本機能はOpen AI社のChatGPTを活用した試験的な機能であり、予告なく変更や終了する可能性があります。出力される文章の信頼性・妥当性は保証いたしかねますので、臨床現場での直接的な利用は避け、あくまで参考情報としてご利用ください。
慢性リンパ性白血病における共有結合型BTK阻害剤後のピルトブルチニブ
N Engl J Med2023 Jul 06.

慢性リンパ性白血病における共有結合型BTK阻害剤後のピルトブルチニブ

Pirtobrutinib after a Covalent BTK Inhibitor in Chronic Lymphocytic Leukemia.
Mato AR, Woyach JA, Brown JR, Ghia P, Patel K, Eyre TA, Munir T, Lech-Maranda E, Lamanna N, Tam CS, Shah NN, Coombs CC, Ujjani CS, Fakhri B, Cheah CY, Patel MR, Alencar AJ, Cohen JB, Gerson JN, Flinn IW, Ma S, Jagadeesh D, Rhodes JM, Hernandez-Ilizaliturri F, Zinzani PL, Seymour JF, Balbas M, Nair B, Abada P, Wang C, Ruppert AS, Wang D, Tsai DE, Wierda WG, Jurczak W

AIによる要約

共有結合型BTK阻害剤が効かない慢性リンパ性白血病(CLL)や小リンパ球性リンパ腫(SLL)の治療に、非共有結合型BTK阻害剤ピルトブルチニブが有効であることが示された。317人の患者に投与し、そのうち247人がBTK阻害剤の投与歴があり、全奏効率は73.3%、無増悪生存期間中央値は19.6ヵ月だった。最も多い副作用は感染症、出血、好中球減少で、治療に関連した有害事象により中止した患者は全体の2.8%だった。

AIによるコメント

ピルトブルチニブは、BTK阻害剤が効かないCLLやSLLの新たな治療選択肢となり得る。全奏効率や無増悪生存期間の結果は良好だが、感染症や出血などの副作用には注意が必要だ。また、BTK阻害剤に一般的に関連する有害事象が比較的まれに発生した点も注目すべきだ。
本機能はOpen AI社のChatGPTを活用した試験的な機能であり、予告なく変更や終了する可能性があります。出力される文章の信頼性・妥当性は保証いたしかねますので、臨床現場での直接的な利用は避け、あくまで参考情報としてご利用ください。
おすすめ論文検索AIを試してみる
PubMedで詳細を見る
AI機能について
本機能はOpen AI社のChatGPTを活用した試験的な機能であり、予告なく変更や終了する可能性があります。出力される文章の信頼性・妥当性は保証いたしかねますので、臨床現場での直接的な利用は避け、あくまで参考情報としてご利用ください。
臨床支援AI第二弾!おすすめ論文検索AI
HOKUTOコンテンツのGif画像
臨床支援アプリHOKUTOでは、診療業務をサポートする様々な機能をご利用いただけます。
臨床支援アプリHOKUTOでは、診療業務をサポートする様々な機能をご利用いただけます。
\ 今だけ!医師登録で /
3,000円分の
Amazonギフト券 プレゼント!
招待コード
19GP4
使用期限 : 2023年9月30日 *新規登録した方に限ります。医師であることを確認後、1ヶ月以内を目安に送信します。
今だけ!医師登録でAmazonギフト券
3,000
プレゼント!
招待コード
19GP4
使用期限 : 2023年9月30日 *新規登録した方に限ります。医師であることを確認後、1ヶ月以内を目安に送信します。
N Engl J Med2023 Jul 06.

慢性リンパ性白血病における共有結合型BTK阻害剤後のピルトブルチニブ

Pirtobrutinib after a Covalent BTK Inhibitor in Chronic Lymphocytic Leukemia.
Mato AR, Woyach JA, Brown JR, Ghia P, Patel K, Eyre TA, Munir T, Lech-Maranda E, Lamanna N, Tam CS, Shah NN, Coombs CC, Ujjani CS, Fakhri B, Cheah CY, Patel MR, Alencar AJ, Cohen JB, Gerson JN, Flinn IW, Ma S, Jagadeesh D, Rhodes JM, Hernandez-Ilizaliturri F, Zinzani PL, Seymour JF, Balbas M, Nair B, Abada P, Wang C, Ruppert AS, Wang D, Tsai DE, Wierda WG, Jurczak W

AIによる要約

共有結合型BTK阻害剤が効かない慢性リンパ性白血病(CLL)や小リンパ球性リンパ腫(SLL)の治療に、非共有結合型BTK阻害剤ピルトブルチニブが有効であることが示された。317人の患者に投与し、そのうち247人がBTK阻害剤の投与歴があり、全奏効率は73.3%、無増悪生存期間中央値は19.6ヵ月だった。最も多い副作用は感染症、出血、好中球減少で、治療に関連した有害事象により中止した患者は全体の2.8%だった。

AIによるコメント

ピルトブルチニブは、BTK阻害剤が効かないCLLやSLLの新たな治療選択肢となり得る。全奏効率や無増悪生存期間の結果は良好だが、感染症や出血などの副作用には注意が必要だ。また、BTK阻害剤に一般的に関連する有害事象が比較的まれに発生した点も注目すべきだ。
本機能はOpen AI社のChatGPTを活用した試験的な機能であり、予告なく変更や終了する可能性があります。出力される文章の信頼性・妥当性は保証いたしかねますので、臨床現場での直接的な利用は避け、あくまで参考情報としてご利用ください。
おすすめ論文検索AIを試してみる
PubMedで詳細を見る
HOKUTOコンテンツのGif画像
臨床支援アプリHOKUTOでは、診療業務をサポートする様々な機能をご利用いただけます。
臨床支援アプリHOKUTOでは、診療業務をサポートする様々な機能をご利用いただけます。
\ 今だけ!医師登録で /
3,000円分の
Amazonギフト券 プレゼント!
招待コード
19GP4
使用期限 : 2023年9月30日 *新規登録した方に限ります。医師であることを確認後、1ヶ月以内を目安に送信します。
今だけ!医師登録でAmazonギフト券
3,000
プレゼント!
招待コード
19GP4
使用期限 : 2023年9月30日 *新規登録した方に限ります。医師であることを確認後、1ヶ月以内を目安に送信します。
慢性リンパ性白血病における共有結合型BTK阻害剤後のピルトブルチニブ