像せざるを得ない状況がみられた.
  • Dダイマーを用いずに肺塞栓症を除外できないかと検討されたのがPERCルールである¹⁾.

確認項目

全てに該当しなければ肺塞栓否定
  1. 年齢 ≧ 50歳
  2. 心拍数 ≧ 100回/分
  3. SpO₂ < 95%
  4. 片側の下肢腫脹
  5. 血痰
  6. 4週間以内の手術もしくは外傷
  7. 肺血栓塞栓症や深部静脈血栓の既往
  8. エストロゲン製剤などホルモン剤の使用

エビデンス

オリジナル論文の概要¹⁾

  • 対象は、米国救急医が肺塞栓症の評価を要すると考えた患者、 Dダイマー陰性であれば肺塞栓除外できる程度の検査前確率と考えている患者. 除外条件なし.
  • アウトカムは90日以内にVTEの診断・治療を受けること、または死亡.
  • 結果、全て該当した場合、 PEのリスクは1.4%であった(感度96%、特異度27%)

Validationの概要²⁾³⁾

  • 前向き多施設研究で、 PERCを用いることで、画像検査に加えDダイマーすら不要となる症例が約20%存在すると報告された²⁾.
  • 低リスク集団で行われたクラスターランダム化試験「PROPER試験」でも、 PERCルールによる除外戦略は安全に造影CTなどリソース使用を減少させた³⁾.

使用上の注意点

  • PROPER試験³⁾は、 組み込まれた患者の平均年齢が若年であり、 PE有病率が全体で2.3%と低く、 有意な差がで認められなかった可能性があり、 解釈には注意を要する.
  • 入院患者や検査前確立の高い重症患者の検証は行われておらず、 PERCルールを使用できない.

PE診断アルゴリズム例

ショック、呼吸不全、 心エコー異常

肺血栓塞栓症を強く疑う場合はDダイマー不要ですぐに造影CTを行う.

その他の軽症例

PERCルールYEARSアルゴリズム、 Dダイマーから造影CTによる確定診断を行う.

監修医作成. 本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません. 個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください.

参考:YEARSアルゴリズムとは

  • 従来の肺血栓塞栓症診断予測スコアの一つであるmodified Wellsスコアをベースとし、 これまでのvalidation studyで最も予測精度の高かった3項目を選択、 さらにリスクに応じて層別化したD-dimerを併用した予測スコア⁴⁾.
  • Well's+D-dimerの基準と比較し、 感度を落とさず、 特異度を向上させた (感度 98.4% 特異度54.8%)との報告⁴⁾から、本稿ではYEARSアルゴリズムを診療アルゴリズムに掲載した..

関連コンテンツ

🚑 ERマニュアル|肺血栓塞栓症

🚑 ERマニュアル|胸痛

🔢 modified Wellsスコア for PE

🔢 YEARS アルゴリズム

🔢 PERC ルール

🔢 改訂Genevaスコア

🔢 Padua 予測スコア

🔢 PESI スコア

🔢 PESI スコア (簡易版)

📖 肺血栓塞栓症および深部静脈血栓症の診断、治療、予防に関するガイドライン2017

📖 慢性血栓塞栓性肺高血圧症 (CTEPH) 診療ガイドライン

参考文献

  1. Clinical criteria to prevent unnecessary diagnostic testing in emergency department patients with suspected pulmonary embolism. J Thromb Haemost. 2004 Aug;2(8):1247-55. PMID: 26903338
  2. Prospective multicenter evaluation of the pulmonary embolism rule-out criteria. J Thromb Haemost. 2008 May;6(5):772-80. PMID: 18318689
  3. Effect of the Pulmonary Embolism Rule-Out Criteria on Subsequent Thromboembolic Events Among Low-Risk Emergency Department Patients: The PROPER Randomized Clinical Trial. JAMA. 2018 Feb 13;319(6):559-566. PMID: 29450523
  4. Simplified diagnostic management of suspected pulmonary embolism (the YEARS study): a prospective, multicentre, cohort study. Lancet. 2017 Jul 15;390(10091):289-297. PMID: 28549662


最終更新:2022年5月26日
監修医師:聖路加国際病院救急部 清水真人
PERC ルールの計算機能については臨床支援アプリHOKUTOでご利用いただけます

このコンテンツはWEBからは閲覧できません。

アプリをダウンロードしてご覧ください。

今すぐ無料ダウンロード!
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師

各領域の第一線の専門医が複数在籍

最新トピックに関する独自記事を配信中

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

表・計算

臨床支援アプリHOKUTOでご利用いただける医療計算ツールのご紹介

A
アナフィラキシーの診断基準
日本アレルギー学会策定ガイドラインより
気管支喘息の発作分類
小発作、中発作、大発作、重篤
A-aDO₂ 肺胞気動脈血酸素分圧較差
低酸素血症の評価法
ABCD²スコア
TIA後の脳梗塞発症リスク
ABCD³スコア
TIA後の脳梗塞発症リスク
ABCD³-Iスコア
TIA後の脳梗塞発症リスク
ABCスコア
消化管出血の入院後30日以内死亡予測スコア
ACT(喘息コントロールテスト)
12歳以上の喘息治療評価テスト
ADDリスクスコア
大動脈解離の診断リスクスコア
ADO指数
慢性閉塞性肺疾患 (COPD) の生存期間予測
ADOPT-LC スコア
肝硬変患者における肝手術後の入院中死亡リスクスコア
Adrogue-Madias 式
輸液補正による低Na血症の改善予測
A-DROP スコア
市中肺炎の重症度分類
AIHの重症度分類 2021
自己免疫性肝炎の重症度分類
AIHの診断指針 2021
自己免疫性肝炎の診断指針 (ガイドライン2021)
AIH 改訂型国際診断基準
自己免疫性肝炎の診断基準 (1999年改訂型)
AIH 簡易型国際診断基準
自己免疫性肝炎の診断基準 (2008年簡易型)
AIMS65スコア
上部消化管出血患者の死亡リスク評価
ALBIスコア / modified ALBIグレード
肝細胞癌の肝予備能評価
Alvaradoスコア(MANTRELS)
急性虫垂炎の診断予測
アニオンギャップ (AG)
代謝性アシドーシスの鑑別
Ann Arbor分類
ホジキンリンパ腫、非ホジキンリンパ腫の病期分類
APACHE II スコア
集中治療室入室患者の重症度予測
APGARスコア
出生直後の新生児評価法
ARC-HBR基準
PCI患者の出血リスク評価
ARISCATスコア
術後呼吸器合併症 (PPC) のリスク予測スコア
ATL臨床病型の診断基準
成人T細胞白血病・リンパ腫の診断基準
AUDIT アルコール使用障害同定テスト
アルコール依存症のスクリーニング法
C
CPIS (臨床肺感染スコア)
人工呼吸器関連肺炎(VAP)の臨床呼吸器感染評価
CAGE テスト
アルコール依存症のスクリーニング法
補正Ca濃度
低Alb血症患者におけるCa濃度補正 (Payne式)
カルボプラチンAUC投与量計算
Calvert式によるカルボプラチン投与量
CAM-ICU
ICU患者のせん妄評価方法
カナダ失神リスクスコア
失神患者の30日以内のイベント発生予測
Candidaスコア
非好中球減少患者のカンジダ感染症リスク
CASTスコア
心停止後症候群の神経学的予後予測
rCASTスコア
PCAS(心停止後症候群)の神経学的予後予測
CATCH 小児頭部外傷ルール
小児頭部外傷患者のCT適応基準
CCI (補正血小板増加数)
輸血後1時間後または20時間後の血小板増加数
Canadian C-spine ルール (CCR)
脊椎損傷の疑いを除去するプロトコル
CDAI (関節リウマチ)
関節リウマチの疾患活動性評価
CDAI (クローン病)
クローン病の重症度分類
modified Centor スコア
A群溶連菌性咽頭炎の診断予測
CHADS₂スコア
心房細動患者の脳梗塞発症リスク
CHA₂DS₂-VAScスコア
心房細動患者の脳梗塞発症リスク
CHALICE 小児頭部外傷ルール
小児頭部外傷患者のCT適応基準
チャールソン併存疾患指数 (CCI)
併存疾患による予測短期死亡率
抗がん剤の血管外漏出リスク
組織障害の強さによる薬剤の分類
小児のバイタルサイン正常範囲
年齢別の小児バイタルサイン一覧
肝障害度分類
肝細胞癌患者の肝予備能評価スコア
Child-Pugh分類
肝機能障害の重症度分類
CHOKAIスコア
尿路結石の予測モデル
絨毛癌診断スコア
臨床的絨毛癌の診断基準
CI 心係数(cardiac index)
体表面積当たりに換算した心機能の指標
CIWA-Ar
アルコール離脱症候群の重症度評価
CKDの診断基準とCGA分類
慢性腎不全の診断基準と重症度分類
CLLの治療開始基準
iwCLLで示された慢性リンパ性白血病の治療開始基準
CLLの病期分類 (Binet分類)
慢性リンパ性白血病の病期分類
CLLの病期分類 (改訂Rai分類)
慢性リンパ性白血病の病期分類
CMLの治療効果判定基準
ELN2013の判定基準
CNS-IPIスコア
DLBCLのCNS再発リスクスコア
CONUT スコア
入院患者の栄養状態
CAT (COPD評価テスト)
COPDの治療評価
COPD増悪時のPSL個別化用量
プレドニゾロン個別化用量の推算式
COPDの病期分類 (GOLD分類)
GOLD (Global Initiative for Chronic Obstructive Lung Disease)
CPO 心拍出力 (cardiac power output)
心拍出量と平均大動脈圧の積から得られる心機能の指標
CPI (Cペプチドインデックス)
インスリン分泌能の評価法
クレアチニンクリアランスの推算式 (蓄尿法)
24時間蓄尿法によるCCrの算出式
クレアチニンクリアランスの推算式
Cockcroft-gault式による推算値
CREDO-Kyoto 出血性リスクスコア
PCI治療後の出血性リスク評価
CREDO-Kyoto 血栓性リスクスコア
PCI治療後の血栓リスク評価
Crohn病の重症度分類
クローン病の重症度分類
Crohn病の診断基準
診断基準・治療指針 令和3年度改訂版より
CURB-65 スコア
市中肺炎の重症度分類
I
IgG index
中枢神経系での炎症評価
インスリン分泌指数 (II : Insulinogenic Index)
インスリン分泌能の評価法
IIPsの重症度分類
特発性間質性肺炎の重症度分類 (本邦基準)
IIPsの臨床診断名と病理組織分類
特発性間質性肺炎の臨床診断名と病理組織分類
ILD-GAPモデル
慢性間質性肺疾患の重症度分類
IMDスコア
血液腫瘍患者の侵襲性糸状菌感染症リスク
間質性肺炎合併肺癌の術後急性増悪リスク
間質性肺炎合併肺癌の術後急性増悪の予測
IOIBDスコア
クローン病の臨床的活動性指標
IPFの診断 (HRCTと病理組織パターン)
特発性肺線維症:ATS/ERS/JRS/ALATガイドライン2018
AE-IPFの定義と診断基準
特発性肺線維症急性増悪の定義と診断基準
IPI
アグレッシブリンパ腫の国際予後指標
年齢調整IPI
アグレッシブリンパ腫の国際予後指標(年齢調整)
IPSE-T / R-IPSE-T
本態性血小板血症の血栓症リスク評価
IPSET thrombosis
本態性血小板血症の生命予後リスク分類
IPSS for MDS
骨髄異形成症候群の国際予後判定システム
IPSS for PMF
原発性骨髄線維症の国際予後判定システム
IPSS-R
骨髄異形成症候群の改訂国際予後判定システム
I-ROADスコア
院内肺炎の重症度分類
IBSの診断基準(Rome IV基準)
過敏性腸症候群の診断基準
IBS亜型の診断基準
便形状と割合から過敏性腸症候群の亜型に分類
ISS
多発性骨髄腫の国際病期分類
R-ISS
多発性骨髄腫の改訂国際病期分類
ITP重症度分類
特発性血小板減少性紫斑病の重症度分類
S
Sokalスコア
慢性骨髄性白血病の予後分類
Hunt and Hess分類
くも膜下出血の重症度分類
Hunt and Kosnik分類
くも膜下出血の重症度分類
WFNS分類
くも膜下出血の重症度分類
再生不良性貧血の重症度基準
再生不良性貧血診療の参照ガイド 令和1年改訂版より
サンフランシスコ失神ルール (CHESS)
失神患者の入院適応
SAPSⅡ
集中治療室入室患者の重症度予測
SCORTEN
SJS/TENの重症度予測
SDAI (関節リウマチ)
関節リウマチの疾患活動性評価
simplified ATL-PI
急性型、リンパ腫型ATLの予後リスク
SINスコア
転移性骨腫瘍の椎体不安性評価
新片桐スコア
骨転移予後予測スコア
浸透圧ギャップ (血中エタノール濃度予測)
血清浸透圧実測値と理論値のギャップ
SIRSスコア
全身性炎症反応症候群の診断基準
SLEDAI (SLEの重症度分類)
全身性エリテマトーデスの疾患活動性指標
SELENA-SLEDAI
全身性エリテマトーデスの疾患活動性指標
SLiM-CRAB
多発性骨髄腫の診断基準
SMART-COP
市中肺炎の人工呼吸器、昇圧薬の必要性予測
SOB-ASAPスコア
急性心不全の院内死亡リスク予測
SOFAスコア
敗血症のスクリーニング法
ステロイド性骨粗鬆症のリスクスコア
ステロイド性骨粗鬆症の管理と治療ガイドライン2014年改訂版より
ステロイド外用薬の相対的力価
ランク分類 (5段階 Ⅰ群~Ⅴ群)
ステロイドの効力比と等価用量
ステロイド切替時の用量換算
ステロイド外用薬の部位別吸収率
前腕内側部位との比較
STSスコア (外部リンク)
成人心臓手術の予後予測
SUIT指数
インスリン分泌能の評価法
吹田スコア (LDLモデル)
脂質管理目標値と10年以内の冠動脈疾患の発症率
吹田スコア (2014年オリジナル版)
10年以内に冠動脈疾患を発症する確率
吹田CVDスコア
10年以内の脳卒中・冠動脈疾患発症率
STONEスコア
尿路結石の予測モデル
アプリをいますぐ
無料ダウンロード!