内容
監修医師
本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではございません. 個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください.

定義

Laboratory TLS:

下記の臨床検査値以上のうち2個以上が化学療法開始3日前から開始7日後までに認められる

  • 高尿酸血症:基準値上限を超える
  • 高カリウム血症:基準値上限を超える
  • 高リン血症:基準値上限を超える

Clinical TLS:

LTLSに加えて下記のいずれかの臨床症状を伴う

  • 腎機能:血清Cre ≧ 1.5×基準値上限
  • 不整脈、 突然死
  • 痙攣

固形腫瘍におけるTLS評価

固形腫瘍におけるTLSリスク分類

固形腫瘍におけるTLS発症のリスク因子

  • 高腫瘍量
  • 肝転移
  • LDH高値あるいは尿酸値上昇
  • 化学療法高感受性
  • 治療前からの腎機能障害
  • 腎毒性のある薬剤での治療
  • 腎毒性のある薬剤での治療

多発性骨髄腫におけるTLS評価

多発性骨髄腫におけるTLSリスク評価

白血病におけるTLS評価

慢性白血病におけるTLSリスク分類

急性白血病におけるTLSリスク分類

急性白血病における腎機能によるTLSリスク補正

悪性リンパ腫におけるTLS評価

悪性リンパ腫(成人)のTLSリスク分類

小児科領域におけるTLS評価

  • 固形腫瘍:低リスク
  • 神経芽腫、 胚細胞腫瘍、 髄芽種:中間リスク
  • 白血病:成人白血病参照
  • リンパ腫 (一部除く) :成人リンパ腫参照

腎機能、 腎浸潤によるリスクの調整

TLS予防および治療

低リスク

  • TLSおよびその合併症発症について治療開始後、 最終の化学療法薬投与24時間後まで1日1回モニタリング:尿酸、 リン、 カリウム、 クレアチニン、 カルシウム、 LDH、 水分in/out量.
  • 通常量の補液.
  • 高尿酸血症に対する予防投与は不要.

中リスク

  • TLSおよびその合併症発症について治療開始後、 最終の化学療法薬投与24時間後まで8-12時間ごとにモニタリング.
  • 大量補液 (2,000-3,000mL/㎡/日、 (体重≦10kg:200mL/kg/日).
  • フェブキソスタットの投与 (60mg/日) あるいはアロプリノールの投与 (300mg/日).
  • ラスブリカーゼ投与.
  • アルカリ化は不要.

高リスク

  • ICUもしくはそれに準じた環境での治療が望ましい.
  • TLSおよびその合併症発症について治療開始後、 最終の化学療法薬投与24時間後まで頻回に (4~6時間ごと) モニタリング.
  • 大量補液 (2,000-3,000mL/㎡/日、 (体重≦10kg:200mL/kg/日).
  • ラスブリカーゼ投与 (0.1-0.2mg/kg/日、 最大7日間).
  • アルカリ化は不要.
  • 高カリウム血症かつ/または高リン血症に対する管理を核施設基準またはTLSの治療法に基づいて施行.
  • 腫瘍量軽減のための治療の考慮.
  • Hyperleukocytosisを認める場合には、 Leukocytapheresis/Exchange transfusionを考慮.

参考文献

  1. 腫瘍崩壊症候群 (TLS) 診療ガイダンス 第2版 日本臨床腫瘍学会編


最終更新:2021年8月13日
執筆担当:北里大学病院薬剤部 宮島律子
監修医師:伊勢原協同病院血液内科 扇屋大輔
アプリ、web版でノートを開いたときのイメージ

HOKUTOをご利用いただくには

アプリからの新規登録が必要です。

アプリでの新規登録完了後、アプリ版の全機能と、

Web版のノート機能をご利用いただけるようになります。

※Web版のノート以外の機能は現在開発中です。

今すぐ無料ダウンロード!
こちらの記事の監修医師
伊勢原協同病院 血液内科 扇屋大輔先生
伊勢原協同病院
血液内科 扇屋大輔先生

2006年、山梨大学医学部医学科卒業。初期臨床研修修了後、東海大学医学部付属病院血液腫瘍内科へ入局。 その後、 ダナ•ファーバーがん研究所多発性骨髄腫研究センターへの留学を経て、現職は伊勢原協同病院 血液内科 医長。 日本血液学会血液専門医・指導医。

伊勢原協同病院 血液内科 扇屋大輔先生
伊勢原協同病院
血液内科 扇屋大輔先生

2006年、山梨大学医学部医学科卒業。初期臨床研修修了後、東海大学医学部付属病院血液腫瘍内科へ入局。 その後、 ダナ•ファーバーがん研究所多発性骨髄腫研究センターへの留学を経て、現職は伊勢原協同病院 血液内科 医長。 日本血液学会血液専門医・指導医。

伊勢原協同病院
アプリ、web版でノートを開いたときのイメージ

HOKUTOをご利用いただくには

アプリからの新規登録が必要です。

アプリでの新規登録完了後、アプリ版の全機能と、

Web版のノート機能をご利用いただけるようになります。

※Web版のノート以外の機能は現在開発中です。

今すぐ無料ダウンロード!
本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではございません. 個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください.

定義

Laboratory TLS:

下記の臨床検査値以上のうち2個以上が化学療法開始3日前から開始7日後までに認められる

  • 高尿酸血症:基準値上限を超える
  • 高カリウム血症:基準値上限を超える
  • 高リン血症:基準値上限を超える

Clinical TLS:

LTLSに加えて下記のいずれかの臨床症状を伴う

  • 腎機能:血清Cre ≧ 1.5×基準値上限
  • 不整脈、 突然死
  • 痙攣

固形腫瘍におけるTLS評価

固形腫瘍におけるTLSリスク分類

固形腫瘍におけるTLS発症のリスク因子

  • 高腫瘍量
  • 肝転移
  • LDH高値あるいは尿酸値上昇
  • 化学療法高感受性
  • 治療前からの腎機能障害
  • 腎毒性のある薬剤での治療
  • 腎毒性のある薬剤での治療

多発性骨髄腫におけるTLS評価

多発性骨髄腫におけるTLSリスク評価

白血病におけるTLS評価

慢性白血病におけるTLSリスク分類

急性白血病におけるTLSリスク分類

急性白血病における腎機能によるTLSリスク補正

悪性リンパ腫におけるTLS評価

悪性リンパ腫(成人)のTLSリスク分類

小児科領域におけるTLS評価

  • 固形腫瘍:低リスク
  • 神経芽腫、 胚細胞腫瘍、 髄芽種:中間リスク
  • 白血病:成人白血病参照
  • リンパ腫 (一部除く) :成人リンパ腫参照

腎機能、 腎浸潤によるリスクの調整

TLS予防および治療

低リスク

  • TLSおよびその合併症発症について治療開始後、 最終の化学療法薬投与24時間後まで1日1回モニタリング:尿酸、 リン、 カリウム、 クレアチニン、 カルシウム、 LDH、 水分in/out量.
  • 通常量の補液.
  • 高尿酸血症に対する予防投与は不要.

中リスク

  • TLSおよびその合併症発症について治療開始後、 最終の化学療法薬投与24時間後まで8-12時間ごとにモニタリング.
  • 大量補液 (2,000-3,000mL/㎡/日、 (体重≦10kg:200mL/kg/日).
  • フェブキソスタットの投与 (60mg/日) あるいはアロプリノールの投与 (300mg/日).
  • ラスブリカーゼ投与.
  • アルカリ化は不要.

高リスク

  • ICUもしくはそれに準じた環境での治療が望ましい.
  • TLSおよびその合併症発症について治療開始後、 最終の化学療法薬投与24時間後まで頻回に (4~6時間ごと) モニタリング.
  • 大量補液 (2,000-3,000mL/㎡/日、 (体重≦10kg:200mL/kg/日).
  • ラスブリカーゼ投与 (0.1-0.2mg/kg/日、 最大7日間).
  • アルカリ化は不要.
  • 高カリウム血症かつ/または高リン血症に対する管理を核施設基準またはTLSの治療法に基づいて施行.
  • 腫瘍量軽減のための治療の考慮.
  • Hyperleukocytosisを認める場合には、 Leukocytapheresis/Exchange transfusionを考慮.

参考文献

  1. 腫瘍崩壊症候群 (TLS) 診療ガイダンス 第2版 日本臨床腫瘍学会編


最終更新:2021年8月13日
執筆担当:北里大学病院薬剤部 宮島律子
監修医師:伊勢原協同病院血液内科 扇屋大輔
こちらの記事の監修医師
伊勢原協同病院 血液内科 扇屋大輔先生
伊勢原協同病院
血液内科 扇屋大輔先生

2006年、山梨大学医学部医学科卒業。初期臨床研修修了後、東海大学医学部付属病院血液腫瘍内科へ入局。 その後、 ダナ•ファーバーがん研究所多発性骨髄腫研究センターへの留学を経て、現職は伊勢原協同病院 血液内科 医長。 日本血液学会血液専門医・指導医。

伊勢原協同病院 血液内科 扇屋大輔先生
伊勢原協同病院
血液内科 扇屋大輔先生

2006年、山梨大学医学部医学科卒業。初期臨床研修修了後、東海大学医学部付属病院血液腫瘍内科へ入局。 その後、 ダナ•ファーバーがん研究所多発性骨髄腫研究センターへの留学を経て、現職は伊勢原協同病院 血液内科 医長。 日本血液学会血液専門医・指導医。

伊勢原協同病院
こちらの記事の監修医師
伊勢原協同病院 血液内科 扇屋大輔先生
伊勢原協同病院
血液内科 扇屋大輔先生

東海大学医学部附属病院血液腫瘍内科 助教

伊勢原協同病院 血液内科 医長

日本血液学会血液専門医・指導医

伊勢原協同病院 血液内科 扇屋大輔先生
伊勢原協同病院
血液内科 扇屋大輔先生

2006年、山梨大学医学部医学科卒業。初期臨床研修修了後、東海大学医学部付属病院血液腫瘍内科へ入局。 その後、 ダナ•ファーバーがん研究所多発性骨髄腫研究センターへの留学を経て、現職は伊勢原協同病院 血液内科 医長。 日本血液学会血液専門医・指導医。

ERマニュアルとは

当直や救急外来ですぐに役立つコンテンツを無料掲載!

監修は、SNSを用いた医学情報共有や医学教育を専門とする、聖路加国際病院救急部の清水真人先生。デジタルデバイスで読みやすいHOKUTOオリジナルの図表をご用意いたしました!

1. 症候
2. 疾患
4. 手技
アプリをいますぐ
無料ダウンロード!
アプリ、web版でノートを開いたときのイメージ

HOKUTOをご利用いただくには

アプリからの新規登録が必要です。

アプリでの新規登録完了後、アプリ版の全機能と、

Web版のノート機能をご利用いただけるようになります。

※Web版のノート以外の機能は現在開発中です。

今すぐ無料ダウンロード!