本機能はOpen AI社のChatGPTを活用した試験的な機能であり、予告なく変更や終了する可能性があります。出力される文章の信頼性・妥当性は保証いたしかねますので、臨床現場での直接的な利用は避け、あくまで参考情報としてご利用ください。
術後内分泌療法の効果、毒性、QOL、早期中止の予測
J Natl Cancer Inst2023 Sep 07.

術後内分泌療法の効果、毒性、QOL、早期中止の予測

Adjuvant endocrine therapy uptake, toxicity, quality of life, and prediction of early discontinuation.
Balazard F, Bertaut A, Bordet É, Mulard S, Blanc J, Briot N, Paux G, Dhaini Merimeche A, Rigal O, Coutant C, Fournier M, Jouannaud C, Soulie P, Lerebours F, Cottu PH, Tredan O, Vanlemmens L, Levy C, Mouret-Reynier MA, Campone M, Brady KJS, Sasane M, Rice M, Coulouvrat C, Martin AL, Jacquet A, Vaz-Luis I, Herold C, Pistilli B

AIによる要約

乳癌の術後補助内分泌療法(ET)を受ける患者の多くが副作用やQOLの低下を経験し、ETを早期に中止する傾向がある。本研究では、ETの早期中止を予測するモデルを開発した。結果、閉経後の患者で13%、閉経前の患者で15%が早期にETを中止した。早期中止と関連する要素として、QOLの低下、特に疲労と不眠が挙げられた。

AIによるコメント

本研究は、乳癌の術後補助内分泌療法の早期中止を予測するモデルを開発し、その有用性を示した。しかし、予測モデルの精度(C指数0.62)はまだ改善の余地がある。また、毒性管理の改善や新規アジュバントETの開発が必要との結論は、臨床現場における課題を明確に示している。
本機能はOpen AI社のChatGPTを活用した試験的な機能であり、予告なく変更や終了する可能性があります。出力される文章の信頼性・妥当性は保証いたしかねますので、臨床現場での直接的な利用は避け、あくまで参考情報としてご利用ください。
おすすめ論文検索AIを試してみる
PubMedで詳細を見る
AI機能について
本機能はOpen AI社のChatGPTを活用した試験的な機能であり、予告なく変更や終了する可能性があります。出力される文章の信頼性・妥当性は保証いたしかねますので、臨床現場での直接的な利用は避け、あくまで参考情報としてご利用ください。
臨床支援AI第二弾!おすすめ論文検索AI
HOKUTOコンテンツのGif画像
臨床支援アプリHOKUTOでは、診療業務をサポートする様々な機能をご利用いただけます。
臨床支援アプリHOKUTOでは、診療業務をサポートする様々な機能をご利用いただけます。
\ 今だけ!医師登録で /
3,000円分の
Amazonギフト券 プレゼント!
招待コード
19GP4
使用期限 : 2023年9月30日 *新規登録した方に限ります。医師であることを確認後、1ヶ月以内を目安に送信します。
今だけ!医師登録でAmazonギフト券
3,000
プレゼント!
招待コード
19GP4
使用期限 : 2023年9月30日 *新規登録した方に限ります。医師であることを確認後、1ヶ月以内を目安に送信します。
J Natl Cancer Inst2023 Sep 07.

術後内分泌療法の効果、毒性、QOL、早期中止の予測

Adjuvant endocrine therapy uptake, toxicity, quality of life, and prediction of early discontinuation.
Balazard F, Bertaut A, Bordet É, Mulard S, Blanc J, Briot N, Paux G, Dhaini Merimeche A, Rigal O, Coutant C, Fournier M, Jouannaud C, Soulie P, Lerebours F, Cottu PH, Tredan O, Vanlemmens L, Levy C, Mouret-Reynier MA, Campone M, Brady KJS, Sasane M, Rice M, Coulouvrat C, Martin AL, Jacquet A, Vaz-Luis I, Herold C, Pistilli B

AIによる要約

乳癌の術後補助内分泌療法(ET)を受ける患者の多くが副作用やQOLの低下を経験し、ETを早期に中止する傾向がある。本研究では、ETの早期中止を予測するモデルを開発した。結果、閉経後の患者で13%、閉経前の患者で15%が早期にETを中止した。早期中止と関連する要素として、QOLの低下、特に疲労と不眠が挙げられた。

AIによるコメント

本研究は、乳癌の術後補助内分泌療法の早期中止を予測するモデルを開発し、その有用性を示した。しかし、予測モデルの精度(C指数0.62)はまだ改善の余地がある。また、毒性管理の改善や新規アジュバントETの開発が必要との結論は、臨床現場における課題を明確に示している。
本機能はOpen AI社のChatGPTを活用した試験的な機能であり、予告なく変更や終了する可能性があります。出力される文章の信頼性・妥当性は保証いたしかねますので、臨床現場での直接的な利用は避け、あくまで参考情報としてご利用ください。
おすすめ論文検索AIを試してみる
PubMedで詳細を見る
HOKUTOコンテンツのGif画像
臨床支援アプリHOKUTOでは、診療業務をサポートする様々な機能をご利用いただけます。
臨床支援アプリHOKUTOでは、診療業務をサポートする様々な機能をご利用いただけます。
\ 今だけ!医師登録で /
3,000円分の
Amazonギフト券 プレゼント!
招待コード
19GP4
使用期限 : 2023年9月30日 *新規登録した方に限ります。医師であることを確認後、1ヶ月以内を目安に送信します。
今だけ!医師登録でAmazonギフト券
3,000
プレゼント!
招待コード
19GP4
使用期限 : 2023年9月30日 *新規登録した方に限ります。医師であることを確認後、1ヶ月以内を目安に送信します。
術後内分泌療法の効果、毒性、QOL、早期中止の予測