本機能はOpen AI社のChatGPTを活用した試験的な機能であり、予告なく変更や終了する可能性があります。出力される文章の信頼性・妥当性は保証いたしかねますので、臨床現場での直接的な利用は避け、あくまで参考情報としてご利用ください。
Endologix AFXまたはAFX2血管内AAAシステムを用いた血管内動脈瘤修復術後の外科的介入のリスクと他の装置との比較
J Vasc Surg2023 Aug.

Endologix AFXまたはAFX2血管内AAAシステムを用いた血管内動脈瘤修復術後の外科的介入のリスクと他の装置との比較

Risk for surgical interventions following endovascular aneurysm repair with Endologix AFX or AFX2 Endovascular AAA Systems compared with other devices.
Prentice HA, Paxton EW, Harris JE, Garg J, Rehring TF, Nelken NA, Hajarizadeh H, Hsu JH, Chang RW

AIによる要約

Endologix AFXまたはAFX2血管内AAAシステムを用いた血管内動脈瘤修復術(EVAR)後の再治療や外科的介入のリスクを他の3種類の大容量血管内治療器と比較した研究である。結果として、AFX/AFX2を用いた患者は他のデバイスと比較して、III型エンドリークのリスクや一次EVAR後1年超の再手術、破裂、動脈瘤関連死亡のリスクが高かった。

AIによるコメント

この研究は、Endologix AFXまたはAFX2血管内AAAシステムを用いたEVAR後のリスクを他のデバイスと比較したものである。AFX/AFX2を用いた患者のリスクが高いという結果は、これらのデバイスを使用する際の注意点を示している。しかし、この結果は一部の患者群に限定されており、全体的な評価にはさらなる研究が必要である。
本機能はOpen AI社のChatGPTを活用した試験的な機能であり、予告なく変更や終了する可能性があります。出力される文章の信頼性・妥当性は保証いたしかねますので、臨床現場での直接的な利用は避け、あくまで参考情報としてご利用ください。
おすすめ論文検索AIを試してみる
PubMedで詳細を見る
AI機能について
本機能はOpen AI社のChatGPTを活用した試験的な機能であり、予告なく変更や終了する可能性があります。出力される文章の信頼性・妥当性は保証いたしかねますので、臨床現場での直接的な利用は避け、あくまで参考情報としてご利用ください。
臨床支援AI第二弾!おすすめ論文検索AI
HOKUTOコンテンツのGif画像
臨床支援アプリHOKUTOでは、診療業務をサポートする様々な機能をご利用いただけます。
臨床支援アプリHOKUTOでは、診療業務をサポートする様々な機能をご利用いただけます。
\ 今だけ!医師登録で /
3,000円分の
Amazonギフト券 プレゼント!
招待コード
19GP4
使用期限 : 2023年9月30日 *新規登録した方に限ります。医師であることを確認後、1ヶ月以内を目安に送信します。
今だけ!医師登録でAmazonギフト券
3,000
プレゼント!
招待コード
19GP4
使用期限 : 2023年9月30日 *新規登録した方に限ります。医師であることを確認後、1ヶ月以内を目安に送信します。
J Vasc Surg2023 Aug.

Endologix AFXまたはAFX2血管内AAAシステムを用いた血管内動脈瘤修復術後の外科的介入のリスクと他の装置との比較

Risk for surgical interventions following endovascular aneurysm repair with Endologix AFX or AFX2 Endovascular AAA Systems compared with other devices.
Prentice HA, Paxton EW, Harris JE, Garg J, Rehring TF, Nelken NA, Hajarizadeh H, Hsu JH, Chang RW

AIによる要約

Endologix AFXまたはAFX2血管内AAAシステムを用いた血管内動脈瘤修復術(EVAR)後の再治療や外科的介入のリスクを他の3種類の大容量血管内治療器と比較した研究である。結果として、AFX/AFX2を用いた患者は他のデバイスと比較して、III型エンドリークのリスクや一次EVAR後1年超の再手術、破裂、動脈瘤関連死亡のリスクが高かった。

AIによるコメント

この研究は、Endologix AFXまたはAFX2血管内AAAシステムを用いたEVAR後のリスクを他のデバイスと比較したものである。AFX/AFX2を用いた患者のリスクが高いという結果は、これらのデバイスを使用する際の注意点を示している。しかし、この結果は一部の患者群に限定されており、全体的な評価にはさらなる研究が必要である。
本機能はOpen AI社のChatGPTを活用した試験的な機能であり、予告なく変更や終了する可能性があります。出力される文章の信頼性・妥当性は保証いたしかねますので、臨床現場での直接的な利用は避け、あくまで参考情報としてご利用ください。
おすすめ論文検索AIを試してみる
PubMedで詳細を見る
HOKUTOコンテンツのGif画像
臨床支援アプリHOKUTOでは、診療業務をサポートする様々な機能をご利用いただけます。
臨床支援アプリHOKUTOでは、診療業務をサポートする様々な機能をご利用いただけます。
\ 今だけ!医師登録で /
3,000円分の
Amazonギフト券 プレゼント!
招待コード
19GP4
使用期限 : 2023年9月30日 *新規登録した方に限ります。医師であることを確認後、1ヶ月以内を目安に送信します。
今だけ!医師登録でAmazonギフト券
3,000
プレゼント!
招待コード
19GP4
使用期限 : 2023年9月30日 *新規登録した方に限ります。医師であることを確認後、1ヶ月以内を目安に送信します。
Endologix AFXまたはAFX2血管内AAAシステムを用いた血管内動脈瘤修復術後の外科的介入のリスクと他の装置との比較