薬剤情報
後発品
薬効分類消毒薬
一般名アクリノール水和物液
薬価6.6
メーカー大成薬品
最終更新2015年09月改訂(第2版)

用法・用量

0.05〜0.2%の液として使用する。

効能・効果

化膿局所の消毒:泌尿器科術中術後・産婦人科術中術後、化膿性疾患(せつ、よう、扁桃炎、副鼻腔炎、中耳炎)。

副作用

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

その他の副作用

その他の副作用(頻度不明)

1.皮膚:塗布部の皮膚疼痛、発赤、皮膚腫脹、皮膚潰瘍、皮膚壊死[このような場合には使用を中止し、適切な処置を行う]。

2.過敏症:過敏症状[このような場合には使用を中止し、適切な処置を行う]。

取扱い上の注意

(適用上の注意)

投与経路:外用にのみ使用し、内服しない。

1.配合変化:アクリノール水和物は水にやや溶けにくい乳酸塩であるが、塩酸塩は溶けにくいので、Cl−が共存する場合は、濃度により塩酸塩を析出することがある。

2.注意:本品で着色すると脱色しにくいので、必要以外のものに付着しないように注意する。

保管上の注意

遮光した気密容器。

HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師

アクリノール消毒液0.2%「タイセイ」

消毒薬
2015年09月改訂(第2版)
薬剤情報
後発品
薬効分類消毒薬
一般名アクリノール水和物液
薬価6.6
メーカー大成薬品
最終更新2015年09月改訂(第2版)

用法・用量

0.05〜0.2%の液として使用する。

効能・効果

化膿局所の消毒:泌尿器科術中術後・産婦人科術中術後、化膿性疾患(せつ、よう、扁桃炎、副鼻腔炎、中耳炎)。

副作用

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

その他の副作用

その他の副作用(頻度不明)

1.皮膚:塗布部の皮膚疼痛、発赤、皮膚腫脹、皮膚潰瘍、皮膚壊死[このような場合には使用を中止し、適切な処置を行う]。

2.過敏症:過敏症状[このような場合には使用を中止し、適切な処置を行う]。

取扱い上の注意

(適用上の注意)

投与経路:外用にのみ使用し、内服しない。

1.配合変化:アクリノール水和物は水にやや溶けにくい乳酸塩であるが、塩酸塩は溶けにくいので、Cl−が共存する場合は、濃度により塩酸塩を析出することがある。

2.注意:本品で着色すると脱色しにくいので、必要以外のものに付着しないように注意する。

保管上の注意

遮光した気密容器。

後発品はありません

あなたは医師もしくは医療関係者ですか?

HOKUTOへようこそ。当サイトでは、医師の方を対象に株式会社HOKUTOの臨床支援コンテンツを提供しています。