本機能はOpen AI社のChatGPTを活用した試験的な機能であり、予告なく変更や終了する可能性があります。出力される文章の信頼性・妥当性は保証いたしかねますので、臨床現場での直接的な利用は避け、あくまで参考情報としてご利用ください。
治療歴のないEGFR遺伝子変異陽性進行非小細胞肺癌患者における症候性または無症候性脳転移に対するラザルチニブの有効性:非盲検単群第Ⅱ相試験のプロトコール
Thorac Cancer2023 Aug.

治療歴のないEGFR遺伝子変異陽性進行非小細胞肺癌患者における症候性または無症候性脳転移に対するラザルチニブの有効性:非盲検単群第Ⅱ相試験のプロトコール

Efficacy of lazertinib for symptomatic or asymptomatic brain metastases in treatment-naive patients with advanced EGFR mutation-positive non-small cell lung cancer: Protocol of an open-label, single-arm phase II trial.
Lee B, Ji W, Lee JC, Song SY, Shin YS, Cho YH, Park JE, Park H, Choi CM

AIによる要約

EGFR遺伝子変異陽性の非小細胞肺癌(NSCLC)患者における脳転移に対する新たなEGFR-TKI、ラザルチニブの有効性を評価する非盲検単群第Ⅱ相試験のプロトコールを紹介する。75人の患者に対し、病勢進行または忍容できない毒性が検出されるまで、ラザルチニブ240mgを1日1回経口投与する。脳転移に関連した中等度から重度の症状を有する患者には、同時に脳に対する局所療法が行われる。主要評価項目は、無増悪生存期間と頭蓋内無増悪生存期間である。

AIによるコメント

ラザルチニブの脳への浸透性が改善されているとの前臨床試験の結果から、脳転移を有するEGFR遺伝子変異陽性NSCLCの一次治療としての有用性が期待される。しかし、本試験は単施設、非盲検、単群の第Ⅱ相試験であるため、結果の一般化には注意が必要だ。
本機能はOpen AI社のChatGPTを活用した試験的な機能であり、予告なく変更や終了する可能性があります。出力される文章の信頼性・妥当性は保証いたしかねますので、臨床現場での直接的な利用は避け、あくまで参考情報としてご利用ください。
おすすめ論文検索AIを試してみる
PubMedで詳細を見る
AI機能について
本機能はOpen AI社のChatGPTを活用した試験的な機能であり、予告なく変更や終了する可能性があります。出力される文章の信頼性・妥当性は保証いたしかねますので、臨床現場での直接的な利用は避け、あくまで参考情報としてご利用ください。
臨床支援AI第二弾!おすすめ論文検索AI
HOKUTOコンテンツのGif画像
臨床支援アプリHOKUTOでは、診療業務をサポートする様々な機能をご利用いただけます。
臨床支援アプリHOKUTOでは、診療業務をサポートする様々な機能をご利用いただけます。
\ 今だけ!医師登録で /
3,000円分の
Amazonギフト券 プレゼント!
招待コード
19GP4
使用期限 : 2023年9月30日 *新規登録した方に限ります。医師であることを確認後、1ヶ月以内を目安に送信します。
今だけ!医師登録でAmazonギフト券
3,000
プレゼント!
招待コード
19GP4
使用期限 : 2023年9月30日 *新規登録した方に限ります。医師であることを確認後、1ヶ月以内を目安に送信します。
Thorac Cancer2023 Aug.

治療歴のないEGFR遺伝子変異陽性進行非小細胞肺癌患者における症候性または無症候性脳転移に対するラザルチニブの有効性:非盲検単群第Ⅱ相試験のプロトコール

Efficacy of lazertinib for symptomatic or asymptomatic brain metastases in treatment-naive patients with advanced EGFR mutation-positive non-small cell lung cancer: Protocol of an open-label, single-arm phase II trial.
Lee B, Ji W, Lee JC, Song SY, Shin YS, Cho YH, Park JE, Park H, Choi CM

AIによる要約

EGFR遺伝子変異陽性の非小細胞肺癌(NSCLC)患者における脳転移に対する新たなEGFR-TKI、ラザルチニブの有効性を評価する非盲検単群第Ⅱ相試験のプロトコールを紹介する。75人の患者に対し、病勢進行または忍容できない毒性が検出されるまで、ラザルチニブ240mgを1日1回経口投与する。脳転移に関連した中等度から重度の症状を有する患者には、同時に脳に対する局所療法が行われる。主要評価項目は、無増悪生存期間と頭蓋内無増悪生存期間である。

AIによるコメント

ラザルチニブの脳への浸透性が改善されているとの前臨床試験の結果から、脳転移を有するEGFR遺伝子変異陽性NSCLCの一次治療としての有用性が期待される。しかし、本試験は単施設、非盲検、単群の第Ⅱ相試験であるため、結果の一般化には注意が必要だ。
本機能はOpen AI社のChatGPTを活用した試験的な機能であり、予告なく変更や終了する可能性があります。出力される文章の信頼性・妥当性は保証いたしかねますので、臨床現場での直接的な利用は避け、あくまで参考情報としてご利用ください。
おすすめ論文検索AIを試してみる
PubMedで詳細を見る
HOKUTOコンテンツのGif画像
臨床支援アプリHOKUTOでは、診療業務をサポートする様々な機能をご利用いただけます。
臨床支援アプリHOKUTOでは、診療業務をサポートする様々な機能をご利用いただけます。
\ 今だけ!医師登録で /
3,000円分の
Amazonギフト券 プレゼント!
招待コード
19GP4
使用期限 : 2023年9月30日 *新規登録した方に限ります。医師であることを確認後、1ヶ月以内を目安に送信します。
今だけ!医師登録でAmazonギフト券
3,000
プレゼント!
招待コード
19GP4
使用期限 : 2023年9月30日 *新規登録した方に限ります。医師であることを確認後、1ヶ月以内を目安に送信します。
治療歴のないEGFR遺伝子変異陽性進行非小細胞肺癌患者における症候性または無症候性脳転移に対するラザルチニブの有効性:非盲検単群第Ⅱ相試験のプロトコール